教室業績集 平成30年(2018年) | 新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成30年(2018年) - 教室業績集

平成30年(2018年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Sano S, Nakamura A, Matsubara K, Nagasaki K, Fukami M, Kagami M, Ogata T.( Epi)genotype-Phenotype Analysis in 69 Japanese Patients With Pseudohypoparathyroidism Type I. J Endocr Soc. 2017 Nov 21;2(1):9-23. doi: 10.1210/js.2017-00293. eCollection 2018 Jan 1.
  2. Ishii T, Adachi M, Takasawa K, Okada S, Kamasaki H, Kubota T, Kobayashi H, Sawada H, Nagasaki K, Numakura C, Harada S, Minamitani K, Sugihara S, Tajima T.Incidence and Characteristics of Adrenal Crisis in Children Younger than 7 Years with 21-Hydroxylase Deficiency: A Nationwide Survey in Japan.Horm Res Paediatr. 2018 Feb 16.
  3. Horikoshi Y, Okazaki K, Miyokawa S, Kinoshita K, Higuchi H, Suwa J, Aizawa Y, Fukuoka K. Sibling visitations and viral infections in the neonatal intensive care unit. Pediatr Int 60: 153-156, 2018
  4. Aizawa Y, Suwa J, Higuchi H, Fukuoka K, Furuichi M, Kaneko T, Morikawa Y, Okazaki K, Shimizu N, Horikoshi Y. Antimicrobial Stewardship Program in a Pediatric Intensive Care Unit. J Pediatric Infect Dis Soc. 2018 Apr 23. doi: 10.1093/jpids/piy031.
  5. Kubota T, Nakayama H, Kitaoka T, Nakamura Y, Fukumoto S, Fujiwara I, Hasegawa Y, Ihara K, Kitanaka S, Koyama S, Kusuda S, Mizuno H, Nagasaki K, Oba K, Sakamoto Y, Takubo N, Shimizu T, Tanahashi Y, Hasegawa K, Tsukahara H, Yorifuji T, Michigami T, Ozono K. Incidence rate and characteristics of symptomatic vitamin D deficiency in children: a nationwide survey in Japan. Endocr J. 2018 Mar 10. doi: 10.1507/endocrj.EJ18-0008. [Epub ahead of print]
  6. Takasawa K, Tsuji-Hosokawa A, Takishima S, Wada Y, Nagasaki K, Dateki S, Numakura C, Hijikata A, Shirai T, Kashimada K, Morio T. Clinical characteristics of adolescent cases with type A insulin resistance syndrome caused by heterozygous mutations in the β-subunit of INSR. J Diabetes. 2018 Jun 6. doi: 10.1111/1753-0407.12797. [Epub ahead of print]
  7. Sano M, Takahashi N, Nagasaki K, Oishi M, Yoshimura J, Fujii Y. Polysomnography as an indicator for cervicomedullary decompression to treat foramen magnum stenosis in achondroplasia. Childs Nerv Syst. 2018 Jun 29. doi: 10.1007/s00381-018-3880-0. [Epub ahead of print]
  8. Sonoda K, Ohno S, Ozawa J, Hayano M, Hattori T, Kobori A, Yahata M, Aburadani I, Watanabe S, Matsumoto Y, Makiyama T, Horie M. Copy number variations of SCN5A in Brugada syndrome. Heart Rhythm. 2018 Mar 21. pii: S1547-5271(18)30254-6. doi: 10.1016/j.hrthm.2018.03.033. [Epub ahead of print]
  9. Ozawa J, Ohno S, Fujii Y, Makiyama T, Suzuki H, Saitoh A, Horie M. Differential Diagnosis Between Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia and Long QT Syndrome Type 1 - Modified Schwartz Score. Circ J. 2018 Jun 21. doi: 10.1253/circj.CJ-17-1032. [Epub ahead of print]
  10. Baruteau AE, Kyndt F, Behr ER, Vink AS, Lachaud M, Joong A, Schott JJ, Horie M, Denjoy I, Crotti L, Shimizu W, Bos JM, Stephenson EA, Wong L, Abrams DJ, Davis AM, Winbo A, Dubin AM, Sanatani S, Liberman L, Kaski JP, Rudic B, Kwok SY, Rieubland C, Tfelt-Hansen J, Van Hare GF, Guyomarc'h-Delasalle B, Blom NA, Wijeyeratne YD, Gourraud JB, Le Marec H, Ozawa J, Fressart V, Lupoglazoff JM, Dagradi F, Spazzolini C, Aiba T, Tester DJ, Zahavich LA, Beauséjour-Ladouceur V, Jadhav M, Skinner JR, Franciosi S, Krahn AD, Abdelsayed M, Ruben PC, Yung TC, Ackerman MJ, Wilde AA, Schwartz PJ, Probst V. SCN5A mutations in 442 neonates and children: genotype-phenotype correlation and identification of higher-risk subgroups. Eur Heart J. 2018 Jul 27. doi: 10.1093/eurheartj/ehy412. [Epub ahead of print]
  11. T. Ikuse, R. Habuka, Y. Wakamatsu, T. Nakajima, N. Saitoh, H. Yoshida, B. Chang, M. Morita, M. Ohnishi, K. Oishi and A. Saitoh Local outbreak of Streptococcus pneumoniae serotype 12F caused high morbidity and mortality among children and adults Epidemiology & Infection Published online: 02 August 2018

