新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成30年(2018年) - 教室業績集

平成30年(2018年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Sano S, Nakamura A, Matsubara K, Nagasaki K, Fukami M, Kagami M, Ogata T.( Epi)genotype-Phenotype Analysis in 69 Japanese Patients With Pseudohypoparathyroidism Type I. J Endocr Soc. 2017 Nov 21;2(1):9-23. doi: 10.1210/js.2017-00293. eCollection 2018 Jan 1.
  2. Ishii T, Adachi M, Takasawa K, Okada S, Kamasaki H, Kubota T, Kobayashi H, Sawada H, Nagasaki K, Numakura C, Harada S, Minamitani K, Sugihara S, Tajima T.Incidence and Characteristics of Adrenal Crisis in Children Younger than 7 Years with 21-Hydroxylase Deficiency: A Nationwide Survey in Japan.Horm Res Paediatr. 2018 Feb 16.
  3. Horikoshi Y, Okazaki K, Miyokawa S, Kinoshita K, Higuchi H, Suwa J, Aizawa Y, Fukuoka K. Sibling visitations and viral infections in the neonatal intensive care unit. Pediatr Int 60: 153-156, 2018
  4. Aizawa Y, Suwa J, Higuchi H, Fukuoka K, Furuichi M, Kaneko T, Morikawa Y, Okazaki K, Shimizu N, Horikoshi Y. Antimicrobial Stewardship Program in a Pediatric Intensive Care Unit. J Pediatric Infect Dis Soc. 2018 Apr 23. doi: 10.1093/jpids/piy031.
  5. Kubota T, Nakayama H, Kitaoka T, Nakamura Y, Fukumoto S, Fujiwara I, Hasegawa Y, Ihara K, Kitanaka S, Koyama S, Kusuda S, Mizuno H, Nagasaki K, Oba K, Sakamoto Y, Takubo N, Shimizu T, Tanahashi Y, Hasegawa K, Tsukahara H, Yorifuji T, Michigami T, Ozono K. Incidence rate and characteristics of symptomatic vitamin D deficiency in children: a nationwide survey in Japan. Endocr J. 2018 Mar 10. doi: 10.1507/endocrj.EJ18-0008. [Epub ahead of print]
  6. Takasawa K, Tsuji-Hosokawa A, Takishima S, Wada Y, Nagasaki K, Dateki S, Numakura C, Hijikata A, Shirai T, Kashimada K, Morio T. Clinical characteristics of adolescent cases with type A insulin resistance syndrome caused by heterozygous mutations in the β-subunit of INSR. J Diabetes. 2018 Jun 6. doi: 10.1111/1753-0407.12797. [Epub ahead of print]
  7. Sano M, Takahashi N, Nagasaki K, Oishi M, Yoshimura J, Fujii Y. Polysomnography as an indicator for cervicomedullary decompression to treat foramen magnum stenosis in achondroplasia. Childs Nerv Syst. 2018 Jun 29. doi: 10.1007/s00381-018-3880-0. [Epub ahead of print]
  8. Sonoda K, Ohno S, Ozawa J, Hayano M, Hattori T, Kobori A, Yahata M, Aburadani I, Watanabe S, Matsumoto Y, Makiyama T, Horie M. Copy number variations of SCN5A in Brugada syndrome. Heart Rhythm. 2018 Mar 21. pii: S1547-5271(18)30254-6. doi: 10.1016/j.hrthm.2018.03.033. [Epub ahead of print]
  9. Ozawa J, Ohno S, Fujii Y, Makiyama T, Suzuki H, Saitoh A, Horie M. Differential Diagnosis Between Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia and Long QT Syndrome Type 1 - Modified Schwartz Score. Circ J. 2018 Jun 21. doi: 10.1253/circj.CJ-17-1032. [Epub ahead of print]
  10. Baruteau AE, Kyndt F, Behr ER, Vink AS, Lachaud M, Joong A, Schott JJ, Horie M, Denjoy I, Crotti L, Shimizu W, Bos JM, Stephenson EA, Wong L, Abrams DJ, Davis AM, Winbo A, Dubin AM, Sanatani S, Liberman L, Kaski JP, Rudic B, Kwok SY, Rieubland C, Tfelt-Hansen J, Van Hare GF, Guyomarc'h-Delasalle B, Blom NA, Wijeyeratne YD, Gourraud JB, Le Marec H, Ozawa J, Fressart V, Lupoglazoff JM, Dagradi F, Spazzolini C, Aiba T, Tester DJ, Zahavich LA, Beauséjour-Ladouceur V, Jadhav M, Skinner JR, Franciosi S, Krahn AD, Abdelsayed M, Ruben PC, Yung TC, Ackerman MJ, Wilde AA, Schwartz PJ, Probst V. SCN5A mutations in 442 neonates and children: genotype-phenotype correlation and identification of higher-risk subgroups. Eur Heart J. 2018 Jul 27. doi: 10.1093/eurheartj/ehy412. [Epub ahead of print]
  11. T. Ikuse, R. Habuka, Y. Wakamatsu, T. Nakajima, N. Saitoh, H. Yoshida, B. Chang, M. Morita, M. Ohnishi, K. Oishi and A. Saitoh Local outbreak of Streptococcus pneumoniae serotype 12F caused high morbidity and mortality among children and adults Epidemiology & Infection Published online: 02 August 2018
  12. Umeki I, Niihori T, Abe T, Kanno SI, Okamoto N, Mizuno S, Kurosawa K, Nagasaki K, Yoshida M, Ohashi H, Inoue SI, Matsubara Y, Fujiwara I, Kure S, Aoki Y. Delineation of LZTR1 mutation-positive patients with Noonan syndrome and identification of LZTR1 binding to RAF1-PPP1CB complexes. Hum Genet. 2018 Oct 27. doi: 10.1007/s00439-018-1951-7. [Epub ahead of print]
  13. Akira Kobayashi. Thyroid function in asphyxiated newborns who received hypothermia therapy. Pediatr Int. 2018;60(5):433-437
  14. Okumura R, Yamazaki S, Ohashi T, Magara S, Tohyama J, Sakuma H, Hayashi M, Saitoh A, Neuropsychiatric Disorder Associated with Group G Streptococcus Infection. Okumura R, Yamazaki S, Ohashi T, Magara S, Tohyama J, Sakuma H,Hayashi M, Saitoh A. Case Reports in Pediatrics. 2018 Sep 23; 2018: 6047318.doi: 10.1155/2018/6047318. eCollection 2018. [Epub ahead of print]
  15. Izumita R, Deuchi K, Aizawa Y, Habuka R, Watanabe K, Otsuka T, Saitoh A. Intrafamilial Transmission of Parechovirus A and Enteroviruses in Neonates and Young Infants. J Pediatric Infect Dis Soc, 2018 (Epub ahead of print).
  16. Izumita R, Aizawa Y, Watanabe K, Saitoh A. Persistence of High Neutralizing Antibody Titers after Neonatal and Early Infantile Infection with Parechovirus-A3. Pediatr Infect Dis J, 2018 (Epub ahead of print).
  17. Abe T, Tsuda E, Sugiyama H, Kiso K, Yamada O. Risk factors of non-sustained ventricular tachycardia by technetium-perfusion imaging in patients with coronary artery lesions caused by Kawasaki disease. Journal of Cardiology (in press)
  18. Nitahara Y, Tachibana Y, Okuyama M. Retrospective study of the association between child abuse reports and risk factors. Int J Child Health Hum Dev 2018-11(3)

