新潟大学大学院医歯学総合研究科

ロゴ

ヒト腎臓病の病因や病態を解明し、新たな治療法を開発し、
次世代の研究者と医療人を育成に取り組みます

腎・膠原病内科学分野
Division of Clinical Nephrology and Rheumatology

腎臓病の臨床研究と人材育成
腎生検から透析・腎移植まで、細胞から個体、疫学まで

成田一衛教授

腎・膠原病内科学分野 教授


成田 一衛

 新潟大学医学部(官立医学専門学校)の創立は1910(明治43)年に遡りますが、これと同時に腎・膠原病内科学の前身、内科学第二教室が開講されました。沢田敬義、柴田経一郎、桂重鴻、木下康民、荒川正昭、下条文武の6名の歴代教授のもと、当教室で学んだ多くの人材が全国の医育機関・医療現場で活躍しています。2009年5月から小生が教授を務めており、2015年2月から呼吸器感染症内科とともに腎・膠原病内科学教室として新たなスタートを切り、さらに今回、新設される腎研究センターの臨床研究部門を担当することになりました。

 腎・膠原病内科学教室は、“臨床を第一にする”とともに、革新的な挑戦により“医学の進歩に貢献する”という伝統を受け継いできました。例えば1954年、本邦初のヒト腎生検を行い、その後の腎組織病理分類に基づく治療を可能にしました。以来60余年で蓄積された1万6千件を超える病理組織所見を有する詳細な臨床データは、国内最大の規模であり、近年のゲノム解析などに活用され、新たな成果を挙げています。腎不全医療において、1965年国内でいち早く血液透析治療を開始し、全国への普及に貢献しました。1985年、透析アミロイド−シスの原因蛋白を同定し、治療法の開発をリードしました。現在も新たな血液浄化治療の開発に取り組んでいます。このように、その時々の最先端医学・医療において、世界をリードする業績を挙げてきました。しかも、それら学術的業績が、単なる学問としての医学ではなく、臨床に根づき臨床に還元できるものであった点は特筆すべきことであり、私達はこの伝統を守りたいと思います。

 大学・大学病院に対する社会の期待は、多様化し高度化しています。私達自身も、時代に合わせた変革と成長を遂げることで、自らの重要な使命である社会貢献、人材育成、研究開発の機能をさらに充実させることが可能となります。その点で、この度の腎研究センターの設立は大きな節目であり、チャンスであると考えています。基礎研究部門、トランスレーショナルリサーチ部門とともに、腎・膠原病領域の新たな歴史を作る挑戦を続けていきます。

成田 一衛 教授プロフィール
1983年3月 新潟大学医学部医学科 卒業
1985年5月 新潟大学医学部 第二内科 医員
1991年7月 アメリカ合衆国ユタ大学 腎臓病部門 研究員
1995年5月 新潟大学医学部 第二内科 助手
2002年11月 新潟大学大学院医歯学総合研究科 第二内科 助教授※
(※2007年から「准教授」に改称)
2009年5月 新潟大学医学部 腎・膠原病内科学(第二内科) 教授
主な学会活動
日本内科学会(評議員、信越支部長)、日本腎臓学会(理事、学会誌編集委員長)、日本高血圧学会(評議員)、日本透析医学会(評議員)、日本糖尿病学会、日本人類遺伝学会、日本急性血液浄化学会、日本リウマチ学会、日本心身医学会(代議員)日本老年医学会、日本高血圧協会、国際腎臓学会、アメリカ腎臓学会 など

腎・膠原病内科学分野

IgA腎症の発症、進展様式に関する研究

臨床部門集合写真

 IgA腎症は、最も頻度の高い原発性糸球体腎炎で、腎不全の主要な原疾患です。腎糸球体メサンギウム細胞へのIgA沈着と、メサンギウム細胞増生、基質増加を病理学的特徴としますが、IgAがどのような機序で産生されメサンギウム領域に沈着するのか不明です。以下の研究により、病態機序の理解と治療の開発を進めます。

IgA腎症の原因遺伝子同定

 IgA腎症は孤発例が大部分を占めますが、一部には遺伝性を持った家族内発症のIgA腎症が存在します。大規模な国際共同研究により原因遺伝子を報告しました。また家族性IgA腎症を発症した数十家系を対象に全ゲノム塩基配列同定を行い、同一家系内でIgA腎症を発症した患者にはみられるが、非発症者にはみられない数十個の病因候補遺伝子を同定しました。その一部について現在、遺伝子変異がもたらす機能異常の解析を行っています。

IgA腎症患者摘出扁桃のマイクロバイオーム解析による扁桃細菌叢の同定

 扁桃感染によりIgA腎症の一時的な増悪を認め、治療としての扁桃摘出術の有効性を報告しました。扁桃に存在する細菌叢が、粘膜免疫を介して何らかの免疫学的異常をもたらし、本症の原因となることが推測されています。これまでは、細菌の同定は培養による単離を行わなければならず、99%の細菌は培養できないという問題点がありました。そこでIgA腎症患者の摘出扁桃を用い、細菌に特異的なDNAをPCR法にて増幅させ、塩基配列を同定するマイクロバイオーム解析を行い、IgA腎症患者扁桃に特異的な細菌叢を同定するべく解析を行っています。

