Education Course

履修証明型がん看護実践強化コース
大学院保健学研究科(インテンシブ)

大学名等 新潟大学大学院保健学研究科
教育プログラム・コース名 履修証明型がん看護実践強化コース(インテンシブ)
コース責任者 坂井 さゆり
対象者 がん診療連携拠点病院、地域包括ケアでがん看護に従事する看護師、大学院生
修業年限(期間) 2日間
養成すべき人材像 ・小児、働く世代、高齢者などライフステージに応じたがん看護・緩和ケアを実践できる看護師
・がん患者・家族の視点に立った在宅ケア、退院支援を実践できる看護師
・コミュニケーション手法を学び、がん患者・家族の意思決定支援ができる看護師
修了要件・履修方法 2日間の全てのプログラムを修了した場合に修了書を出し、履修証明を行う。
履修科目等 1ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラム(各世代対象の緩和ケア)
2ELNEC-JG(高齢者)看護師教育プログラム(高齢者対象の緩和ケア)
3看護に活かす スピリチュアルケアセミナー(壮年期対象の緩和ケア)
4小児のための緩和ケア研修会(小児、AYA世代)
教育内容の特色等
(新規性・独創性等)
・ライフステージを意識して事例検討を重視し、系統的な現行プログラムをアレンジし緩和ケアの普及を図る。(新規性)
・ライフステージに応じたがん看護を、多様な分野を専門とする看護師から学ぶ機会を得る。また、がん看護専門看護師コース入学への動機づけとなる。(独創性)
指導体制 ・本コース責任者およびプログラム指導者
・各年、1から4のプログラムの内、1~2プログラムを5年間で開催する。
教育プログラム・コース
修了者のキャリアパス構想
・がん診療連携拠点病院、地域で活躍する看護師
・がん看護専門看護師コースもしくは遺伝看護専門看護師コースに入学する看護師