疾患・治療情報

HOME疾患・治療情報 > 小児泌尿器疾患

小児泌尿器科疾患
はじめに

お子様における腎・尿路系疾患や女児を含めた外陰部・生殖器疾患などを専門とする領域です。
特殊な検査を要することもあり、当院では小児専門医が検査・治療にあたります。
代表的な疾患には次のようなものがあります。

停留精巣

男の子の精巣は、胎児期にお腹の中から鼠径管というトンネルを通って陰嚢内へ降りてきます。停留精巣とは生まれた時に、片側または両側の精巣が陰嚢内にまで降りてきていない状態です。
低出生体重児では多く見られます。(2500g以下:約30%、1800g以下:約60%)
生後6ヶ月まで待っても精巣が陰嚢内にまで降りてこない場合には、将来的に精子を作る機能が低下する可能性があるため、精巣を陰嚢内に固定する手術を考えます。
また、正常の精巣に比べて停留精巣は悪性化しやすいとされますが、実際にはめったに悪性化することはありません。もし悪性化したとしても、手術後に精巣は陰嚢内にあるわけですから早期発見が可能になります。

陰嚢水腫(陰嚢水瘤、精索水瘤)

精巣の周りに水がたまることです。鼠径ヘルニア(脱腸)と同じく、腹膜(おなかを包む膜)と精巣鞘膜(精巣を包む膜)とのあいだの連絡路(鞘状突起)が閉じないことが原因です。ヘルニアを合併しなければ、連絡する道は自然に閉じていき水腫は消えていく場合が多いので、乳児期は自然経過をみます。鼠径ヘルニアや停留精巣に合併する水腫や、成長してもなお大きな水腫が残る場合は手術を考えます。

尿道下裂

男の子の陰茎の形の異常です。尿道の出口が陰茎の先端よりも下側に開いており、陰茎そのものが下側へ曲っているのが特徴です。このような形態の異常は、立って排尿する際や、将来的には性交渉に支障をきたす可能性があります。治療には専門医による形成手術が必要です。

腎盂尿管移行部狭窄症

尿が腎臓から尿管に流れ出す部分(腎盂尿管移行部)が生まれつき狭く、水腎症(尿の通過が悪いために腎臓に尿がたまること)となり、腎臓の機能が障害される病気です。自然に改善することが期待できることから、超音波検査や腎シンチグラフィー(アイソトープ検査)を定期的に施行して経過観察します。尿の通過障害が悪化するようであれば手術を考えます。

膀胱尿管逆流症

腎臓でつくられた尿は尿管を通って膀胱にためられます。正常な尿路では、尿管から膀胱に入るところ(尿管膀胱移行部)で膀胱の尿が尿管へ逆流しないような構造になっていますが、この構造が弱く膀胱の尿が尿管や腎臓まで逆流する状態です。発熱を伴う尿路感染症で発見されることが多く、炎症を繰り返すと腎臓の働きが悪くなります。 自然治癒が期待できるので、通常はまず感染予防の抗生剤を内服しながら様子をみます。逆流の程度、尿路感染、腎機能の状態により逆流根治手術を考えます。

ページ上に戻る