新潟大学腎・膠原病内科

文字サイズ

後期臨床研修案内

前期臨床研修以降の一般的なコース詳細

卒後3年目、4年目~7年目、8年目~9年目、その後、希望に応じてアレンジが可能です

 

新潟大学腎・膠原病内科のメリット詳細

各種学会そして各種研究会を含めて、毎年20~30症例を報告しています。またその中から、各種国内学会誌などに発表される場合も多いです。

 

臨床研修希望者募集について詳細

卒後臨床研修制度による初期研修を終了される方々のなかで、卒後3年目以後の後期研修ならびに専門コースの希望者を募集しています。

 

関連病院詳細

関連病院で腎・膠原病内科科出身の先輩方が院長・副院長・部科長として、また腎・膠原病内科からの出張医として活躍しています。

 

研修コース一覧

腎臓内科・膠原病内科コース詳細

当科では、文字通り、腎生検から腎不全の透析治療、腎移植まで、腎臓内科専門医として要求されるすべてのケースに対応できるように研修することができます。

 

糖尿病コース詳細

本コースでは、POSに従って病歴、身体所見、検査データからプロブレムを挙げ、最新・最良の糖尿病診療を行える専門医の育成を目的としています。

 

透析医療コース詳細

慢性腎臓疾患、多臓器障害、移植医療、中毒治療に関する総合研修を受けることが可能です。腎臓疾患としては、急性腎不全、慢性腎不全の治療と管理が学べます。