新潟大学大学院医歯学総合研究科 呼吸器・感染症内科学分野 - 生体機能調節医学専攻 内部環境医学講座/地域疾病制御医学専攻 国際感染医学講座

診療科目一般内科、呼吸器疾患、感染症、腫瘍、アレルギー、心身症
HOME  > 研修について > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

平成24年度卒 吉澤先生

はじめまして、平成24年度卒の吉澤と申します。
聖マリアンナ医科大学を卒業し、初期研修を新潟市民病院で行い、初期研修終了後に当科に入局しました。
私は研修医時代、内科医になることは決めていましたが、内科の中で専門科を決定するのにとても悩んでいました。呼吸器内科の扱う疾患は喘息などのアレルギー疾患もあり、肺炎などの感染症、肺癌などの腫瘍、睡眠時無呼吸症候群など幅広く、様々な疾患をみることができることが魅力に感じこの科を選びました。

当科では、色々な意味でバランスが良い研修ができていると感じています。臨床・研究共に偏りがなく行っており、また呼吸器疾患だけでなく、内科全般のgeneralな知識を幅広く得ることができます。大学病院・関連病院での研修がありますが、大学病院では県内より様々な症例が紹介されてくるため、市中病院では診ることの出来ない珍しい疾患を経験できます。超音波ガイド下経気管支針生検(EBUS-TBNA)やガイドシース併用気管支内腔超音波診断(EBUS-GS)、局所麻酔下胸腔鏡検査などの手技も、後期研修医が主体となり多数経験することができます。関連病院での研修では、喘息、COPD、市中肺炎など呼吸器内科のcommon diseaseを経験できますし、外来業務も担当します。私は関連病院で内科の初診外来も毎週行っておりましたので、内科医としても、とても良い経験となりました。先日内科認定医の試験を受けてきましたが、認定医のレポート症例も関連病院ですべて集めることができました。

医局の雰囲気もよく、指導医の先生方も教育熱心なので充実した毎日を送っています。ぜひ一度当科にお越し下さい。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしております。

(吉澤)

平成12年度卒 近藤先生

現在、一男一女を育てながら大学で臨床をしています。卒後15年目になりますが、その間、妊娠、出産、育児と回り道をしながらも学位と専門医を取得してきました。

呼吸器内科は非常にたくさんの疾患を取り扱いますので、ニーズは計り知れず、特に女性においては外来、病棟、チーム医療など、ライフステージに合わせて活躍の場を変動させながら働き続けることができるのではないかと考えています。また、呼吸器内科は積み重ねと人生経験がモノを言う科でもあります。患者さまに寄り添う医療を実践する上で、子育ての経験は必ず役に立つはずだと思っています。当科にはそれぞれ多彩な働き方で仕事を続けている女性の先生が多数いらっしゃいます。仕事も家庭も子育てもがんばってみたいとお考えの先生方、我々の仲間となって一緒に働いてみませんか?皆様が入局してくださることを心から願っています。

(近藤)

研修について

研修医・大学院生募集!