HOME > 教室の紹介 > 研究班紹介 下部消化管班 下部消化管グループ

下部消化管班 下部消化管グループ

当研究班は大腸癌や潰瘍性大腸炎といった下部消化管疾患を中心に診療・研究・教育を行っております。近年、大腸癌の罹患率は上昇の一途をたどっており、新潟県も例外ではありません。大腸癌の治療は腹腔鏡下手術や進行・再発大腸癌に対する化学療法に代表されるように最近10年間で劇的な変化を遂げております。このような状況下、最先端の医療を患者さんに提供するべく日々研鑚を重ねております。

また、潰瘍性大腸炎も近年増加している疾患であり、内科的治療の発展は目覚ましいものがあります。しかしながら、外科的治療を要する患者さんも後を絶たず、当科で1980年代から行っている根治性と生活の質(QOL)を兼ね備えた手術を行っております。

診療

大腸癌

以下の分野に重点を置き、積極的な診療を行っています。

  1. 内視鏡的治療
    • 腺腫・粘膜内癌・粘膜下層微小浸潤癌に対する内視鏡的治療
      内視鏡的に切除可能な病変は積極的に切除しています。
    • 術前診断(深達度診断、局在診断など)
      精度の高い術前診断を行うことで適切な医療を提供しています。
    • 術後異時多発癌のサーベイランス
      手術後に新たに発生する大腸癌の早期発見・治療を行っております。
  2. 手術
    • 腹腔鏡下手術
      早期癌はもちろん、進行癌でも他臓器浸潤を除く大腸癌、側方リンパ節郭清が不要な直腸癌を適応として積極的に行っております。近年、発達してきた単孔式手術にも取り組んでいます。
    • 早期直腸癌に対するTEM (Transanal endoscopic microsurgery)
      直腸切除によるQOLの低下を避けるため、低侵襲手術として積極的に行っております。
    • 高度進行癌に対する手術
      従来は切除不能とされてきた病変も化学療法や放射線療法を併用することで根治切除が可能となってきています。
    • 肛門機能温存手術
      肛門を温存することでQOLの低下を最小限にしています。
    • 転移・再発症例
      大腸癌は根治切除が行われることで治癒が得られることがあり、積極的に根治を目指した治療を行っております。
  3. 化学療法
    • 進行・再発症例に対する全身化学療法
      化学療法の進歩により、生存期間の延長がえられており、さらには根治切除も可能となってきています。当科でも治癒を目指して積極的に行っています。

炎症性腸疾患

  1. 潰瘍性大腸炎
    根治性を追求し(大腸亜全摘術+直腸粘膜切除術)、術後のQOLを重視した手術(W型回腸嚢肛門吻合術)を行っています。
    待機手術は2期分割、緊急手術症例は3期分割で行っていますが、1期手術の導入も検討しています。
  2. クローン病
    消化管を可及的に温存する手術(狭窄形成術など)や肛門病変に対する手術を中心に行っています。
    術後栄養療法として成分栄養療法を行っています。
  3. 広義の炎症性腸疾患
    QOL低下の原因となっている症状を緩和し、かつ低侵襲な手術(腹腔鏡下手術など)を行っています。

研究

大腸癌

臨床研究を中心に、実施臨床に役立つ研究を目指して日々研鑚しています。

  • 臨床病理学的研究
  • 病理学的研究
  • 疫学的研究

潰瘍性大腸炎

術後の排便・肛門機能やQOLに重点を置いた研究を行っております。

最近では高齢の方の手術を経験することも多く、より負担の少ない手術を目指しています。

化学療法に関する多施設共同研究(新潟大腸癌化学療法研究会)

個々の患者さんに適した治療を目指して研究を行っております。

今後の展望

  1. 腹腔鏡下手術の適応拡大・教育
    腹腔鏡下手術を従来の開腹手術と同様に行えるよう、教育・研修を行っています。
  2. ロボット手術
  3. 高度進行大腸癌に対する集学的治療戦略(術前化学放射線療法など)
    化学療法や放射線療法を加えた集学的治療を行うことで治療成績の向上を目指します。
  4. 潰瘍性大腸炎に対する1期手術、腹腔鏡下手術より負担の少ない手術を目指して適応拡大を行っています。