Education Course

次世代対応医学物理士短期臨床研修コース
大学院保健学研究科(インテンシブ)

大学名等 新潟大学大学院保健学研究科(医歯学総合病院連携)
教育プログラム・コース名 次世代対応医学物理士短期臨床研修コース(インテンシブ)
コース責任者 笹本 龍太
対象者 地域のがん診療連携拠点病院の医学物理士
修業年限(期間) 6ヶ月間
養成すべき人材像 ・高精度放射線治療の実践的スキルを身に着け、地域がん医療の発展に貢献できる医学物理士
・肉腫、小児腫瘍、悪性胸膜中皮腫などの希少がんに対する特殊な放射線治療にも精通した医学物理士
・緩和医療における放射線治療に精通した医学物理士 
・ライフステージに応じたがん医療を理解し対応する医学物理士
修了要件・履修方法 ・週1日程度新潟大学医歯学総合病院放射線治療科で、高精度放射線治療の治療計画業務、高精度放射線治療の線量検証業務、その他履修者が特にスキルアップを希望する項目等について実習を行う。
・120時間以上の臨床研修履修証明プログラムを修了すること。
・実習内容に基づいた口頭試験を実施し、その結果を基に修了判定を行う。
・がんプロセミナーへの参加とレポート評価と口頭試験合格
履修科目等 ・臨床研修項目は「医学物理士認定機構臨床研修ガイドライン」「IAEA医学物理レジデントガイドライン」に基づく。
・研修項目1. 高精度放射線治療の治療計画(治療計画装置の特性、線量最適化の手法、治療計画の評価法)、2. 高精度放射線治療の線量検証(線量検証の手順、検出器の特性、線量分布の解析、判定基準の設定と評価・管理)、3. その他履修者が特に習得を希望する研修項目
・がんプロセミナー
教育内容の特色等
(新規性・独創性等)
・特定の項目について、6ヶ月間という比較的短期間で、特殊治療を含む高精度放射線治療の医学物理の実践的スキルを身に着けたエキスパートを養成
・がん診療連携拠点病院で不足している放射線治療医学物理の専門的人材を迅速に補うことを主な目的とする
・臨床研修の能力評価表と口頭試験による能力評価
指導体制 ・医学物理分野および放射線腫瘍学分野の教員を中心に指導
・がんプロセミナー講師
教育プログラム・コース
修了者のキャリアパス構想
新潟県内において、特にがん診療連携拠点病院で不足している高精度放射線治療の実践的スキルを身に着けた医学物理士として活躍