英文総説

英文症例報告

  1. Nagasaki K, Nishimura G, Kikuchi T, Nyuzuki H, Sasaki S, Ogawa Y, Saitoh A. Nonsense mutations in FZD2 cause autosomal- dominant omodysplasia: Robinow syndrome-like phenotypes. Am J Med Genet Part A. 2018;1–4. https://doi.org/10.1002/ajmg.a.38623
  2. Ugai S, Aizawa Y, Kanayama T, Saitoh A. Parvovirus B19: A Cause of Sepsislike Syndrome in an Infant. Pediatrics 141: e20171435, 2018
  3. Ozawa J, Ohno S, Saito H, Saitoh A, Matsuura H, Horie M. A novel CACNA1C mutation identified in a patient with Timothy syndrome without syndactyly exerts both marked loss- and gain-of-function effects. Heart Rhythm Case Rep. 2018;4:273-277
  4. Suzuki R, Aizawa N, Wada M, Suzuki H, Saitoh A. Pharyngolaryngeal Edema in Mumps Virus Infection: Rare Complication, Pediatrics International. 2018; 60: 493-4.

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

(3)一般講演

  1. Nagasaki K, et al. A novel nonsense DICER1 mutation identified in a family with the childhood onset multinodular goiter and various thyroid diseases. 57th Annual Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology-ESPE 2018, Athens-Greece,2018.9.27-29
  2. Aizawa Y. Risk factors of Multidrug-resistant Gram-negative Bacterial Bloodstream Infections in Children’s Hospitals in Japan. ID week 2018 [Poster number: 2334]: San Francisco, USA, October 3-7, 2018
  3. Ozawa J. T-wave alternans induced by sudden heart rate acceleration in an infant with Timothy syndrome, The 11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session, 台北, Oct 17-20, 2018
  4. Otsuka T. Mechanism of Resistance of Non-typeable Haemophilus influenzae to Antisense Peptide-Peptide Nucleic Acid Conjugates. ASM Microbe 2018 [Abstract: AAR08-598], Atlanta, USA, June 7-11, 2018
  5. Aizawa Y. Relationship between Postoperative Antibiotic Prophylaxis in Tonsillectomy and Secondary Postoperative Hemorrhage in Children. The 9th Asian Congress of Pediatric Infectious Diseases, Fukuoka, Japan, November 10-12, 2018
  6. Nagasaki K, et al.PTEN mutation in a Japanese boy with autonomously functioning thyroid nodule. 10th Asia Pacific Paediatric Endocrine Society Scientific Meeting-APPES 2018, Chang Mai-Thailand,2018.11.14-17
  7. Takayuki Yamanaka, Hanako Funakoshi, Kahoru Fukuoka, Yuta Aizawa, Kazue Kinoshita, Yuho Horikoshi. Extended spectrum beta-lactamase genes among clinically isolated gram negative bacilli at a Japanese children’s hospital. The 36th European Society for Pediatric Infectious Diseases, Malmo, 2018.5.27-6.1
  8. Akira Kobayashi. Impact of the Grade of Histologic Chorioamnionitis on Neurodevelopmental Outcomes in Very Low Birth Weight Infants. Pediatric Academic Societies Meeting, Toronto, May 5-8, 2018
  9. Yukie Izumita, Transient Central Congenital Hypothyroidism due to Maternal Graves’ disease, 57th ESPE 2018, 2018.9.27-29
  10. Tadaaki Abe. Erosion of Figulla Flex Ⅱ device after closure of atrial septal defect presenting as cardiac tamponade. Pediatric and Adult interventional Cardiac Symposium. Las Vegas, Nevada, USA. 2018.
  11. Izumita R, Aizawa Y, Watanabe K, Saitoh A. Long-term Neurological Outcome and Neutralizing Antibody Titers against Paraechovirus-A3 (PeV-A3) in Children who Developed PeV-A3-Related Diseases in Neonatal and Infantile Periods. Infectious Disease Society of America, 56th Annual Meeting, San Francisco, CA, October, 2018
  12. Izumita R, Aizawa Y, Watanabe K, Saitoh A. Neutralizing Antibody Titers against Parechoivirus-A3 (PeV-A3) and Long-term Neurological Outcome in Children who Suffered from PeV-A3-Related Diseases in Neonatal and Infantile Periods. Asian Society for Pediatric Infectious Disease, 9th Asian Congress of Pediatric Infectious Diseases, Fukuoka, November, 2018

