新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成31年(2019年) - 教室業績集

平成31年(2019年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Aizawa Y, Shoji T, Ito K, Kasai M, Sakurai H, Toyofuku E, Minami K, Hoshino T, Horikoshi Y. Multidrug-Resistant Gram-Negative Bacterial Bloodstream Infections in Children’s Hospitals in Japan, 2010-2017. Pediatr Infect Dis J38: 653-659, 2019
  2. Araki K, Fukuoka K, Higuchi H, Aizawa Y, Horikoshi Y. Cefmetazole for ESBL-producing Enterobacteriaceae in Pediatric Pyelonephritis. Pediatr Int61: 572-577, 2019
  3. Ugai S, Iwaya A, Taneichi H, Hirokawa C, Aizawa Y, Hatakeyama S, Saitoh A. Clinical Characteristics of Saffold Virus Infection in Children. Pediatr Infect Dis J 38: 781-785, 2019
  4. Miyado M, Fukami M, Takada S, Terao M, Nakabayashi K, Hata K, Matsubara Y, Tanaka Y, Sasaki G, Nagasaki K, Shiina M, Ogata K, Masunaga Y, Saitsu H, Ogata T. Germline-Derived Gain-of-Function Variants of Gsα-Coding GNAS Gene Identified in Nephrogenic Syndrome of Inappropriate Antidiuresis. J Am Soc Nephrol. 2019 Apr 8. pii: ASN.2018121268.
  5. Matsushita R, Nagasaki K, Ayabe T, Miyoshi Y, Kinjo S, Haruna H, Ihara K, Hasegawa T, Ida S, Ozono K, Minamitani K; Thyroid Committee of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology. Present status of prophylactic thyroidectomy in pediatric multiple endocrine neoplasia 2: a nationwide survey in Japan 1997-2017. J Pediatr Endocrinol Metab. 2019 Jun 26;32(6):585-595.
  6. Otani Y, Aizawa Y, Hataya H, Horikoshi Y. Diagnostic Errors in Children with Bacterial Osteomyelitis. Pediatr Int, 2019 Epub ahead of print

英文総説

英文症例報告

  1. Suzuki R, Watanabe M, Usuda T, Saitoh A. Aphthous Lesions on the Soft Palate in a Neonate, Pediatrics International. 2019; 61: 107-108.

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

(3)一般講演

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 長崎啓祐. バセドウ病治療ガイドライン2019 日本甲状腺学会編集 東京:南江堂 東京 2019
  2. 長崎啓祐. 甲状腺専門医実践問題集. 日本甲状腺学会編集.診断と治療社, 東京, 2019

和文原著

和文総説

  1. 堀越裕歩, 諏訪淳一, 樋口浩, 相澤悠太. 抗微生物薬の適正使用. 日本化学療法学会雑誌 67: 23-28, 2019
  2. 相澤悠太. 「小児抗菌薬適正使用支援加算」導入の背景. 新潟県小児科医会会報. 62: 24-27, 2019
  3. 長崎啓祐.負荷試験の実際2019:重炭酸ナトリウム負荷試験.小児内科 51: 481-482,2019
  4. 相澤悠太. ヒトパレコウイルス感染症. 小児科診療 51:733-737, 2019
  5. 長崎啓祐.先天性中枢性甲状腺機能低下症(特にTSH単独欠損症)の遺伝的要因. 日本マススクリーニング学会誌 vol29(1);21-27, 2019
  6. 柴田奈央、長崎啓祐.Down症候群の医療管理:医療管理;甲状腺機能低下症・亢進症. 小児内科 vol51(6);796-800, 2019

