HOME > 教室の紹介 > 平成21年度 業績集

平成21年度 業績集

原著発表

1.畠山 勝義

特集によせて 特集「直腸癌治療-最近の進歩と動向」

臨外 64(3):294, 2009.

2.畠山 勝義

学会だより「第95回日本消化器病学会総会」

臨消内科 24(8):1180, 2009.

3. 畠山 勝義

新年特集「消化器病領域における新年の展望-第96回日本消化器病学会総会に向けて-」

ドクターサロン 54(1):7‐11, 2009.

4.宗岡 克樹,白井 良夫,佐々木正貴,神田 循吉,若井 俊文,朝倉 俊成,若林 広行,畠山 勝義

血清5‐FU濃度を指標としてレジメンを変更した直腸癌術後肝転移の1例

癌と化療 36:131‐134, 2009.

5.Muneoka K, Shirai Y, Sasaki M, Wakai T, Sakata J, Hatakeyama K

Interstitial pneumonia arising in a patient treated with oxaliplatin, 5‐fluorouracil, and leucovorin(FOLFOX)

International Journal of Clinical Oncology 14:457‐459, 2009.

6.Derikx J, Blijlevens N, Fujii H, Kanda T, Donnelly P, von Bijnen A, Heineman E

Loss of enterocyte mass is accompanied by diminished turnover of enterocytes after myeloablative therapy in haematopoietic stem cell transplant recipients

Ann Oncol 2009;20, 337‐342.

7.Kanda T, Yajima K, Suzuki T, Matsuki A, Kosugi S, Hatakeyama K

Lymph node metastasis of Siewert type II adenocarcinoma of the esophagogastric junction:Analysis using therapeutic value estimation formula. In:Popiela T, edit. Proceedings of the 8th international gastric cancer congress

Bolongna: Monduzzi Editore; 2009. p33‐34.

8.Tanabe T, Kanda T, Ishihara N, Kosugi S, Matsuki A, Watanabe G, Sasamoto R, Hatakeyama K

Esophageal squamous cell carcinoma patient with high serum granulocyte‐colony stimulating factor level:report of a case

Esophagus 2009, 6, 253‐258.

10.神田 達夫,畠山 勝義

転移・再発性GISTに対するイマチニブ治療

外科治療 101(1):67‐69, 2009.

11.神田 達夫,松木  淳,小杉 伸一,畠山 勝義

イマチニブ耐性に対する局所療法

臨外 64(2):193‐198, 2009.

12.神田 達夫,坂本  薫,藤森 芳郎,畠山 勝義

GIST(消化管間質腫瘍)におけるイマチニブとスニチニブ

カレントテラピー 27(11):1037‐1041, 2009.

13.藤井  博,神田 達夫

脂肪酸結合タンパク質(FABP)研究の進歩

医学と薬学 62(6):979‐992, 2009.

14.飯合 恒夫,谷  達夫,丸山  聡,畠山 勝義

大腸癌の予後因子

臨外 64:49‐53, 2009.

15.飯合 恒夫,亀山 仁史,野上  仁,川原聖佳子,谷  達夫,畠山 勝義

J型回腸嚢かW型回腸嚢か

臨外 64:623‐628, 2009.

16.飯合 恒夫,畠山 勝義

短腸症候群 ケースで学ぶ栄養管理の思考プロセス 松末 智,田中 清,本田佳子 編

pp60‐67 文光堂(東京)2009.

17.飯合 恒夫,野上  仁,谷  達夫,畠山 勝義

腫瘍を合併した潰瘍性大腸炎の外科手術

INTESTINE 13:315‐321, 2009.

18.飯合 恒夫,畠山 勝義

炎症性腸疾患に対する外科治療戦略.Annual Review2009消化器 林 紀夫,日比紀文,上西紀夫,下瀬川徹 編

pp303‐308 中外医学社(東京)2009.

19.飯合 恒夫,畠山 勝義

Adalimumab療法がCrohn病の入院と手術に与える影響(翻訳,解説)

Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology 4;39‐42, 2009.