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 相澤悠太. 症例 14 胃腸炎の診断で思考を止めない. 帰してはいけない小児外来患者2 子どもの症状別診断へのアプローチ. 医学書院, 東京. 2018: 116-120.
  2. 相澤悠太. ヒトパレコウイルス感染症. 小児の治療指針. 小児科診療2018年増刊号 2018: 178-180.
  3. 長崎啓祐. 第8章 9 先天性副甲状腺機能低下症(偽性も含めて)日本内分泌学会編集 内分泌代謝科専門医研修ガイドブック 診断と治療社 p 363-365, 2018
  4. 相澤悠太, 齋藤昭彦. 遺伝子診断(PCR、real-time PCR). ウイルス検査法―臨床と検査室のための手引き―. 日本臨床ウイルス学会. 2018:38-44.
  5. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症マススクリーニング. 周産期内分泌疾患の必修知識. 周産期医学. 東京:東京医学社:48(11), 1531-1535, 2018
  6. 長崎啓祐.小児甲状腺疾患 ①先天性甲状腺疾患. 日本甲状腺学会編集. 甲状腺専門医ガイドブック改定第2版. 東京:診断と治療社;2018. pp.223-230.
  7. 星名潤.家族からの退院説明がわかる NICUからの退院支援とっておきノート お家での呼吸管理が必要なケース.NEONATAL CARE 37巻12号,メディカ出版,大阪市: 37-45,2018
  8. 星名潤.母と子の診断羅針盤 【新生児編】消化器 哺乳障害.周産期医学47巻増刊号,東京医学社,東京: 350-355,2017
  9. 長崎啓祐. 甲状腺機能亢進症と甲状腺中毒症ー新生児一過性甲状腺機能亢進症・中毒症を含めてー. 小児疾患の診断治療基準第5版 「小児内科」「小児外科」編集委員会共編. 東京医学社. 東京; 小児内科 vol.50増刊号, p218-219, 2018
  10. 小川洋平. 非アルコール性脂肪性肝疾患. 小児疾患の診断治療基準 第5版 「小児内科」「小児外科」編集委員会共編. 小児内科2018 Vol. 50 増刊号. 東京医学社, 東京:192-193, 2018

和文原著

  1. 石井翔, 張慶哲, 福岡かほる, 山中崇之, 村井健美, 磯貝美穂子, 相澤悠太, 堀越裕歩. 血尿を呈した小児患者におけるBKウイルス検出の意義. 小児感染免疫 29: 316-321, 2018
  2. 堀越裕歩, 村井健美, 木下和枝, 樋口浩, 上原由紀, 秋山聡香, 吉田知広, 阿部裕樹, 山中崇之, 藤原直樹. 東京都, 新潟県, 沖縄県におけるUSA300株による侵襲性MRSA感染症の乳児例. IASR 39: 124-125, 2018
  3. 米田立, 舟越葉那子, 石井翔, 荒木孝太郎, 村井健美, 福岡かほる, 相澤悠太, 堀越裕歩. 小児の侵襲性肺真菌症における診断方法と検査特性. 小児感染免疫30: 107-113, 2018
  4. 大北恵子, 相澤悠太, 福岡かほる, 堀越裕歩. 小児侵襲性A群溶血性レンサ球菌感染症のemm型分析. 小児感染免疫30: 115-120, 2018
  5. 曽根田京子, 山中崇之, 相澤悠太, 森川和彦, 宮川知士, 太田憲和, 下村哲史, 堀越裕歩. BCG骨髄炎の長期予後. 小児科臨床71: 1389-1393, 2018
  6. 山崎肇, 永山善久, 大石昌典, 佐藤尚, 臼田東平, 阿部忠朗. 当院でGH治療を施行されたSGA性低身長児に関する考察. 新潟市民病院医誌39:23-28, 2018
  7. 山中崇之、北島博之、森内浩幸、堀越裕歩.日本の新生児医療における多剤耐性グラム陰性桿菌の疾病負荷.日本新生児成育医学会雑誌 30:121-128, 2018
  8. 柴田奈央、入月浩美、佐藤英利、内山絢乃、野村道代、帆苅恵子、浅見直、長崎啓祐. 新生児マススクリーニングTSH高値を呈したDown症候群の頻度と臨床的特徴. 日本マススクリーニング学会誌. 28(3):47-52, 2018

