HOME > 教室の紹介 > 研究班紹介 肝胆膵班 肝胆膵グループ

肝胆膵班 肝胆膵グループ

肝胆膵グループは、肝臓・胆道・膵臓・脾臓・門脈に関する外科診療と研究を行っています。悪性疾患の治療から良性疾患の治療まで幅広い領域を担当し、患者様の治療成績向上に努めています。ここでは、当グループの過去・現在・未来について述べることでその紹介に替えさせていただきます。

従来の成果および現況

新潟県は世界的にも胆道癌の好発地域であり、1980年代初頭から精力的にその診療・研究に取り組んできました。胆道癌には、胆嚢癌、胆管癌、十二指腸乳頭部癌があります。

胆嚢癌に関しては、初期の研究において、深達度が固有筋層(mp)までの癌は早期癌であること、早期癌には表面型が多いこと、深達度判定が術式を決定する際に重要であること、等を示しました。これらの成果は学会で評価され、胆道癌取扱い規約に記載されています。次いで、根治手術の際の適正なリンパ節郭清範囲、適正な肝切除範囲を報告しました。当科で考案された拡大胆嚢摘出術(Glenn手術変法)はStage IIIまでの症例には有効であり、拡大根治手術はStage IV症例の一部も長期生存可能なことを示しました。胆嚢摘出後に発見された胆嚢癌に対する二期的根治術の有用性も示しました。リンパ節微小転移は予後不良因子であり、微小転移陽性例は術後補助化学療法の良い適応であることも報告しました。これらの結果、当科の胆嚢癌治療成績は格段に向上し、世界でもトップクラスとなりました。特に、リンパ節郭清を徹底化することにより、予後不良とされるリンパ節転移陽性例においても長期生存者を多数得られるようになりました。以上の成果は国際的にも評価され、諸外国でも当科の治療方針を採用する施設が増えています。

胆嚢癌以外の胆道癌についても、肝門部胆管癌の手術法を改良し、積極的に肝切除を加えることで手術成績が格段に向上しました。しかし、胆管断端陽性例の予後は未だ不良であり、その克服を目指し研究を続けています。また、肝門部胆管癌における胆汁中の細菌と手術部位感染との関連を明らかにし、手術部位感染を減らすための対策を示しました。十二指腸乳頭部癌に対しても、適切な術式選択、リンパ節郭清の有用性、適正なリンパ節郭清範囲を検討し、その成果を臨床応用することにより手術成績は向上しました。

肝臓癌には原発性と続発性(肝転移)とがあります。原発性肝癌では門脈内の転移が再発の主要因ですが、門脈内の癌細胞除去を目的とした系統的肝切除を多用することにより手術成績を飛躍的に向上させました。肝癌発生の原因である肝炎ウイルスと切除後再発との関連も示しました。現在、切除後の再発様式(肝内転移、多中心性発癌)を検討しており、再発対策により更なる成績改善を狙っております。大腸癌肝転移に関しては、門脈血流が転移巣の局在に及ぼす影響を示し、CT上の腫瘍形態についても検討しました。免疫組織化学法により検出される肝内微小転移巣は切除後肝内再発の良い指標であることも報告しました。肝切除術の有効性、再発に対する再切除術の有用性、肝・肺転移に対する切除の適応についても報告しました。積極的な肝切除により5年生存率も40%を超え、世界トップクラスの施設と肩を並べるまでになりました。再発の高リスク群に対する補助化学療法、再発に対する化学療法の有効性につき現在検討中であり、今後さらに治療成績が向上するものと期待しています。

膵臓癌は極めて予後不良であり、根治切除後の再発も多い疾患です。抗癌剤であるgemcitabineを用いた補助療法の有効性をリンパ節転移陽性例において確認しました。また、肝再発予防のため、抗癌剤の肝動注+門脈内投与を実施しています。

以上、悪性腫瘍を中心に述べてきましたが、当グループには胆石症、膵炎、門脈圧亢進症など良性疾患の外科治療に関しても診療、研究の長い伝統があり、有効で、かつ、患者様に優しい外科治療の提供を行っております。また、胆石症や脾疾患に対する内視鏡下手術は、侵襲の少ない外科治療法として定着しつつありますが、適応疾患の拡大と新しい手技の開発を目的に診療を実践しています。近年、肝癌や膵腫瘍の治療にも内視鏡下手術を導入しています。

今後の展望

引き続き、肝・胆・膵領域悪性腫瘍の外科腫瘍学(surgical oncology)的研究を継続し、胆嚢癌において提唱した如くの外科治療戦略を胆嚢癌以外の悪性腫瘍(胆管癌、乳頭部癌、原発性肝癌、転移性肝癌、胆管細胞癌、膵臓癌、等)各々において確立していく予定です。私共は、従来の「画一的手術」から「癌の個性に応じた手術」への転換の必要性を痛感しています。すなわち、早期癌には縮小手術、進行癌にはステージ(癌の進展度)に応じた過不足のない切除、高度進行癌には化学療法・放射線療法を含めた集学的治療というようなオーダーメイド治療への道を模索したいと考えています。そのゴールは治療成績向上であり、悩める患者様のために総力を挙げてこのゴールを目指し続ける所存です。

臨床・研究の抱負

臨床医学の一分野である外科学の研究は臨床から遊離してはなりません。"患者様の利益を第一に"をモットーとして臨床に励み、治療成績向上を目指すことからすべてがスタートします。その過程において生ずる諸問題を、時には基礎医学の力も借りながら一つ一つ解決していくのが外科学研究本来の姿であると考えます。すなわち、臨床・研究が渾然一体となり発展すべきであります。

当グループでは、各構成員がライバルとして競い合いながらレベル向上を目指しています。得られた研究成果を発表することも重要です。新潟発の情報を全世界に発信していきたいと願っています。

グループ症例検討会のご案内

毎週月曜日、午後8時から新潟大学医歯学総合病院・第3検討会室にて、当院放射線科の先生方と一緒に画像診断と治療方針の決定を行っています(月曜日が休日の場合は、休日明けの日に順延します)。

外来診察のご案内

担当医 曜日・場所
若井俊文(教授) 月曜日・第一診察室
坂田 純(講師) 水曜日・第一診察室
小林 隆(講師) 月曜日・第三診察室
滝沢 一泰(助教) 金曜日・第三診察室

受診を希望される患者の皆様へ

第一外科の外来診察日は月、水、金であり、いずれの日に受診していただいても結構です。受付は午前11時までです。当院は特定機能病院であり、紹介状を持参していただく方が検査の重複を避け治療を早く開始するためには望ましいのですが、紹介状無しでも診察いたします。セカンドオピニオンを希望される患者様も歓迎いたします。

関連施設の先生方へ

診療に難渋する肝・胆・膵疾患症例がありましたらご相談ください。症例のご紹介も歓迎いたします。上記の外来診察医宛てに電話(外科図書室:025-227-2228)またはメール(メールリストをご参照ください)でご相談いただくか、グループ症例検討会に資料をご持参いただければ幸いです。

医学生、研修医の皆様へ

肝胆膵外科は外科の中でも歴史が浅く、未知の領域も多い発展途上の分野です。その成長には若い君達の情熱(エネルギー)が必要です。外科医を志す医学生、研修医の皆さん、肝胆膵外科は面白い分野です! 私共と一緒にその発展に貢献してみませんか?