新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

腎グループ - 診療・研究班

腎グループ(金子詩、山田、長谷川)

新潟大学小児科の腎グループでは、新潟県内外からの多くの小児腎疾患の患者さんの診療を行っています。県内からは、特発性ネフローゼ症候群や学校検尿で発見される慢性糸球体腎炎などの患児の他、先天性ネフローゼ症候群やステロイド抵抗性・依存性ネフローゼ症候群などの難治性ネフローゼ、あるいは溶血性尿毒症症候群、急性腎不全、先天性高アンモニア血症などの急性血液浄化が必要な患者さんを広く受け入れ診療を行っています。また、慢性腎不全に対して、透析や移植医療も当院泌尿器科との連携のもと積極的に行っており、県外からも多くの移植患者さんを受け入れています。

一方で、新潟県内で腎生検を含めて治療を行っている施設は限られているため、県内の腎疾患患者数やその内訳、治療成績などの把握が他都道府県と比べて容易と考えられます。こうした患者の把握や治療法、腎生検の適応などの統一を図る目的で、開業医の先生方も交えた新潟県の小児腎臓病診療体制の整備を進めています。

腎疾患は治療法を含めて未だに明らかにされていない点が非常に多い分野です。特に小児腎疾患については使用できる治療薬が限られていることもあり、国内の各専門施設、専門医が模索しながら治療を行っているのが現状です。したがって治療法の開発や病態の解明など、研究テーマが多いのもまた事実です。

研究面では、新潟県の地の利を生かした疫学的な調査や治療効果の解析などの臨床面からのアプローチの他、小児の腎疾患診療で用いられる様々な薬剤の作用機序の解明など腎炎モデルや培養細胞を使った基礎的なアプローチで検討を進めています。

一つのテーマとして、多くの腎炎は免疫学的な異常が関与していることから、攻撃因子(あるいは防御因子かもしれない)としての炎症細胞(リンパ球やマクロファージ)について腎炎における役割を検討しています。一方、反応する側の因子としての腎の固有細胞については、糸球体がなぜ壊れるのか、どこが壊れるのか、なぜ蛋白尿がでるのか、それを防ぐ方法は? など様々なテーマが考えられます。

この他、小児科的には、新生児あるいは胎児期の問題(早期産、低出生体重、ポンタールなど新生児期に使用される薬剤)が、将来の腎疾患の発症・予後などに関っていることは明らかにされており、その進展機序を動物モデルなどで解明することも一つのテーマとして研究を進めています。

さらに、小児ネフローゼの治療で問題となるシクロスポリン腎症の進展機序、慢性腎不全や移植後の晩期障害における組織障害の進展機序、あるいは肥満関連腎症、腎組織障害の尿中バイオマーカーの確立など、「臨床と基礎研究の橋渡し」をテーマに研究を行っています。