和文症例報告

  1. 村井英四郎, 庄司圭介, 臼田東平, 長崎啓祐, 齋藤昭彦. 46,XX, t(1;12)(q32.1;q24.1)の相互転座を認めたHolt-Oram症候群の1例. 小児科臨床. 72(3):51-54, 2019.
  2. 山崎肇, 永山善久, 佐藤尚, 臼田東平. Townes-Brocks症候群の症状を合併した重症oculo-auriculo-vertebral spectrumの1例.日本周産期・新生児医学会雑誌 第55巻 第1号:227-233, 2019
  3. 峯岸英博, 村井健美, 相澤悠太, 幡谷浩史, 堀越裕歩. Chlamydia trachomatisによる新生児肺炎. 小児科臨床 72: 849-852, 2019
  4. 谷 知行, 長崎啓祐, 入月浩美, 佐々木直, 小川洋平, 齋藤昭彦. 母体のアンドロゲン産生副腎腫瘍による46,XX 性分化疾患. 日本小児科学会雑誌. 123(7):1150-1155, 2019

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 長崎啓祐. ワンランク上の低身長診療のコツ(特別講演). 第23回 東海小児内分泌研究会. 名古屋市. 2019.2.9
  2. 細貝亮介. 血友病の基礎知識と新規薬剤について(特別講演). 第8回新潟医薬品安全性研究会. 新潟. 2019.2.9
  3. 長崎啓祐. 新しく始まった成長曲線を用いた学校保健の現状と取りくみ. 第30回日本小児科医会総会フォーラム in 京都. 京都市. 2019.6.9
  4. 相澤悠太. 感染症対策委員会主催セミナー:何も症状が無いのにウイルスがみつかる?-不顕性感染とその対策を考える-. 第29回全国病児保育研究大会, 盛岡, 2019.7.14

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 長崎啓祐. 予後から考える新生児の内分泌疾患. 先天性甲状腺疾患の長期予後. 第92回日本内分泌学会学術総会. 仙台市 2019.5.10
  2. 長崎啓祐. 成長曲線を用いた学校保健~新潟市での取り組み~. 第70回指定都市学校保健協議会学校医研修会. 研修3内科研修会. 新潟市, 2019.5.25
  3. 今村勝. 初発髄芽腫に対する術後2週間以内の全脳脊髄照射及びSJMB-96式自家末梢血幹細胞救援併用反復大量化学療法:単一施設での治療経験. 第47回日本小児神経外科学会. 新潟市, 2019.6.14
  4. 笠原靖史. 髄芽腫に対する新たなCAR-T療法の基礎的検討(NKp44-based CAR). 第47回日本小児神経外科学会. 新潟市, 2019.6.14

(3)一般講演

  1. 長崎啓祐. 中枢性思春期早発症を契機に診断した14番染色体母性片親性ダイソミーの2例. 第41回日本小児遺伝学会学術集会. 名古屋, 2019.1.11
  2. 入月浩美. 20pとの不均衡型相互転座を有し胆道閉鎖症と高インスリン性低血糖症を合併した3q部分トリソミーの女児例. 第41回日本小児遺伝学会学術集会. 名古屋, 2019.1.12
  3. 今村勝. 再発未分化大細胞型リンパ腫に対する同種移植後に発症したEBV-positive mucocutaneous ulcerの小児例. 第41回日本造血細胞移植学会総会. 大阪. 2019.3.9
  4. Aizawa Y. Epidemiological Changes in Young Infants with Parechovirus-A3 infection. The 122nd Annual Meeting of the Japan Pediatric Society, Kanazawa, Japan, 2019.4.19
  5. 山崎 肇. 遺伝子解析によるTownes-Brocks症候群との鑑別を必要としたOAV spectrumの1例. 第122回日本小児科学会学術集会. 金沢市. 2019. 4.19
  6. 長崎啓祐. 異所性後葉と重症な成長ホルモン分泌不全を呈したMAGEL2異常症. 第92回日本内分泌学会学術総会. 仙台市 2019.5.11
  7. 廣嶋省太. チアマゾールによる薬剤性肝障害に対し甲状腺摘出をおこなった小児バセドウ病の一例. 第92回日本内分泌学会学術総会. 仙台市 2019.5.11
  8. 柴田奈央. DUOX2異常症におけるレボチロキシンNaの投与中止時期についての検討.第92回日本内分泌学会学術総会. 仙台市 2019.5.9
  9. 田中英. 当院で診断しえた末節骨短縮型点状軟骨異形成症の一例. 第54回新潟小児内分泌談話会. 新潟市. 2019.6.7
  10. 村井英四郎. 歩容異常を契機にみつかったFGF23関連低リン血症性くる病の一例.第54回新潟小児内分泌談話会. 新潟市. 2019.6.7
  11. 細貝亮介. 当院におけるヘムライブラの使用例. 新潟小児ヘムライブラ講演会. 新潟. 2019.5.30
  12. 細貝亮介. 新潟県における小児血友病診療とエイフスチラの使用経験. 2019血友病セミナー in 仙台. 仙台. 2019.6.8
  13. 山崎 肇. Oculo-auriculo-vertebral spectrumとTownes-Brocks症候群の臨床的overlap症例に関する考察. 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会. 松本市. 2019. 7.13
  14. 山崎 肇. 当院で経験した胎児動脈管早期収縮に関する考察. 第31回新潟周産母子研究会学術講演会. 新潟市. 2019. 7.27