和文総説

  1. 長崎啓祐. 内分泌代謝疾患における小児から成人へのトランジション〜小児科からのメッセージ〜 先天性甲状腺機能低下症. 内分泌・糖尿病・代謝内科 46:180-184, 2018
  2. 山中崇之、齋藤昭彦.細菌性髄膜炎.小児内科 50:606-609,2018
  3.  
  4. 相澤悠太. 抗菌薬の適正使用と院内感染対策について考える:感染性心内膜炎. 小児科臨床 71: 2549-2551, 2018
  5. 相澤悠太. 抗菌薬の適正使用と院内感染対策について考える:菌血症. 小児科臨床 71: 2552-2554, 2018
  6. 相澤悠太. 抗菌薬の適正使用と院内感染対策について考える:カテーテル関連血流感染. 小児科臨床 71: 2555-2557, 2018

和文症例報告

  1. 鈴木貴大, 山中崇之, 相澤悠太, 堀越裕歩. Exophiala dermatitidisによるカテーテル関連血流感染症の2歳女児例. 小児感染免疫 30: 33-37, 2018
  2. 木下彩希, 相澤悠太, 荒木孝太郎, 新井真衣, 堀越裕歩. 熱帯熱マラリアと卵形マラリアの混合感染をきたしたギニア人女児例. 小児感染免疫30: 139-144, 2018
  3. 新井緑, 張慶哲, 小川優一, 荒木孝太郎, 相澤悠太, 幡谷浩史, 堀越裕歩. 遷延性発熱の原因が先天性皮膚洞感染症であった3例. 小児感染免疫30: 145-151, 2018
  4. 田中真奈,丸山茂,須田昌司,長崎啓祐.歩行開始後に低身長と姿勢異常を契機に診断した両側先天性股関節脱臼の1例.日本小児科学会雑誌122(7):1209-1212, 2018
  5. 丸山馨、入月浩美、佐々木直、小川洋平、長崎啓祐、齋藤昭彦. 正常子宮サイズと女性外性器を有する45,X/47,XYY 核型のTurner 症候群. 日本小児科学会雑誌122(12):1850-1854, 2018
  6. 幾瀨樹,谷知行,齋藤なか,吉田宏,齋藤昭彦.アジスロマイシンが奏効した小児ツツガムシ病の一例.鶴岡市立荘内病院医学雑誌.29:ページ未定,2018[in press]

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 長崎啓祐. 成長曲線を用いた学校保健の現状〜新潟市の取り組みについて〜(特別講演)第19回東北小児成長フォーラム. 仙台. 2018.1.26
  2. 長崎啓祐. 「新しく始まった成長曲線を用いた学校保健の現状」〜新潟市の取り組みについて〜(教育講演) 第172回 日本小児科学会埼玉地方会.さいたま市. 2018.5.13
  3. 細貝亮介. 血友病診療の最近の話題(特別講演). 新潟地区小児血友病連携セミナー. 新潟. 2018.6.22
  4. 長崎啓祐. 低ホスファターゼ症に対するアスホターゼアルファ治療中の管理のポイント(教育セミナー LS5). 第52回日本小児内分泌学会学術集会. 東京. 2018.10.4
  5. 長崎啓祐. 「成長曲線からみた児童生徒の健康管理」〜新潟市の取り組みについて〜 (特別講演)新潟県医師会学校保健研修会(糸魚川地区).糸魚川市. 2018.10.25
  6. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症における小児から成人へのトランジション(教育講演). 第61回日本甲状腺学会学術集会. 専門医教育セミナーⅠ. 川越市. 2018.11.23
  7. 小川洋平.教育講演「1型糖尿病幼児の教育・保育施設への入園に関する調査報告 ~1型糖尿病園児への接し方について考える~」. 平成30年度新潟市保健衛生講習会,新潟市, 2018.6.27
  8. 小川洋平. 特別講演「カーボカウントについて考える ~カーボカウントを取り入れた血糖コントロール~」. 第13回新潟県中越地区糖尿病療養指導士研究会, 長岡市, 2018.12.8