20.飯合 恒夫,野上  仁,木戸 知紀,畠山 勝義

大腸全摘術.消化器外科手術ナビガイド 大腸・小腸 笹子三津留,杉原健一 編

pp12‐18 中山書店(東京)2009.

21.飯合 恒夫,畠山 勝義

大腸憩室症,Meckel憩室症に対する手術.消化器外科手術ナビガイド 大腸・小腸 笹子三津留,杉原 健一 編

pp82‐86 中山書店(東京)2009.

22.飯合 恒夫,野上  仁,谷  達夫,畠山 勝義

大腸全摘後の回腸嚢の縫合・吻合.できる縫合・吻合

臨外64(増刊号):235‐239, 2009.

23.飯合 恒夫,谷  達夫,野上  仁,川原聖佳子,畠山 勝義

大腸内分泌細胞癌

消化管症候群(第2版) 別冊 日本臨床(下):152‐154, 2009.

24.高橋  聡,飯合 恒夫,島田 能史,小林 康雄,須田 和敬,岩谷  昭,丸山  聡,谷  達夫,畠山 勝義

集学的治療により長期生存中のVirchowリンパ節転移と多発肺転移を伴った盲腸癌の1例

癌と化療 36:127‐129, 2009.

25.Kobayashi Y, Yagi M, Iiai T, Tani T, Maruyama S, Hatakeyama K

Comparison of a colonic J‐pouch and transverse coloplasty pouch in patients with rectal cancer after an ultralow anterior resection using fecoflowmetric profiles

Int J Colorectal Dis 24:1321‐1326, 2009.

26.桑原 明史,須田 武保,飯合 恒夫,畠山 勝義

大腸内視鏡検査に関連した偶発症に関するアンケート調査報告 新潟大腸肛門病研究会の幹事施設を中心に

日本大腸肛門病会誌 62巻1号 Page21‐26, 2009.

27.小山  諭,畠山 勝義

一般的な維持輸液,栄養輸液,経腸栄養の実際

総合臨 58巻増刊:1044‐1050, 2009.

28.小山  諭,畠山 勝義

栄養輸液 静脈栄養と経腸栄養の実際

レジデントノート 11巻Suppl.:234‐238, 2009.

29.小山  諭,小杉 伸一,神田 達夫,坂田 英子,吉澤麻由子,萬場 尚子,長谷川美樹,畠山 勝義

重症糖尿病を合併した消化器外科患者の周術期管理

栄評治 26巻1号:50‐54, 2009.

30.小山 諭,畠山 勝義

ビタミン,電解質,微量元素製剤とその用い方

新・症脈栄養・経腸栄養ガイド Med Pract 26巻増刊:103‐114, 2009.

31.小山  諭,坂田 英子,長谷川美樹,五十嵐麻由子,萬羽 尚子,畠山 勝義

経静脈栄養法の手技と管理

消臨(1344‐3070) 12巻5号 Page514‐520, 2009.

32.小山  諭,長谷川美樹,五十嵐麻由子,坂田 英子,萬羽 尚子,畠山 勝義

大腸手術におけるimmunonutrition

臨外 64巻10号 Page1359‐1363, 2009.

33.小山  諭,長谷川美樹,坂田 英子,五十嵐麻由子,萬羽 尚子,畠山 勝義

乳癌患者の栄養ケアの実際

栄評治 26巻3号 Page235‐239, 2009.

34.下田  傑,若井 俊文,金子 和弘,小山  諭,白井 良夫,畠山 勝義

外科的胃瘻造設術にバードガストロストミーチューブを用いた1例

新潟医会誌 123巻5号 Page242‐244, 2009.

35.小山  諭,畠山 勝義

【静脈・経腸栄養(第3版) 基礎・臨床研究のアップデート】在宅栄養療法 成人での在宅栄養療法

日本臨床 68巻増刊号3 静脈・経腸栄養 Page669‐673, 2010.

36.小山  諭,畠山 勝義

【静脈・経腸栄養(第3版) 基礎・臨床研究のアップデート】静脈・経腸栄養ガイドライン

日本臨床 68巻増刊号3 静脈・経腸栄養 Page45‐50, 2010.

