新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室の概要 - 教室へようこそ

新潟大学医学部小児科の概要

新潟大学病院小児科は、「未来を担う子ども達のためにできることをしよう」「高度な専門性を持つと同時に、全人的医療ができる小児科医を目指そう」をモットーに1992年以来、130人以上の小児科医を輩出してきました。この数は、地方の大学病院では全国トップクラスで、当院の内科にも引けをとりません。また、大学病院でありながら、小児科のあらゆる分野を対象に診療を行っており、現在、感染症/腎臓・免疫/血液腫瘍/循環器/内分泌・生活習慣病/新生児の6診療班で、質の高い小児の専門医療を行っています。病棟は、小児外科とともに小児病棟(西6階)にあります。病床数は31床で、ほぼ100%の病床稼動率を維持しています。

新潟県内の小児科医療の充足度について

東京など大都市圏では病院の小児科が閉鎖されるような状況が報道されております。しかし新潟県では状況はまったく異なります。小児科勤務医は必要とされ、数の上では絶対的に不足しています。現在でも関連病院からの小児科医派遣の要請に十分に答えることができておりません。さらに、今後小児科医を増員したいという希望や、小児科を新設したいという希望が、県内外の病院から寄せられています。

初期研修について

感染症/腎臓・免疫/血液・腫瘍/循環器/内分泌・生活習慣病/新生児の各専門グループがあり、小児のあらゆる分野の診療に当たっています。専門性を保つとともに、全人的医療ができる小児科をモットーとしており、研修医の先生にはこの診療チームの一員として診療を行ってもらいます。毎朝行われるカンファレンスでは前日の入退院患児の検討があり、毎週木曜日には症例検討会、教授回診があります。ここで、担当外の症例についても積極的に検討に参加してもらいます。この病棟研修のなかで、小児やご家族とのコミュニケーションのとり方、診察法、検査結果の評価の仕方を研修します。

外来診療研修では、採血、点滴、注射といった処置や新患の予診等を行います。

また、一般救急医療研修の充実を図り、小児急性疾患・救急疾患を経験できるようにしています。新潟市医師会の協力を得て、新潟市急患センターで小児一次救急の研修を、そして当科が二次救急当番日には指導医とともに当直をします。さらに、助教以上の指導医全員が小講義を実施し、研修最終週には学会形式で症例報告会も行うなど、学術的な指導も行っています。

各コースにおいて、4~6週の小児科研修を選択できます。興味があれば、自由選択期間を使ってさらに3~6ヶ月の研修も可能ですし、小児科重点コースとして、小児科から研修をはじめるプログラムもおすすめです。

後期研修とその後

当小児科に在籍(入局)後のおよそ3年間は、大学病院あるいは関連病院で新生児医療も含めた小児科全般について研修します。当医局には新潟県の内外に多数の関連病院がありますが、その中でも複数の小児科指導医がいて、しっかりとした研修が受けられ、多種多様な小児疾患が経験できる、地区基幹病院での研修を原則とします。また、初期研修修了と同時に日本小児科学会へ入会します。この3年間に必要な症例を経験することにより、小児科専門医の取得が可能となります。

一般小児科の研修の後に、各人が希望する専門分野について研修します。学位取得を希望する場合は大学院に進学します。大学で特定の診療班で診療・研究を行う、学内外の基礎の教室で基礎研究を行う、国内留学する(国立循環器病センター、国立精神神経センターなど)など、各人の希望を最大限に尊重して進路を決定します。新潟大学には社会人大学院の制度もあり、病院に勤務しながら研究して学位を取得することも可能です。海外も含めて学外施設での研修や研究も積極的に勧めています。この12年間で約60名が、本人の希望する国内外の施設に留学を果たしています。

大学院修了、あるいは留学を終えた後は、帰局して各診療グループに所属し、大学で診療、研究を行います。あるいは、各人の希望によっては、関連病院に勤務します。

尚、初期研修を新潟大学のプログラムで行った方も他のプログラムで行った方も、後期研修に当たっては、全く分け隔てはしませんし、途中入局も大歓迎です。また、当医局では、新潟大学出身者と他大学出身者における分け隔ては一切ありません。

病院見学のご案内

春休み・夏休みなどを利用して、新潟大学小児科を見学することができます。

詳細はこちらをご覧ください。

見学を希望される方、または入局等に関するお問い合わせのある方は、総括医長までご遠慮なくご連絡ください。

TEL
025-227-2218(総括医長室直通)
FAX
025-227-0778
E-mail