公開講座,その他の講演

     
  1. 稲葉聡. チアマゾールによる薬剤性肝障害に対し甲状腺摘出をおこなった小児バセドウ病の一例. 第10回信越北関東小児内分泌セミナー. つくば市. 2019.2.2
  2. 佐々木直. CCS長期フォローアップ外来で発見された甲状腺分化がんの3例. 第10回信越北関東小児内分泌セミナー. つくば市. 2019.2.2
  3. 村井英四郎. 親子で健康づくり〜肥満・食事・運動・睡眠〜. 親子健康づくりコース,新潟市, 2019.2.2
  4. 長崎啓祐. 小児期発症の萎縮性甲状腺炎における阻害型TSH受容体抗体の検討. 第4回東日本小児内分泌次世代リサーチミーティング. 東京. 2019.3.2
  5. 柴田奈央. 新生児マススクリーニングTSH高値で発見されるDown症候群の頻度と臨床的特徴. TTT meeting in 大手町. 東京 2019.3.9
  6. 今村勝. 小児血液領域における感染管理について. 大日本住友製薬社内研修会. 新潟市.2019.3.15
  7. 長崎啓祐. ヨードにまつわる小児甲状腺疾患について. 大塚製薬社内研修会.新潟市. 2019.4.12
  8. 相澤悠太. 麻疹・風疹の現状と対策. 2019年度第1回感染管理研修会, 新潟大学医歯学総合病院, 2019.5.13
  9. 長崎啓祐. 甲状腺機能異常と小児の成長障害. 第2回天橋立小児内分泌代謝カンファレンス. 京都府宮津市. 2019.6.8
  10. 長崎啓祐. 症例から学ぶ成長障害のpitfall. ELセミナ−2019. 横浜市. 2019.6.15
  11. 長崎啓祐、柴田奈央. 結節毎に異なる体細胞変異を同定した多結節性甲状腺腫を伴うDICER1胚細胞変異例. 第23回小児分子内分泌研究会. 北海道大沼町. 2019.8.4(優秀演題賞)

その他

  1. 長崎啓祐. 低ホスファターゼ症を語る〜小児内分泌専門医の臨床経験〜 アレクシオンファーマー合同会社
  2. 相澤悠太. ウイルス感染症と不顕性感染者対策. 毎日メディカルジャーナル. 15: 1-2, 2019
  3. 今村勝. 生後2ヵ月男児。背部腫瘤. 日経メディカル 日経メディクイズ小児. 2019.02
  4. 長崎啓祐. 学校医通信:新潟市における成長曲線を活用した学校保健の現状〜新潟市判定基準H31年度改訂版の提案〜新潟市医師会報 No.577 p.45-49
  5. 長崎啓祐. 10歳女児。学校健診で成長異常を指摘. 日経メディカル 日経MEDI QUIZ小児. 2019.05
  6. 長崎啓祐.成長ホルモン治療の道しるべ ―成長ホルモン治療をきとんと続けるためにひつようなこと―Growing. vol47:8-9, 2019