新潟大学医学部学士会 有壬会

新潟大学医学部学士会 会員ページ

MENU

会長あいさつ

新潟大学 医学部学士会 会長
新潟大学
医学部学士会
会長 伊藤 雅章

私こと、平成26年6月より新潟大学医学部学士会会長を務めています伊藤雅章(新潟大学医学部昭和50年卒)です。専門は皮膚科学です。本学士会は新潟大学医学部医学科卒業生の同窓会で、「有壬会」とも言います。近年、設置された保健学科も医学部ですが、同窓会は別組織になっています。医学科の歴史は古く、第1回生は新潟医学専門学校大正3年卒であり、その後、新潟医科大学、新潟医科大学附属医学専門部、新潟大学医学部医学科と名称は変遷しましたが、100年以上の歴史があります。学士会の組織は昭和16年本島一郎初代会長のもとに発足して、私は22代目の会長になります。私自身、未だ現役の医学科教授(正式には新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)です。学士会の役目は、現役学生や卒業生への支援は勿論ですが、学士会の組織や活動は医学科、大学病院や脳研究所などの教育、研究や診療に密接に関連しており、同窓会としてそれらを支えることが最大の使命です。そのため、会長は大学の現状に詳しい現役教授が努めることが恒例です。そうは申しましても、学士会の大先輩の方々、北は北海道支部から南は沖縄支部まで全国の59学士会支部の支部長や理事の方々、あるいは学内の同僚の方々などに多大なご支援を頂戴して、若輩の私が学士会のトップを努めているのが現実です。学士会の組織や具体的な活動につきましては、定期的に発行している「学士会会報」や「有壬だより」をご覧ください。HPもリニューアルしつつあり、学士会関連の最新情報をリアルタイムに見られ、また、会員マイページを作って利便性を高めようと計画しています。毎年、会員の優秀な医学研究に対して表彰している有壬記念学術奨励賞は、平成28年で第20回になりましたが、これまでどれも世界に誇れる内容ばかりです。会員としては、本学卒業生のみならず、他大学卒で本医学科在籍の会員、あるいは学外や海外で活躍している会員もあり、それらの方々も何人も受賞しています。奮って応募をお願いします。平成25年に開始した現役学生の研究を支援する医学生研究奨励賞も順調ですが、件数をいっそう増やしたいと思います。学士会会員は全国で医学・医療に、それぞれ、さまざまに活躍、貢献していますが、会員どうしの連携や助け合いはその大きな力になるものと思います。それには支部のいっそうの活性化が必要で、引続き取組みたいと思います。会員の皆様のご支援、ご協力をお願いします。