Education Course

集学的がん治療に対応する口腔支持療法研修コース
大学院医歯学総合研究科(インテンシブ)

大学名等 新潟大学大学院医歯学総合研究科
教育プログラム・コース名 集学的がん治療に対応する口腔支持療法研修コース(インテンシブ)
コース責任者 小林 正治
対象者 地域中核病院(大学病院含む)、診療所に勤務する歯科医師、歯科衛生士、看護師および歯科技工士
修業年限(期間) 2日間
養成すべき人材像 ・がんの手術、放射線、薬物、免疫、緩和の各療法および遺伝診療の基本を理解し、地域において質の高い医療連携を実践できる医療人
・多様な臓器のがんの診断と治療法の要点を理解し、各医療分野の専門性を活かし、治療チームの一員として個別の患者に適する口腔支持療法を実践し、がん治療に伴う有害事象の軽減により治療の完遂・効果改善に貢献する医療人
修了要件・履修方法 ・地域中核病院あるいは診療所の歯科医師、歯科衛生士、看護師および歯科技工士の代表者、もしくは1チームとして受講する。
・実習と講義による研修形式。研修の全受講をもって修了とする。
履修科目等 <研修内容>
・がんの手術療法、放射線療法、薬物療法、免疫療法、緩和療法、遺伝診療の基本、様々ながんの標準療法と副作用と合併症、後遺障害、ならびにリハビリテーションと必要な地域連携に関する講義と演習を行う。がん治療概論講義(8時間:必修)
・口腔支持療法を効果的に達成する役割分担とチームにより多様な新ニーズに対応できる医療の実践(各職種により連携する内容を選択・実習)
教育内容の特色等
(新規性・独創性等)
がん治療に関連して生じる口腔領域の有害事象について、がん治療チームの一員として歯科医療の各専門分野の知識・技術を活かして放射線、薬物療法の完遂による治療効果とQOLの向上を企図する。正確な知識と適切な対応を学ぶことにより、以後中核病院あるいは診療所において地域のがん支持療法の指導的役割を果たすことのできる医療者を養成する。
指導体制 本院において医療連携口腔管理を実践しているチーム構成員が主導して、放射線治療部、腫瘍内科、等の各科、薬剤部、看護部が連携して指導にあたる。
教育プログラム・コース
修了者のキャリアパス構想
・地域中核病院、診療所のスタッフとして急速に発展する集学的がん療法の治療効果向上に寄与する。
・口腔支持療法の指導的役割を果たし、将来にわたり地域のがん医療の連携体制を推進する。