夏期医学生交流プログラム

HOME > 夏期医学生交流 > 医学研究実習短期臨床実習留学大学院プログラム

 

概要

  • 期間:約10日間(双方向)
  • 単位:1単位
  • 内容:夏期休暇を利用し、学部生の派遣・受入を行います。国際医学への動機付けや両国の親睦を目的とし、講義や演習を中心に履修します。医学科で約25年に渡り続く医学生交流プログラムです。

受入

本学協定校の学部生が対象です。ロシア・中国などの協定校から、学生を受入れます。
学生の希望する教室での演習や実習を基本とし、病院内や手術室を含めた大学病院の施設見学も提供します。また、日本の医学・医療とその現状を紹介する講義を受講し、最先端の知識に触れてもらいます。

派遣

本学医学部生を対象にし、ロシア・中国の協定校に派遣します。
学生の希望分野に合わせて、派遣大学や派遣先での所属教室を決定し、患者を診る臨床実習や研究に携わる基礎医学実習を実施します。
日本とは異なる環境で医学を学び、グローバル医療人として世界的に活躍するための、基礎を育てます。

平成29年度夏期医学生交流プログラム(医学科2・3・4年)
派遣学生募集
ロシア・中国

夏期医学生交流プログラム
G-MedEx

BACK TO TOP