37.小山  諭,坂田 英子,長谷川美樹,萬羽 尚子,吉澤麻由子,畠山 勝義

当科における濾胞性腫瘍手術症例の検討

内分泌外科 26巻4号 Page219‐223, 2009.

38.伊藤 正行,佐藤  卓,高野  操,棚橋 洋子,中村  明,小山  諭,岡田 正彦

入院時栄養評価における血漿亜鉛(Zn)値測定の有用性

栄評治 26巻6号 Page460‐462, 2009.

39.高橋 万有,佐藤 則文,小山  諭,畠山 勝義

ラット乳癌モデルに対する抗酸化物質含有栄養剤の効果

外科と代謝・栄養 43巻6号 Page125‐133, 2009.

40.Komata D, Yahata T, Kodama S, Koyama Y, Takeda N, Tajima K, Makino H, Sato N, Muto I, Hatakeyama K, Tanaka K

The prevalence of hereditary breast/ovarian cancer risk in patients with a history of breast or ovarian cancer in Japanese subjects

J Obstet Gynaecol Res 35(5):912‐917, 2009.

41.Kosugi S, Sasamoto R, Kanda T, Matsuki A, Hatakeyama K

Retrospective review of surgery and definitive chemoradiotherapy in patients with squamous cell carcinoma of the thoracic esophagus aged 75 years or older

Jpn J Clin Oncol. 2009;39:360‐366.

42.Matsuki A, Kosugi S, Kanda T, Komukai S, Ohashi M, Umezu H, Mashima Y, Suzuki T, Hatakeyama K

Schwannoma of the esophagus: a case exhibiting high 18F‐fluorodeoxyglucose uptake in positron emission tomography imaging

Dis Esophagus. 2009;22(4):E6‐E10.

43.Matsuki A, Kanda T, Kosugi S, Suzuki T, Hatakeyama K

Gastric tube interposition for corrosive esophagitis associated with pyloric stenosis

Surg Today. 2009;39(3):261‐264.

44.皆川 昌広,黒﨑 功 畠山 勝義

消化器外科術後MRSA感染症に対するリネゾリド投与:血小板減少例における副作用発現要因の解析

日外感染症会誌 6(1):79‐83, 2009.

45.Wakai T, Shirai Y, Sakata J, Nagahashi M, Kaneko K, Hatakeyama K

Hepatic lymph node dissection provides a survival benefit for patients with nodal disease of colorectal carcinoma liver metastases

Hepatogastroenterology 2009;56(89):186‐190.

46.Kurita S, Ohkoshi S, Yano M, Yamazaki K, Suzuki K, Aoki YH, Matsuda Y, Wakai T, Shirai Y, Ichida T, Aoyagi Y

Progression of Hypermethylation of the p16(INK4A)Gene from Normal Liver to Nontumorous Liver and Hepatocellular Carcinoma: An Evaluation Using Quantitative PCR Analysis

Dig Dis Sci 2009;54(1):80‐88.

47. Tsukada M, Wakai T, Matsuda Y, Korita PV, Shirai Y, Ajioka Y, Hatakeyama K, Kubota M

Loss of carcinoembryonic antigen‐related cell adhesion molecule 1 expression predicts metachronous pulmonary metastasis and poor survival in patients with hepatoblastoma

J Pediatr Surg 2009;44(8):1522‐1528.

48. Tsuchiya A, Kubota T, Takizawa K, Yamada K, Wakai T, Matsuda Y, Honma T, Watanabe M, Shirai Y, Maruyama H, Nomoto M, Aoyagi Y

Successful treatment in a case of massive hepatocellular carcinoma with paraneoplastic syndrome

Case Rep Gastroenterol 2009;3:105‐110.

49. 若井 俊文,白井 良夫,坂田  純,永橋 昌幸,味岡 洋一,畠山 勝義

胆嚢癌の肝内進展様式に基づく適切な肝切除範囲

臨外 2009;64(8):1085‐1092.

50. 若井 俊文,白井 良夫,坂田  純,永橋 昌幸,井上  真,畠山 勝義

胆管側浸潤Binfを呈するstage IV胆嚢癌の治療戦略

肝胆膵 2009;59(5):949‐954.