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 長崎啓祐. 副甲状腺機能低下症の治療Update; 偽性副甲状腺機能低下症のマネジメント. 第91回日本内分泌学会学術総会. 宮崎市. 2018.4.27
  2. 長崎啓祐. 内分泌疾患マススクリーニング診療における遺伝子検査の重要性〜どのような時に必要か、どう進めれば良いか〜 S2 先天性中枢性甲状腺機能低下症に関して 第45回日本マススクリーニング学会学術集会. さいたま市. 2018.08.18
  3. 大塚岳人.アンチセンス薬剤とは何か? ~選択的除菌を可能にする新しい抗菌薬~.第28回外来小児科学会年次集会. 2018.8.24-26、東京
  4. 相澤悠太. 見逃されそうな小児の感染症制御策. ウイルス感染症と不顕性感染者対策. 第50回日本小児感染症学会総会・学術集会, 福岡, 2018.11.10
  5. 小川洋平. シンポジウム「DOHaDと成人慢性疾患発症」、DOHaDと生活習慣病の起源. 第48回日本腎臓病学会西部学術大会, 徳島市, 2018.9.29
  6. 今村勝. 当科における小児がん診療および口腔ケアについて. 第4回日本がん口腔支持療法学会学術大会, 新潟市, 2018.12.1