腎糸球体メサンギウム細胞上のIgA受容体の機能解析

 メサンギウム細胞上のIgA受容体としては、これまでトランスフェリン受容体などが候補として挙げられていましたが、私共は、インテグリンα1/β1およびα2/β1ヘテロダイマーを新たなIgA受容体の候補として同定しました。これらの受容体分子で機能に違いがあるか否か、IgAの糖鎖による違いがどのような機能的異常をもたらすかについて、研究を進めています。

IgA腎症の臨床病理学的予後解析

 IgA腎症患者の病理所見と長期的な腎機能を解析し、国際分類であるOxford分類に採用されなかった管外増殖病変および細動脈硬化が腎予後に大きく関連することを明らかにしました。今後の診療への活用が望まれます。

尿毒症病態研究

 腎機能の低下に伴って出現する様々の病態を「尿毒症」と呼びます。その病態は多岐にわたりその病因も単一ではありません。いくつかのテーマに焦点を当てて研究を進めています。

尿毒症病態における動脈硬化促進メカニズムの解明

 尿毒症患者・尿毒症動物では血管内皮下へのマクロファージ侵入とその泡沫化を引き金とする古典的動脈硬化病変が進展します。わたしたちは腎機能の低下に伴って体内に蓄積し有害な生理活性作用を示す尿毒物質=Uremic ToxinがマクロファージとHDL-コレステロールの機能を劣化させることがその原因であると考え、この仮説を証明するためにin vitro実験を続けています。

尿毒症病態における骨粗鬆症病態発症進展メカニズムの解明

 尿毒症患者・尿毒症動物では骨の弾性力学特性が劣化し骨折イベントが著増します。わたしたちは尿毒物質やRAA系の亢進が骨細胞への作用やコラーゲンの架橋修飾などを介して骨の材質特性を劣化させていることがその原因であると考え、この仮説を証明するためにin vitroやin vivoの実験を続けています。

透析アミロイドーシスの病態解析

 透析アミロイドーシス(Aβ2Mアミロイドーシス)は長期透析患者に特異的な尿毒症病態で、新潟大学で病因が発見されました。発見者の下条文武名誉教授の指導を受けながら、アミロイド組織の網羅的蛋白解析や前駆蛋白であるβ2ミクログロブリンの生理活性分析を続けています。

希少未診断腎疾患の原因遺伝子同定

 家族性非定型溶血性尿毒症症候群や家族性ネフローゼ症候群、未診断希少疾患の遺伝子解析を行い、発症機序の解明を行います。

肥満と腎炎に関する研究

 肥満状態において脂肪細胞からレプチンとよばれるサイトカインが放出され、中枢神経系に働いて食欲を抑えるほか、炎症を惹起させる作用も報告されています。レプチンを遺伝子的に欠損したマウスに糸球体基底膜抗体腎炎を惹起させ、対照マウスと比較することにより、レプチンの存在が腎臓内でTh17細胞を誘導し、免疫反応を促進させることを明らかにしました(下図)。

肥満関連遺伝子と腎障害

膠原病に関する研究

関節リウマチに伴う反応性アミロイドーシス

 疾患活動性の高い関節リウマチ患者に合併する反応性アミロイドーシスは、症候性となると極めて予後不良であることが知られています。私共は生物学的製剤の積極的な導入によって、胃粘膜のアミロイド沈着が減少〜消失すること、さらには生命予後を改善させることを明らかにしました。

全身性エリテマトーデス(SLE)の長期予後

 SLEは若年女性に多発するため、長期予後を左右する合併症を防ぐことが重要視されています。SLE患者458名の50年以上にわたる長期予後を検討し、2000年以降に診断された患者は良好な生命予後であること、また高血圧や骨粗鬆症などの長期合併症対策の重要性を報告しています。

スタッフ
                            
後藤 眞   准教授 金子 佳賢  講師
和田 庸子  講師 中野 正明  医学部保健学科 教授
鈴木 芳樹  保健管理センター 教授 黒田 毅   保健管理センター 准教授
若杉 三奈子 地域医療長寿学 特任准教授 井口 清太郎 新潟地域医療学 特任教授
伊藤 由美  健康増進医学 特任准教授 山本 卓   血液浄化療法部 准教授
中枝 武司  助教 川村 和子  血液浄化療法部 特任准教授
小林 大介  特任助教 保坂 聖子  新潟地域医療学 特任助教
忰田 亮平  助教 佐藤 弘恵  保健管理センター 講師
蒲澤 佳子  健康増進医学 特任助教 後藤 佐和子  高次救命災害治療センター 特任助教
トップへ戻る