英文総説

英文症例報告

  1. Nagasaki K, Nishimura G, Kikuchi T, Nyuzuki H, Sasaki S, Ogawa Y, Saitoh A. Nonsense mutations in FZD2 cause autosomal- dominant omodysplasia: Robinow syndrome-like phenotypes. Am J Med Genet Part A. 2018;1–4. https://doi.org/10.1002/ajmg.a.38623
  2. Ugai S, Aizawa Y, Kanayama T, Saitoh A. Parvovirus B19: A Cause of Sepsislike Syndrome in an Infant. Pediatrics 141: e20171435, 2018
  3. Ozawa J, Ohno S, Saito H, Saitoh A, Matsuura H, Horie M. A novel CACNA1C mutation identified in a patient with Timothy syndrome without syndactyly exerts both marked loss- and gain-of-function effects. Heart Rhythm Case Rep. 2018;4:273-277

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

(3)一般講演

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 相澤悠太. 症例 14 胃腸炎の診断で思考を止めない. 帰してはいけない小児外来患者2 子どもの症状別診断へのアプローチ. 医学書院, 東京. 2018: 116-120.
  2. 相澤悠太. ヒトパレコウイルス感染症. 小児の治療指針. 小児科診療2018年増刊号 2018: 178-180.
  3. 長崎啓祐. 第8章 9 先天性副甲状腺機能低下症(偽性も含めて)日本内分泌学会編集 内分泌代謝科専門医研修ガイドブック 診断と治療社 p 363-365, 2018

和文原著

  1. 石井翔, 張慶哲, 福岡かほる, 山中崇之, 村井健美, 磯貝美穂子, 相澤悠太, 堀越裕歩. 血尿を呈した小児患者におけるBKウイルス検出の意義. 小児感染免疫 29: 316-321, 2018
  2. 堀越裕歩, 村井健美, 木下和枝, 樋口浩, 上原由紀, 秋山聡香, 吉田知広, 阿部裕樹, 山中崇之, 藤原直樹. 東京都, 新潟県, 沖縄県におけるUSA300株による侵襲性MRSA感染症の乳児例. IASR 39: 124-125, 2018
  3. 米田立, 舟越葉那子, 石井翔, 荒木孝太郎, 村井健美, 福岡かほる, 相澤悠太, 堀越裕歩. 小児の侵襲性肺真菌症における診断方法と検査特性. 小児感染免疫30: 107-113, 2018
  4. 大北恵子, 相澤悠太, 福岡かほる, 堀越裕歩. 小児侵襲性A群溶血性レンサ球菌感染症のemm型分析. 小児感染免疫30: 115-120, 2018
  5. 曽根田京子, 山中崇之, 相澤悠太, 森川和彦, 宮川知士, 太田憲和, 下村哲史, 堀越裕歩. BCG骨髄炎の長期予後. 小児科臨床71: 1389-1393, 2018

和文総説

  1. 長崎啓祐. 内分泌代謝疾患における小児から成人へのトランジション〜小児科からのメッセージ〜 先天性甲状腺機能低下症. 内分泌・糖尿病・代謝内科 46:180-184, 2018

和文症例報告

  1. 鈴木貴大, 山中崇之, 相澤悠太, 堀越裕歩. Exophiala dermatitidisによるカテーテル関連血流感染症の2歳女児例. 小児感染免疫 30: 33-37, 2018
  2. 木下彩希, 相澤悠太, 荒木孝太郎, 新井真衣, 堀越裕歩. 熱帯熱マラリアと卵形マラリアの混合感染をきたしたギニア人女児例. 小児感染免疫30: 139-144, 2018
  3. 新井緑, 張慶哲, 小川優一, 荒木孝太郎, 相澤悠太, 幡谷浩史, 堀越裕歩. 遷延性発熱の原因が先天性皮膚洞感染症であった3例. 小児感染免疫30: 145-151, 2018

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 長崎啓祐. 成長曲線を用いた学校保健の現状〜新潟市の取り組みについて〜(特別講演)第19回東北小児成長フォーラム. 仙台. 2018.1.26
  2. 長崎啓祐. 「新しく始まった成長曲線を用いた学校保健の現状」〜新潟市の取り組みについて〜(教育講演) 第172回 日本小児科学会埼玉地方会.さいたま市. 2018.5.13
  3. 細貝亮介. 血友病診療の最近の話題(特別講演). 新潟地区小児血友病連携セミナー. 新潟. 2018.6.22

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 長崎啓祐. 副甲状腺機能低下症の治療Update; 偽性副甲状腺機能低下症のマネジメント. 第91回日本内分泌学会学術総会. 宮崎市. 2018.4.27