(3)一般講演

  1. 長崎啓祐. FZD2変異を同定したOmodysplasia2型の1例. 第40回日本小児遺伝学会学術集会(口演). 東京, 2018.1.13
  2. 泉田侑恵. 母体の Basedow 病に起因した、一過性中枢性甲状腺機能低下例と考えられる女児例 . 第9回信越・北関東小児内分泌セミナー, 長野市, 2018.2.10
  3. 松下仁美. 体重増加不良を契機に診断した軽症低ホスファターゼ症の1例. 第9回信越・北関東小児内分泌セミナー, 長野市, 2018.2.10
  4. 佐々木直. 甲状腺形成異常は、Oculo-auriculo-vertebral spectrumを高率に合併する. 第91回日本内分泌学会学術総会. 宮崎市. 2018.4.27(若手臨床内分泌医育成委員会企画:Clinical Endocrinology KO rounds 高得点演題)
  5. 柴田奈央. 新生児マススクリーニングTSH高値で発見されるDown症候群の頻度と臨床的特徴. 第121回日本小児科学会学術集会. 福岡市. 2018.4.17
  6. 田屋光将. ビタミンD欠乏を合併した副甲状腺機能低下症の13歳男児. 第228回日本小児科学会新潟地方会, 新潟市, 2018.5.12
  7. 今村勝. 低身長を伴うRefranctory cytopenia of childhoodでターゲットシークエンスによりShwachman-Diamond syndromeと判明した1例. 第25回小児再生不良性貧血治療研究会, 名古屋市, 2018.5.26
  8. 廣嶋省太. 重症の甲状腺機能低下症を契機に発見された無痛性甲状腺炎の2例. 第53回新潟小児内分泌談話会. 新潟市. 2018.06.15
  9. 谷知行. 母体の男性化副腎腫瘍による46, XX 性分化異常症. 第107回新潟内分泌代謝同好会. 新潟市. 2018.06.16
  10. 長谷川博也. 生後3か月に心不全で発症し補体H因子の遺伝子変異を認めた非典型溶結性尿毒症症候群の1例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会. 福島市. 2018.06.30
  11. 細貝亮介. 血友病患者における半減期延長製剤による定期補充中の破綻出血の対応. 第40回日本血栓止血学会学術集会. 札幌. 2018.6.30
  12. 山崎肇.当院でGH治療を施行したSGA性低身長に関する考察. 第54回日本周産期・新生児医学会, 東京都, 2018.7.9
  13. 金子昌弘. 尿細管間質性腎炎発症2年後にぶどう膜炎を認めたTINU症候群の女児例. 第53回日本小児腎臓病学会学術集会. 福島市. 2018.06.30
  14. 山崎肇. 当院でGH治療を施行したSGA性低身長についての検討. 第30回新潟周産母子研究会, 新潟市, 2018.7.28
  15. 桑原春洋. 在胎35週未満の早産児における臍帯血IgM高値の病的意義に関する検討. 第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会, 東京, 2018.7.10
  16. 柴田奈央. DUOX2異常症において乳幼児レボチロキシンNa投与量から一過性CHを予測する既報cut-off値を用いた検討. 第45回日本マススクリーニング学会学術集会. さいたま市. 2018.08.18
  17. 長崎啓祐. 母体のアンドロゲン産生副腎腫瘍による46, XX 性分化疾患. 第19回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. 東京. 2018.9.8(会長賞受賞)
  18. 佐々木直. 汎下垂体機能低下症を呈した小児期発症の非機能性下垂体腺腫の2例、及び当院の小児下垂体腺腫の臨床的特徴. 第19回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. 東京. 2018.9.8
  19. 廣嶋省太. 無痛性甲状腺炎の回復期に低Ca血症が顕在化した22q11.2欠失症候群による副甲状腺機能低下症の成人例. 第19回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. 東京. 2018.9.8
  20. 今村勝. 再発未分化大細胞型リンパ腫に対する非血縁者間骨髄移植後に発症したEBV-positive mucocutaneous ulcerの1例. 第3回小児血液・がん症例検討会 in 中部. 新潟市. 2018.9.11
  21. 長崎啓祐. 巨大精巣と機能性甲状腺結節を呈し体細胞モザイクGNAS変異を同定したPTEN異常症. 第52回日本小児内分泌学会学術集会. 東京. 2018.10.5
  22. 廣嶋省太. 重症の甲状腺機能低下症を契機に発見された無痛性甲状腺炎の2例. 第52回日本小児内分泌学会学術集会. 東京. 2018.10.4
  23. 谷 知行. 母体の男性化副腎腫瘍による46, XX 性分化異常症. 第52回日本小児内分泌学会学術集会. 東京. 2018.10.5
  24. 佐々木直. 汎下垂体機能低下症を呈した小児期発症の非機能性下垂体腺腫の2例〜当院の小児下垂体腺腫の臨床的特徴〜 第52回日本小児内分泌学会学術集会. 東京. 2018.10.5
  25. 柴田奈央. 新生児マススクリーニングTSH高値で発見されるDown症候群の頻度と臨床的特徴. 第52回日本小児内分泌学会学術集会. 東京. 2018.10.6
  26. 田中岳. 当院における切迫早産治療と高カリウム血症の関係についての研究. 第140回新潟新生児懇話会,新潟,2018.3.14
  27. 田中岳. 一過性高血圧を認めた乳幼児突発性危急事態による低酸素性虚血性脳症の一例. 第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会, 東京, 2018.7.10
  28. 田中岳. 新潟県における2017-2018シーズンRSウイルス感染症入院調査. 第142回新潟新生児懇話会,新潟,2018.10.5
  29. 田中岳. 2017-2018シーズン新潟県におけるRSV感染症の流行状況に関する多施設共同研究, 第63回日本新生児成育医学会学術集会,東京,2018.11.23
  30. 澤野堅太郎,糖尿病性ケトアシドーシス初期治療の輸液とBase Excess変化の検討,日本小児内分泌学会学術集会,東京,2018.10.5
  31. 小澤淳一. 新生児期から治療した心外合併症のないQT延長症候群8型の2例. 第54回日本小児循環器学会総会・学術集会, 横浜, 2018.7.6
