疾患・治療情報

HOME疾患・治療情報 > 神経泌尿器疾患

神経泌尿器疾患
神経因性膀胱とは

尿をためる(蓄尿)・尿を出す(排尿)ことは大脳・脊髄、末梢神経といった神経の制御を受けることによって行われています。そのため、排尿に関係する神経が一部でも悪くなると、尿の出方が悪くなったり(排尿困難)、尿が近くなったり(頻尿)、尿が漏れたり(尿失禁)します。つまり神経因性膀胱とは、何らかの神経の障害によって排尿・蓄尿の状態が悪くなった状態のことをいいます。
もちろん、こういう症状は神経の異常だけが原因というわけではなく、他の病気が原因である可能性もありますのできちんと検査をする必要があります。

神経因性膀胱の原因となりうる疾患

・ 脳疾患: 
脳梗塞、脳出血、パーキンソン病など
・ 脊髄疾患: 
脊髄損傷などのけが、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など、脊髄が圧迫を受けることによるもの
二分脊椎、脊髄稽留症候群など、先天性の病気によるもの
・ 末梢神経障害:
糖尿病性末梢神経障害 骨盤内手術(子宮・直腸手術)による神経障害など

神経因性膀胱以外でも、こんな症状で悩んでいませんか?

・トイレが近い 
・ 排尿時の痛み、尿がたまった時や排尿後の下腹部の痛み
・ 突然、がまんできないような尿意をもよおすことがある(尿意切迫感)
・急に尿をしたくなり、トイレまでがまんできずにもれてしまうことがある(切迫性尿失禁)
・くしゃみや咳をした時、重い物を持ったときなどに尿がもれることがある(腹圧性尿失禁

膀胱結石、膀胱がん、過活動膀胱、細菌性膀胱炎、間質性膀胱炎などの可能性もあります。
診断には、必要な検査(検尿・超音波検査・尿流測定・膀胱鏡など)を行い、更に御自身にて排尿記録を記入して頂く事もあります。
泌尿器科における治療には、行動療法(自分で行う膀胱訓練)と薬物療法、その組み合わせ、そして手術療法があります。 それぞれの患者さまに適した治療法はどれかについては、診察、検査を行って総合的に判断する必要があります。

過活動膀胱

 過活動膀胱とは、膀胱が勝手に縮んだり過敏な働きをするために、尿意切迫感・頻尿・切迫性尿失禁などの症状が出現する疾患です。原因は神経の障害とは限らず様々です。

尿意切迫感を抑える薬の内服が一般的な治療法です。

ページ上に戻る