外来診療のご案内



県内唯一の大学病院として、眼科のあらゆる分野において全国トップレベルの診療ができる体制にあります。

眼科外来の場所

外来棟1階にあります。

※新外来棟オープン以降、外来入り口および受付がある階は「エントランス階」と改称しました。
 その上が1階となりますのでお間違いないようご注意ください。

外来棟入り口を入ったところ(エントランス階)

エスカレーターまたはエレベーターで上がると眼科受付があります

初めて受診される場合(新患)

診療日

月曜日~木曜日の毎日、新患の患者さんを受け付けています。
新患受診には他施設からの紹介と予約が必要です。
疾患ごとに専門外来の診療曜日が決まっています。
(各専門外来の担当曜日についてはこのページの「外来診療担当一覧」をご参照ください)

受付時間

午前8時30分から午前11時まで 。

紹介状をお持ちください

現在受診中の医療機関(病院、医院)からの紹介状(※1)をお持ちください。
平成23年3月より、紹介状をお持ちでない方の新患受診をお断りしております。

 ※1 当科あての紹介状(診療依頼)に限ります。当科あてではない紹介状、紹介状ではない書面(健康診断の結果など)をご持参の場合は受診をお断りしています。

新患予約制について

平成25年4月より、受診療中の医療機関(病院、医院)と当院病診連携室を通じて新患受診の予約が可能となりました(※2)。  (医療連携についてはこちらへ)
予約は疾患に応じた専門外来の日にお取りします。
緊急を要する状況で、医療機関からの連絡をこちらがあらかじめ受けている場合に限り、予約なしでも新患受診は可能です。

 ※2 患者さんご自身では新患受診予約はとれません

新患診察の流れ

問診、視力検査、眼圧検査などの後に、新患担当医師または専門外来医師師が診察します。
新患は原則として散瞳(点眼薬で瞳孔を広げる)して眼底検査まで行います。散瞳後は数時間、かすんで見える、まぶしい、といった状態が続きます。この間、自動車やバイクの運転は危険ですのでお控えください。また細かいものも見づらくなりますので、受診後当日はお仕事や学校の授業に支障をきたす場合もあります。

注意事項

大学病院には、重症の眼疾患の患者さんが県内外から多数受診されます。各種の特殊検査などで一人一人の患者さんの診察に長い時間がかかります。時間に十分な余裕をもって来院してください。

2回目以降、受診される場合(再診)

専門外来

2回目以降の再来は、疾患に応じた専門外来を受診していただきます。
専門外来の診療日は曜日が決まっています。(このページの「外来診療担当一覧」をご参照ください)
相当する専門外来がない疾患は、一般再来または当日の外来担当医師が診療します。

初診以後は次回の受診予約をとりますので、原則予約日に来院してください。もし都合が悪く予約日に来院できなかった場合は予約を取り直しますので外来受付にご連絡ください。

予約外で来院された場合、受診をお断りすることがあります。また予約外受診が可能な場合でも、予約患者さんの診察終了後までお待ちいただきます。
予約外受診は時間の都合で検査、診察が十分に行えない可能性もありますのでご注意ください。

大学への外来通院がいったん終了した患者さん、通院が長期間(目安として1年以上)中断した患者さんは、初めて受診される患者さんと同様に医療機関(病院、医院)からの紹介状を必ずご用意ください。

眼科外来へのお問い合わせ

電話 025-227-2615(外来受付)

外来診療担当一覧

平成25年8月~)

月曜

新患
長谷部講師
専門外来
緑内障  網膜硝子体

火曜

新患
松田講師
専門外来
神経眼科  斜視弱視  角膜・感染症  白内障  腫瘍・形成

水曜

新患
福地教授
一般再来
あり
専門外来
緑内障  網膜硝子体

木曜

新患
張助教
専門外来 
神経眼科  斜視弱視  網膜硝子体 角膜・感染症  白内障  腫瘍・形成

金曜

新患
なし
専門外来   
ビジョンサポート外来

入院のご案内



県内唯一の大学病院として、眼科のあらゆる分野において全国トップレベルの診療ができる体制にあります。

眼科病棟の場所

東館6階にあります。
新潟大学医歯学総合病院への行き方・連絡先など詳細についてはこちらをご覧ください。



入院するためには

入院の予約

眼科入院は原則として予約制です。入院予約するためには眼科外来の受診が必要です。

※外来受診時に緊急性が高いと判断される場合や、他の医療施設から前もって連絡を受けている場合には、予約なしでも入院していただくことがあります。

病室の選択

病室は4人部屋または個室となります。
個室をご希望の方は必ず入院予約時にお申し付けください。入院後に4人部屋から個室に変更するのは、空室がなく困難です。
個室の入院費は4人部屋よりも割高となります。

入院の日程

特殊な場合を除いて入院予定日を指定することはできません。
おおまかな時期については承りますが、確約はできませんのでご了承ください。

入院待ちの間

入院の準備

入院予約の際に、必要な書類やお持ちいただくもの(くわしくはこちら)をご案内します。入院までにご準備ください。

入院の連絡

入院の順番が近づくと入院係の医師から連絡があります。入院日をご相談のうえ、指定された日に病院へおいでください。

入院待ちの期間について

入院予約から入院するまでお待ちいただく期間は、疾患の種類などにより個々の患者さんで異なりますのでご了承ください。
大学病院の性質上、重症の眼疾患の患者さんが集中してしまいます。入院の順番については重症の方を優先せざるを得ませんので、なにとぞご理解くださいますようお願いいたします。

入院待ち期間に再診予約が入っている方は

入院待ちの間に次の外来診療の予約が入っている場合は、必ず受診してください。この日は入院ではありませんのでご注意ください。

いよいよ入院

まずどこへ?

東6階眼科病棟のナースステーションまでおいでください。

入院期間

入院期間は疾患の種類などにより個々の患者さんで大きく異なります。

その他、入院についての詳細

付き添い、ご面会、入院料の支払いなどについてはこちらをご覧ください。



眼科病棟へのお問い合わせ

電話 025-227-2612