51. 清水 孝王,遠藤 和彦

術前CTで診断し腹腔鏡下手術にて治療しえた子宮広間膜裂孔ヘルニアの1例

日外科系連会誌 34(5):974‐978, 2009.

52. 清水 孝王,千田  匡

播種性骨髄癌症により急激な経過をたどった上行結腸癌の1例

新潟医会誌 123(3):135‐141, 2009.

53. 清水 孝王

胃癌術後にToxic Shock Syndrome(TSS)を併発し重篤化した1例

新潟医会誌 123(4):181‐187, 2009.

54. Oya H, Sato Y, Yamamoto S, Nakatsuka H, Kobayashi T, Hara Y, Watanabe T, Kokai H, Hatakeyama K

Impact of Intraportal Donor‐Specific Leukocyte Transfusion for Adult ABO‐ Incompatible Liver Transplantation

Transplant Proc. 41:222‐225, 2009.

55. Oya H, Sato Y, Yamamoto S, Kobayashi T, Watanabe T, Kokai H, Hatakeyama K

De Novo Autoimmune Hepatitis After Living Donor Liver Transplantation in a 25‐Day‐Old Newborn Baby: A Case Report

Transplant Proc. 41:433‐434, 2009.

56. 小川  洋,西村  淳,牧野 成人,河内 保之,新国 恵也

腹腔鏡下に切除し得た上行結腸癌・小腸GISTの重複例

新潟医会誌 第123巻 第1号

57. 小川  洋,西村  淳,牧野 成人,河内 保之,新国 恵也

盲腸単純性潰瘍に対し腹腔鏡下手術を施行した1例

新潟医会誌 第123巻 第2号

58. 小川  洋,西村  淳,牧野 成人,河内 保之,新国 恵也

原発性十二指腸癌10例の臨床病理学的検討

日臨外会誌 第70巻4号

59. 野上  仁,畠山 勝義

研修で学ぶべき知識と技術「浣腸」

消化器研修ノート 診断と治療社 p102, 103.

60. 野上  仁,谷  達夫,飯合 恒夫,畠山 勝義

術式別の押さえどころがわかる退院指導マニュアル 大腸切除術

消外NURSING 14(12):22‐28, 2009.

61. 野上  仁,谷  達夫,飯合 恒夫,畠山 勝義

術式別の押さえどころがわかる退院指導マニュアル 急性虫垂炎の治療

消外NURSING 14(12):66‐68, 2009.

62. 野上  仁,畠山 勝義

腹壁瘢痕ヘルニア

外科 71(12):1351‐1353, 2009.

63. Yajima K, Kosugi S, Kanda T, Matsuki T, Hatakeyama K

Risk factors of reflux esophagitis in the cervical remnant following esophagectomy with gastric tube reconstruction

World J Surg 33(2):284‐289.

64. Sakata J, Shirai Y, Tsuchiya Y, Wakai T, Nomura T, Hatakeyama K

Preoperative cholangitis independently increases in‐hospital mortality after combined major hepatic and bile duct resection for hilar cholangiocarcinoma

Langenbecks Arch Surg. 2009;394:1065‐1072.

65. 坂田  純,白井 良夫,若井 俊文,金子 和弘,畠山 勝義

総胆管結石に伴う急性膵炎で発症した長い共通管を有する膵・胆管合流異常の1例

胆道 23:207‐210, 2009.

66. Ikeda Y, Kanda T, Kosugi S, Yajima K, Matsuki A, Suzuki T, Hatakeyama K

Gastric cancer surgery for patients with liver cirrhosis

World J Gastrointest Surg 1(1):49‐55, 2009.

67. Ishikawa T, Nakai N, Ning‐Ning Liu, Shiba K, Isozaki K, Matsuda I, Ito T, Fujimoto J, Hatakeyama K, Kanda T, Hirota S

In vivo effect of imatinib on progression of cecal GIST‐like tumors in exon 17‐type c‐kit knock‐in mice

Laboratory Investigation(2009)89, 1161‐1168.