  32. 小澤淳一. QT延長による2:1房室ブロックを指摘されTimothy症候群と診断された新生児例. 第37回新潟小児循環器談話会, 新潟, 2018.9.29
  33. 大塚岳人.アンチセンス薬剤は無莢膜型インフルエンザ菌にどのように作用するのか?. 第67回日本感染症学会東日本地方会 2018.10.24-26、東京
  34. 山中崇之.膿胸を合併したMRSAによる肋骨骨髄炎の乳児例.第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会.東京、2018.10.24-26
  35. 山中崇之、舟越葉那子、福岡かほる、相澤悠太、堀越裕歩.小児医療専門施設で検出された基質拡張型βラクタマーゼ産生菌のタイピング.第50回日本小児感染症学会.福岡、2018.11.9-11
  36. 笠原靖史. Superior Activity of NKp44-CAR-T Cells in Comparison with ExVivo Expanded Activated NK cells or NKp30-CAR-T cells. 第60回日本小児血液・がん学会学術集会, 京都市, 2018
  37. 笠原靖史. Development of CAR-T therapy using NKp44 ectodomain for antigenrecognition. 第10回血液疾患免疫療法学会学術集会, 東京都文京区, 2018
  38. 笠原靖史. NKp44キメラ抗原受容体による新しいがん免疫治療の開発. 第228回日本小児科学会新潟地方会,新潟市, 2018
  39. 小林玲. 早産児の慢性肺疾患管理における血清KL-6の臨床的意義. 第31回日本新生児慢性肺疾患研究会、さいたま市、2018
  40. 長崎啓祐. 結節毎に異なる体細胞変異を同定した多結節性甲状腺腫を伴うDICER1胚細胞変異例. 第61回日本甲状腺学会学術集会. 川越市. 2018.11.24
  41. 小川洋平. GAD抗体・ICA陰性でZnT8抗体が陽性であった緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)の小児例. 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,新潟市,2018.1.20
  42. 小川洋平.1型糖尿病幼児の教育・保育施設への入園に関する調査. 第61回日本糖尿病学会学術集会. 東京, 2018.5.25
  43. 小川洋平.新潟小児糖尿病コホート2017年調査中間報告.第53回新潟小児内分泌談話会,新潟市,2018.6.15
  44. 小川洋平. 幼児から成人まで幅広い年齢層の1型糖尿病患者とその家族が参加できるキャンプの試み. 24回日本小児思春期糖尿病学会年次学術集会,大阪府,2018.7.15
  45. 小川洋平. 教育・保育施設を対象とした1型糖尿病幼児入園に関する意識調査. 第52回日本小児内分泌学会学術集会,大阪府,2018.10.5
  46. 小川洋平. 教育・保育施設における1型糖尿病幼児入園に関する調査. 第28回日本保育保健学会 in 新潟,新潟, 2018.10.13
  47. 小川洋平. 学校検尿を契機に発見されたインスリン受容体異常症A型の1例. 第108回新潟内分泌代謝同好会,新潟, 2018.12.1
  48. 太刀川潤. 国保旭中央病院における異物誤飲症例についての検討. 第10回日本子ども虐待医学会学術集会, 高松市, 2018.08.04
  49. 泉田侑恵, recombinant human IGF-1にてコントロール困難な Rabson-Mendenhall症候群の長期経過, 第52回小児内分泌学会, 2018.10.5
  50. 泉田侑恵、母体のBasedow病に起因した、一過性中枢性甲状腺機能低下症と考えられる女児例、第228回日本小児科学会新潟地方会、2018.5.12
  51. 馬場恵史.Fontan術後のconduit狭窄に対するstent留置の有効性と安全性の検討.第28回日本Pediatric Interventional Cardiology.2018.1.27
  52. 馬場恵史.単心室血行動態姑息術段階のFocal ATに対するカテーテルアブレーション.第54回日本小児循環器学会総会学術集会.2018.7.7
  53. 小澤淳一. 月経中に心イベントを起こしたQT延長症候群2型の女児2例. 第23回小児心電学会学術集会, 奈良, 2018.12.1
  54. 阿部忠朗. FFⅡ留置後detachできなかった1例. 第4回Informal JPIC関東甲信越研究会. 神奈川県, 2018.
  55. 阿部忠朗. Erosion症例からみた経皮的心房中隔欠損閉鎖術における危険因子の検討. 第54回日本小児循環器学会総会・学術集会. 神奈川県, 2018.
  56. 阿部忠朗. A successful placement of overlapped Cribriform devices for multiple fenestrated ASD with septal aneurysm. 第29回JPIC学術集会. 福岡県, 2018
  57. 太刀川潤. 酸素投与が有効であった群発頭痛の12歳女児例. 第229回日本小児科学会新潟地方会, 新潟市, 2018.12.08
  58. 篠原健. 経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン接種後に発症した腸管壁気腫の1例.第54回日本周産期・新生児医学会学術集会.東京都、2018.7.10
  59. 村井英四郎.Morganella morganiiによる化膿性脊椎炎の1例.第121回日本小児科学会学術集会,福岡市,2018.4.21
  60. 村井英四郎.多彩な合併症を呈した溶血性尿毒症症候群の15歳女児例.第229回日本小児科学会地方会,新潟市,2018.12.8
  61. 廣嶋省太. 無痛性甲状腺炎の経過中に低Ca血症が顕在化した22q11.2欠失症候群による副甲状腺機能低下症の成人例. 第108回新潟小児内分泌代謝同好会. 新潟市. 2018.12.01
  62. 田屋光将. 抗大腸菌抗体陽性で診断し得た大腸菌O157感染症による溶血性尿毒症症候群の兄弟例. 第70回北日本小児科学会,秋田市,2018.9.16
  63. 山田慧.ステロイド依存性ネフローゼ症候群に合併した2型糖尿病がリツキシマブ投与で改善を認めた一例. 第70回北日本小児科学会,秋田市,2018.9.16

