私たちは、免疫系がはたらく「場」であるリンパ節の組織微小環境と免疫細胞のダイナミックな挙動・関連疾患について研究しています。

新着情報

左上:実体顕微鏡下のマウス膝窩リンパ節。 右上:多光子励起レーザー顕微鏡を用いたリンパ節内の生体イメージング。[GFP-Tgマウス/野生型骨髄キメラ、緑:ストローマ細胞(FRC)、赤:T細胞] 

下段:リンパ節の組織微細構造。凍結組織切片の蛍光免疫染色像を共焦点レーザー顕微鏡により観察。[赤:ER-TR7, 青:B細胞, 緑:デスミン]

>> 一覧へxin_zhe.html

更新日 2019 / 4/ 1

大学院生募集中

当研究室の研究内容に興味を持った、熱意のある大学院生を募集しています

2019年4月1日 New!

 皮膚科学分野の富井光一先生が大学院生として研究室に加わりました。


2019年1月11日

    第6回 先進イメージング医学研究会が有馬で開催されました。


2019年1月1日

 竹内先生が准教授に着任しました。


2018年12月6日

 医学科ホームページのNEWS&TOPICS欄に研究成果の紹介、解説が掲載されました。


2018年11月26日

 片貝先生が徳島大学先端酵素学研究所で講演を行ないました。


2018年11月26日

 片貝先生がMeet The Specialist 2018(東京・新宿)で講演を行ないました。


2018年11月6日

 Dana Bogdanovaさんのリンパ節ストローマ細胞サブセットの分化・発達とNF-kB経路に関する論文がJ Immunol誌に掲載されました。


>> リンクhttp://www.jimmunol.org/content/early/2018/11/02/jimmunol.1800539
>> リンクhttps://www.med.niigata-u.ac.jp/contents/info/news_topics/95_index.html