68. 石川  卓,神田 達夫,間島 寧興,羽入 隆晃,松木  淳,小杉 伸一,畠山 勝義

外科医に必要なPET検査の知識-その有用性と問題点:GIST

臨外 Vol.65, No.2, 250‐257, 2010.

69. 島田 能史,飯合 恒夫,丸山  聡,谷  達夫,畠山 勝義

サイトメガロウイルス感染および直腸膣瘻を合併した潰瘍性大腸炎の1例

日消外会誌 42(3):288‐292, 2009.

70. 島田 能史,瀧井 康公,神林智寿子,野村 達也,中川  悟,薮崎  裕,佐藤 信昭,土屋 嘉昭,梨本  篤,田中 乙雄

直腸間膜全割標本による直腸癌肛門側癌進展の検討

日消外会誌 42(11):1643‐1651, 2009.

71. 佐野 彰彦,櫻井 信司,加藤 広行,榎本 剛彦,神田 達夫,味岡 洋一,細谷 好則,桑野 博行

食道癌の肉腫化および進展に関する分子病理学検討:日本癌病態治療研究会平成20年度奨励報告

日本癌病態治療研究会誌 15(1):77‐79, 2009.

72. Sano A, Sakurai S, Kato H, Sakai M, Tanaka N, Inose T, Saito K, Sohda M, Nakajima M, Sakamoto K, Sano T, Hosoya Y, Enomoto T, Kanda T, Oyama T, Ajioka Y, Kuwano H

Clinicopathological and immunohistochemical characteristics of esophageal carcinosarcoma

Anticancer Res 2009;29, 3375‐3380.

73. 榎本 剛彦

胃内分泌細胞腫瘍におけるKIT蛋白発現の検討

新潟医会誌 第123巻 第6号 p301‐310.

74. 大橋 優智,若井 俊文,Korita V. Pavel,坂田  純,白井 良夫,畠山 勝義

肝細胞癌に対する動注用アイエーコール®を用いた術前肝動注化学療法が肝切除の周術期に与える影響

新潟医会誌 123(8):413‐418, 2009.

75. Takano K, Hasegawa G, Jiang S, Kurosaki I, Hatakeyama K, Iwanari H, Tanaka T, Hamakubo T, Kodama T, Naito M

Immunohistochemical staining for P1 and P2 promoter‐driven hepatocyte nuclear factor‐4alpha may complement mucin phenotype of differentiated‐type early gastric carcinoma

Pathol Int. 59(7):462‐702, 2009.

76. 中野 雅人,飯合 恒夫,寺島 哲郎,川原聖佳子,岩谷  昭,丸山  聡,谷  達夫,長谷川 剛,味岡 洋一,畠山 勝義

Nonsteroidal antiinflammatory drugs投与によると考えられた大腸穿孔・穿通の2例

日消外会誌 42(4):404‐410, 2009.

77. 永橋 昌幸,広田 正樹

腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した胆嚢捻転症の3例

新潟病医会誌 57:37‐42, 2009.

78. 佐藤  洋,矢島 和人,冨田  広,小海 秀央

腸重積を併発した腸管原発脂肪腫に対する腹腔鏡補助下切除の2例

日臨外会誌 70(10):3061‐6035, 2009.

79. 田島 陽介,飯合 恒夫,川原聖佳子,谷  達夫,森田  修,畠山 勝義

潰瘍性大腸炎に合併した真菌性化膿性脊椎炎の1例

日本消化器病学会雑誌 第106巻 第8号

80. 佐藤 良平,岩谷  昭,瀧井 康公,太田 玉紀

大腸癌術前化学療法としてのIRIS療法(S‐1/CPT‐11)によりClinical CRが得られた1例

癌と化療 36(8):1367‐1370, 2009.

81. 佐藤 良平,若井 俊文,金子 和弘,井上  真,白井 良夫,塩路 和彦,成澤林太郎,味岡 洋一,畠山 勝義

胆管癌の表層拡大進展の存在診断に経口胆道鏡検査が有用であった1例

新潟医会誌 123(3):128‐134, 2009.