公開講座,その他の講演

     
  1. 今村勝. “生きる”を支えるがんの歯科医療 第36回口腔腫瘍学会総会・学術大会市民公開講座. 新潟市. 2018.1.27
  2. 山田慧. お悩み解消、知っておきたい正しい知識!睡眠・食事・運動について. 親子健康づくりコース,新潟市, 2018.2.3
  3. 廣嶋省太. SIADHを呈した鞍上部胚細胞腫瘍に対して、Tolvaptanを用いてNa濃度を制御しえた4歳女児例. TTT meeting 2018, 東京, 2018.2.17
  4. 柴田奈央. 頭蓋内hCG産生腫瘍による末梢性思春期早発を呈した女児例.TTT meeting 2018, 東京, 2018.2.17
  5. 長崎啓祐. 日本人ターナー症候群における腎泌尿器合併症とeGFRを用いた腎機能評価の横断的検討.TTT meeting 2018, 東京, 2018.2.17
  6. 長崎啓祐. SGA性低身長に対するGH治療の諸問題. ファイザー社内勉強会 新潟市. 2018.2.26
  7. 長崎啓祐. 成長曲線を用いた学校保健の活用. 新潟市医師会学校保健会研修会.新潟市 2018.04.11
  8. 長崎啓祐. 萎縮性甲状腺炎. 第1回 見て学ぶPEDフォーラム. 宮崎市. 2018.4.27
  9. 長崎啓祐. 性器出血3歳女児.第22回都立小児勉強会. 東京, 2018.6.23
  10. 長崎啓祐.乳児期の飢餓による下垂体低形成.第22回都立小児勉強会. 東京, 2018.6.23
  11. 佐々木直. 過成長、過体重の乳児例. 第22回都立小児勉強会. 東京, 2018.6.23
  12. 長崎啓祐. 2nd Heart to Heart Forum 思春期のこころとからだの不思議に迫る 「ここだけは押さえておきたい成長曲線を用いた健康診断」〜思春期の異常を見逃さない〜 大阪 2018.7.1
  13. 長崎啓祐. 周産期型、小児型HPPに対する長期ALP酵素補充療法の経過. HPP座談会. 仙台. 2018.9.1
  14. 長崎啓祐. 教科書には載っていない低身長診療のコツ(特別講演). 第2回栃木県小児内分泌談話会. 宇都宮市. 2018.9.12
  15. 廣嶋省太.『成長曲線を用いた学校保健の対応』症例提示「成長低下、肥満度悪化(4,5,7群異常)で見つかったターナー症候群」 第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  16. 泉田侑恵.『成長曲線を用いた学校保健の対応』「症例から考える、成長曲線を用いた学校検診」→市民病院を受診した症例のまとめ 第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  17. 佐々木直.『成長曲線を用いた学校保健の対応』「症例から考える、成長曲線を用いた学校検診」→大学病院を受診した症例のまとめ 第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  18. 長崎啓祐.『成長曲線を用いた学校保健の対応』新潟市の暫定基準と現状 第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  19. 谷知行.『先天代謝異常症を学ぶ』症例提示「新生児ゴーシェ病」 第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  20. 小貫孝則.『先天代謝異常症を学ぶ』症例提示「ミトコンドリア病(MELAS症候群)」第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  21. 入月浩美.『先天代謝異常症を学ぶ』「どのような症状から先天性謝異常症を疑うのか」 第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  22. 長崎啓祐.ワンポイントアドバイス『臨床研究の第一歩』第18回新潟小児内分泌セミナー.新潟市.2018.9.22
  23. 長崎啓祐. 甲状腺機能異常と小児の成長障害(特別講演)第3回静岡中部小児内分泌研究会. 掛川, 2018.10.12
  24. 相澤悠太. 基礎疾患のあるこどもへの予防接種. 平成30年度日本医師会生涯教育講座, 長岡会場, 2018.10.13
  25. 長崎啓祐. 医療講演会 ターナー症候群について(医療講演)小児慢性特定疾病児童等自立支援事業. 新潟市, 2018.10.14
  26. 廣嶋省太. 重症の甲状腺機能低下症を契機に発見された無痛性甲状腺炎の2例. 第23回都立小児勉強会(Webカンファ), 2018.10.27
  27. 泉田侑恵. Robson-Mendenhall症候群の男児例における9年間の治療および臨床経過についての検討. 第23回都立小児勉強会(Webカンファ), 2018.10.27
  28. 大塚岳人.知っておきたい感染症対策~学校でできること、家庭でできること~. 学校保健研修会.  2018.10.31、長岡
  29. 大塚岳人.予防接種の最近の話題. 平成30年度日本医師会生涯教育講座, 長岡市, 2018.10.13
  30. 大塚岳人.病院スタッフに伝えたいワクチンのこと. 新潟大学医歯学総合病院 感染管理講習会. 2018.6.4、新潟市
  31. 山中崇之.薬剤耐性菌の現状と対策.4区合同健康講座、新潟、2018.2.21
  32. 佐藤和茂、山中崇之.「発熱、咳嗽、頻呼吸で紹介搬送となった6か月男児」.第53回IDATENインタラクティブケースカンファレンス、東京、2018.6.16
  33. 福島愛.障がいのある子どもの理解と支援 平成30年度新潟県保育士等キャリアアップ研修,新潟市,2018.11.16
  34. 福島愛.医療現場から見えてくる発達障害の理解と支援 南魚沼市特別支援教育基礎研修,南魚沼市,2018.9.5
  35. 福島愛.療育相談事業の活用について 平成29年度新潟県療育相談担当者研修会,新潟市,2018.2.8
  36. 小川洋平.教育講演「子どもの生活習慣改善のために」. 指導力向上講座「4時から夢塾」,見附市, 2018.2.22
  37. 小川洋平.教育講演「こどもの生活習慣病予防対策について」.平成30年度児童生徒生活習慣病健診結果説明会,新潟市, 2018.10.13
  38. 小川洋平. 特別講演「1型糖尿病と付き合うためのちょっとしたコツ」. 第30回 信州uno VOX, 長野市, 2018.10.22
  39. 小川洋平. 特別講演「1型糖尿病を一緒に考える ~子どもから大人まで~」. 第3回福井県1型の会(1型糖尿病療養セミナー), 福井市, 2018.11.3
  40. 小川洋平. 教育講演「小児糖尿病」. 新潟糖尿病療養指導士育成のための学習会2018, 長岡市, 2018.11.19
  41. 長崎啓祐. 先天性中枢性甲状腺機能低下症とFT4スクリーニングの意義について. 第30回新生児マススクリーニング ワークショップ. 東京. 2018.12.01
  42. 長崎啓祐.「成長曲線からみた児童生徒の健康管理」〜新潟市の取り組みについて〜(特別講演)第419回北勢地区小児臨床談話会. 四日市, 2018.12.12
  43. 今村勝. 当科における患者家族への抗がん剤曝露対策の取り組みについて. 第2回JCCG血液腫瘍分科会(JPLSG)全体会議,名古屋市, 2018.12.15

その他

  1. 長崎啓祐. つなぐ命(産婦人科・小児科医師からのメッセージ)成長曲線を用いた学校保健〜さまざまな疾患の早期発見のきっかけに〜 新潟日報 208.5.4掲載
  2. 相澤悠太. Journal club 4. J-IDEO. 2018;2:453
  3. 長崎啓祐. 小児の多結節性甲状腺腫を契機に同定したDICER1胚細胞変異の1家系. 第51回日本小児内分泌学会学術集会.高得点ポスターSummary. P.6-7, 2018