(3)一般講演

  1. 長崎啓祐. FZD2変異を同定したOmodysplasia2型の1例. 第40回日本小児遺伝学会学術集会(口演). 東京, 2018.1.13
  2. 泉田侑恵. 母体の Basedow 病に起因した、一過性中枢性甲状腺機能低下例と考えられる女児例 . 第9回信越・北関東小児内分泌セミナー, 長野市, 2018.2.10
  3. 松下仁美. 体重増加不良を契機に診断した軽症低ホスファターゼ症の1例. 第9回信越・北関東小児内分泌セミナー, 長野市, 2018.2.10
  4. 佐々木直. 甲状腺形成異常は、Oculo-auriculo-vertebral spectrumを高率に合併する. 第91回日本内分泌学会学術総会. 宮崎市. 2018.4.27(若手臨床内分泌医育成委員会企画:Clinical Endocrinology KO rounds 高得点演題)
  5. 柴田奈央. 新生児マススクリーニングTSH高値で発見されるDown症候群の頻度と臨床的特徴. 第121回日本小児科学会学術集会. 福岡市. 2018.4.17
  6. 田屋光将. ビタミンD欠乏を合併した副甲状腺機能低下症の13歳男児. 第228回日本小児科学会新潟地方会, 新潟市, 2018.5.12
  7. 今村勝. 低身長を伴うRefranctory cytopenia of childhoodでターゲットシークエンスによりShwachman-Diamond syndromeと判明した1例. 第25回小児再生不良性貧血治療研究会, 名古屋市, 2018.5.26
  8. 廣嶋省太. 重症の甲状腺機能低下症を契機に発見された無痛性甲状腺炎の2例. 第53回新潟小児内分泌談話会. 新潟市. 2018.06.15
  9. 谷知行. 母体の男性化副腎腫瘍による46, XX 性分化異常症. 第107回新潟内分泌代謝同好会. 新潟市. 2018.06.16
  10. 長谷川博也. 生後3か月に心不全で発症し補体H因子の遺伝子変異を認めた非典型溶結性尿毒症症候群の1例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会. 福島市. 2018.06.30
  11. 細貝亮介. 血友病患者における半減期延長製剤による定期補充中の破綻出血の対応. 第40回日本血栓止血学会学術集会. 札幌. 2018.6.30
  12. 山崎肇.当院でGH治療を施行したSGA性低身長に関する考察. 第54回日本周産期・新生児医学会, 東京都, 2018.7.9
  13. 金子昌弘. 尿細管間質性腎炎発症2年後にぶどう膜炎を認めたTINU症候群の女児例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会. 福島市. 2018.06.30
  14. 山崎肇. 当院でGH治療を施行したSGA性低身長についての検討. 第30回新潟周産母子研究会, 新潟市, 2018.7.28
  15. 桑原春洋. 在胎35週未満の早産児における臍帯血IgM高値の病的意義に関する検討. 第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会, 東京, 2018.7.10

公開講座,その他の講演

     
  1. 今村勝. “生きる”を支えるがんの歯科医療 第36回口腔腫瘍学会総会・学術大会市民公開講座. 新潟市. 2018.1.27
  2. 山田慧. お悩み解消、知っておきたい正しい知識!睡眠・食事・運動について. 親子健康づくりコース,新潟市, 2018.2.3
  3. 廣嶋省太. SIADHを呈した鞍上部胚細胞腫瘍に対して、Tolvaptanを用いてNa濃度を制御しえた4歳女児例. TTT meeting 2018, 東京, 2018.2.17
  4. 柴田奈央. 頭蓋内hCG産生腫瘍による末梢性思春期早発を呈した女児例.TTT meeting 2018, 東京, 2018.2.17
  5. 長崎啓祐. 日本人ターナー症候群における腎泌尿器合併症とeGFRを用いた腎機能評価の横断的検討.TTT meeting 2018, 東京, 2018.2.17
  6. 長崎啓祐. SGA性低身長に対するGH治療の諸問題. ファイザー社内勉強会 新潟市. 2018.2.26
  7. 長崎啓祐. 成長曲線を用いた学校保健の活用. 新潟市医師会学校保健会研修会.新潟市 2018.04.11
  8. 長崎啓祐. 萎縮性甲状腺炎. 第1回 見て学ぶPEDフォーラム. 宮崎市. 2018.4.27
  9. 長崎啓祐. 性器出血3歳女児.第22回都立小児勉強会. 東京, 2018.6.23
  10. 長崎啓祐.乳児期の飢餓による下垂体低形成.第22回都立小児勉強会. 東京, 2018.6.23
  11. 佐々木直. 過成長、過体重の乳児例. 第22回都立小児勉強会. 東京, 2018.6.23
  12. 長崎啓祐. 2nd Heart to Heart Forum 思春期のこころとからだの不思議に迫る 「ここだけは押さえておきたい成長曲線を用いた健康診断」〜思春期の異常を見逃さない〜 大阪 2018.7.1

その他

  1. 長崎啓祐. つなぐ命(産婦人科・小児科医師からのメッセージ)成長曲線を用いた学校保健〜さまざまな疾患の早期発見のきっかけに〜 新潟日報 208.5.4掲載
  2. 相澤悠太. Journal club 4. J-IDEO. 2018;2:453