新潟大学大学院医歯学総合研究科 呼吸器・感染症内科学分野 - 生体機能調節医学専攻 内部環境医学講座/地域疾病制御医学専攻 国際感染医学講座

診療科目一般内科、呼吸器疾患、感染症、腫瘍、アレルギー、心身症
HOME  > 研修について > 後期臨床研修プログラムについて

後期臨床研修プログラムについて

呼吸器・感染症内科 後期専門研修の特色

一人前の呼吸器内科医になるためには、「胸部レントゲン、CTの正確な読影」「患者さまに苦痛を与えない気管支鏡検査」「非侵襲陽圧呼吸を含めた人工呼吸器の使用と全身管理」「症例に応じた適切な抗菌薬の選択」「心理的ケアを含めた肺癌診療」のすべてを習得することが必要です。

臨床の現場では誤嚥性肺炎などは院内のどの病棟でも発症しますし、ICU には一年を通じてほぼいつでも呼吸不全の患者さまがいます。ですから当施設では、これら全ての研修を、呼吸器・感染症内科病棟のみならず院内すべての病棟で、大勢の指導医が『徹底的に』指導します。また当科は、腎・膠原病内科と病棟を共有しているため、それら各種疾患に関連しておこる呼吸器疾患の診断・治療の経験も研鑽することが可能です。さらにいわゆるgeneral medicineの修得も行うことができます。

後期専門研修プログラムの概略

特色でも書いてあるように、一人前の呼吸器内科医になるには専門的な研修が必要です。本コースは原則として、一般内科後期研修、呼吸器内科前期(呼吸器全般研修)・中期(subspecialty 研修)・後期(専門応用研修・後輩指導)研修、および大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学分野または臨床感染制御学分野での基礎ないしは臨床研究に分けられます。

後期専門研修プログラム

※1)専門学会の入会…呼吸器学会のほか、感染症学会、アレルギー学会、肺癌学会など、呼吸器感染症内科関連の専門学会が有ります。
※2)専門分野の内定研修…原則として、期間中少なくとも1年間は大学病院で研修を行います。(研究も可能)
※3)学位取得後、海外留学も可能です。

Aコース

後期研修の初年度に一般内科後期研修を1年間行った後、社会人大学院特別選抜で大学院に入学します。後期研修2~3年目は基礎研究(学内外の基礎研究室へ出向)ないしは臨床研究(呼吸器感染症内科)を行い、学位取得を目指すコースとなります。後期研修開始後4年目から大学病院で臨床研修を行い、さらに関連病院で呼吸器感染症内科医として研鑽を積み、学会専門医の取得を目指します。また学位取得後、海外留学も可能であります。

Bコース

後期研修開始後の2~3年間を大学病院および関連病院で一般内科および呼吸器内科研修を行うコースです。その後大学病院にて呼吸器感染症内科の研修(subspecialty 研修)を2年程度行うプログラムとなっています。内科専門医取得を取得後、関連病院において内科・呼吸器感染症内科医として研修をさらに積んでいただきます。

Cコース

後期研修の初年度に一般内科後期研修を1年間行った後、呼吸器感染症内科医員として呼吸器内科研修を開始します。大学院には在籍せず、医員として主に大学病院(また基幹病院)でsubspecialty 研修も含めた研修を行い、学会専門医取得を目指します。大学では臨床研究も並行して行い、学位取得(論文博士)も可能であります。

各コースは例として提示しました。もちろん個人の希望によりプログラムを変更できますので、ご相談いただければと思います。
どのコースの終了後(概ね卒後10年以降)も、各自の将来構想により、大学病院に戻り後輩の指導と研究を行い大学病院スタッフを目指すものと、関連病院で呼吸器感染症内科指導医として研修医・後輩の指導をするものとに分かれます。

呼吸器感染症内科での呼吸器専門医養成について

呼吸器疾患に罹患する患者は増加の一途であり、WHOが公表した死亡原因となる疾患の将来予測においても上位の多くが呼吸器疾患によって占められています。これらの疾患に対処すべき呼吸器専門医が不足しており、今後、加速度的に増加する呼吸器疾患患者に対して、呼吸器専門医の養成が急務とされています。新潟大学呼吸器感染症内科では呼吸器科専門医の養成を長年に渡って行って来ました。当科での呼吸器専門医養成プログラムを以下に示します。

共通

卒後1~2年目
スーパーローテート
卒後3年目
内科全般の研修
卒後4年目
大学院入学または、直接呼吸器専門医を目指すコースのどちらかを選択する。

大学院入学の場合

卒後1~2年目
基礎・臨床研究を中心に行う
3~4年目
以下の呼吸器専門医研修プログラムを開始するが、この2年間に学位論文をまとめ、大学院を卒業する。少し大変かな?と感じる人も多いようだが、実際は早期卒業制度により、3年で卒業している人も少なくありません。

直接呼吸器専門医を目指すコースの場合

以下の研修プログラムを直接開始する。ただし、実際には大部分の人が研修しながら指導医の専門分野で、論文博士としての学位論文をまとめています。

呼吸器内科1年次
入院患者をスタッフと共に受け持ち診断・検査・治療を行う。
呼吸器専門外来をスタッフと共に週1回行う。
気管支鏡検査は一人で各種検査ができる様にする。
呼吸器内科ローテーターの指導を行う。
学会活動は症例報告と共に臨床研究も平行して行う。
呼吸器内科2年次
入院患者をスタッフと共に受け持ち診断・検査・治療を行う。
気管支鏡検査を研修し、検査方法、項目の選択ができる。挿入に関してはできる。
人工呼吸管理を学ぶ(NIPPV、CPAPも含む)。
専門外来を指導医と週1回行う。
学会活動は症例報告を中心に行う。
呼吸器内科3年次
入院患者をスタッフと共に受け持ち診断・検査・治療を行う。
外来は呼吸器専門外来を週1回行う。
呼吸器内科1年次医師の指導を行う。
大学外での呼吸器科医としての診療を指導医のもとで経験する。
総会で臨床研究報告を行い、論文を執筆する。
研修期間に主要呼吸器疾患を担当し、終了時には検査、診断、治療方針決定の全てのプロセスが自らできるようになる。学会での症例報告を最低3回は経験し、論文として報告する。

認定医・専門医取得について

内科学会認定医・専門医

呼吸器感染症内科では卒後4年以内にほぼ全員が内科学会認定医を取得しています。スーパーローテートを含めた初期研修3年間で、内科認定医取得に必要な症例が経験できる様になっています。さらに内科学会認定教育病院での研修を含めた3年間の研修を終了すると専門医試験受験資格が得られます。当科では内科専門医受験者が年々増加しています。

呼吸器感染症内科関連内科専門医

77名の当科出身内科専門医が県下の病院で活躍しています。

呼吸器学会専門医

認定専門医制度への内科学会認定医を中心とする二階建て制度の導入により、まず内科学会認定医の取得が必要です。日本内科学会認定内科医を資格取得した年度の4月より数え3年間以上、日本呼吸器学会認定施設において、所定の研修カリキュラムに従い呼吸器病学の臨床研修を行い、これを終了する必要がありま す。当科では、呼吸器学会専門医取得が最短期間でできる様、カリキュラムを作成しています。

呼吸器感染症内科関連呼吸器学会専門医およびそのほかの専門学会

96名の当科出身呼吸器学会専門医が県下で活躍しています。
そのほか当科出身の先生の専門学会専門医取得状況です。

アレルギー学会専門医    19名
感染症学会専門医      17名
気管支鏡専門医       14名
がん治療認定医       23名
睡眠医療認定医       5名

研修について

研修医・大学院生募集!