新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

血液・腫瘍グループ - 診療・研究班

血液・腫瘍グループ(今井、今村、岩渕、高地、久保)

[診療について]
 新潟大学小児科血液腫瘍グループでは、新潟県と近県関連地域における小児血液疾患および小児がんの診療を、新潟県立がんセンター小児科との綿密な協力のもとで担っています。血液・免疫疾患、造血器腫瘍の診療に加え、小児外科、整形外科、脳外科、耳鼻科などとの協力体制のもと、小児固形腫瘍の集学的治療にも積極的に取り組んでいます。造血幹細胞移植の分野では、骨髄バンクおよび臍帯血バンクの認定移植施設となっています。 また、新潟大学および新潟がんセンターの両者ともに日本血液学会、日本小児血液・がん学会の認定施設となっており、どちらの施設でも2つの専門医を取得することができます。
 日本小児がん研究グループ(JCCG)による多施設共同臨床試験に積極的に参加しています。疾患委員会委員も多数送り出しており、本邦における標準治療の確立、難治疾患に対する新たな治療開発に貢献しています。


[専門研修について]
 大学小児科専門診療班の果たすべき役割として、将来を担うべき人材の育成が挙げられます。血液・悪性腫瘍の診療では、研究の進歩がダイレクトに、そしてスピーディに反映されますので、分子生物学の十分な理解が必要であり、また研究論文のcritical readingの能力が必要です。血液学・腫瘍学における臨床能力を高めるためにも、一定の期間の研究経験を持つことを勧めています。


[私たちが取り組んでいる研究テーマについて]
 私達は、白血病や悪性固形腫瘍に対する新しい免疫療法の開発を目指して、特にリンパ球(T細胞やNK細胞)の治療的遺伝子改変について研究しています。具体的には、①難治性白血病および小児固形腫瘍を特異的に認識する、新しいキメラ型抗原受容体Chimeric Antigen Receptor(CAR)遺伝子の開発、②NK細胞の遺伝子改変と体外増幅培養法、などに取り組んでいます。