ホーム > 小児整形外科

専門外来のご案内

小児整形外科

 予防医学の発展や少子化の影響もあり、整形外科におけるこどもの疾患の頻度は少なくなりましたが、その分小児整形外科は専門性の高い分野として確立しています。常にこどもの成長を考えながら診断・治療を進めていきます。例えば、こどもは骨折をしても、大人よりも治りが早く、多少の変形は自分の力で修正できるといった、素晴らしい再生能力を持っています。その力を借りながら、適切な時期に必要な治療をすることで、健常な運動器の成長を助けていきます。

手術実績
股関節疾患 先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭辷り症、化膿性股関節炎、単純性股関節炎など(股関節ではエコー検査を活用しています。特に生後半年ぐらいまでの乳児では有用です)
膝関節疾患 先天性膝関節脱臼など
足部疾患 先天性内反足(原則的にPonseti法に基づいた治療を行っています)、外反扁平足、麻痺性足部変形など
脚長不等 片側肥大症、片側萎縮症、外傷後遺症など
神経疾患 二分脊椎症、脳性麻痺など
斜頚 筋性斜頚、炎症性斜頚など
下肢アライメント異常 O脚、X脚、歩容異常など
その他 骨系統疾患、血友病性関節症など

 特に入院・手術を要するような疾患では、他の診療グループ、小児科をはじめとする他科と連携して治療を行います。また、常に新しい情報・技術を取り入れて、より良い医療を提供できるよう努力していきます。