HOME > 教室の紹介 > 研究班紹介 上部消化管班 上部消化管グループ

上部消化管班 上部消化管グループ

上部消化管グループは小杉講師を筆頭に、4名のスタッフと12名の医局員で構成されております。主に食道・胃領域の悪性疾患、良性疾患を担当しております。

食道癌、胃癌の診療は手術が中心ですが、内視鏡治療、化学療法、放射線療法も重要な治療手段であり、キャンサーボードを中心に消化器内科医、腫瘍内科医、放射線治療医と詳細な症例検討を行っております。当院消化器内科では胃癌、食道癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を精力的に行っており、多数の紹介症例の治療を行っております。このためESD後の病理組織診で外科的切除が必要となった症例の手術も多くなっております。また、大学病院という特性上、高度進行癌や合併症を有する症例の診療も積極的に行っております。一般病院とは異なり、対象症例が早期癌と高度進行癌とに二極化しているのが当グループの診療の特徴です。以下に当グループで治療する代表的な疾患の概略をお示しします。

食道癌

食道癌手術は頸部、胸部、腹部の領域に及び、難易度の高い治療となります。胸部食道癌では右開胸食道切除術、3領域郭清を標準術式としており、その技術の後進への指導も積極的に行っております。頸部食道癌は下咽頭との境界領域であり、耳鼻咽喉科腫瘍班と連携して治療を行っております。このため下咽頭癌に対する咽頭喉頭摘出術の消化管再建も当グループで行っております。

早期癌に対しては胸腔鏡補助下食道切除術(VATS-E)による切除を行っており、2011年からは腹臥位によるVATS-Eも導入しております。

一方進行癌においては、術前補助化学療法の併用を標準治療としております。高度進行癌では導入化学療法を行った後の切除を試みたり、化学放射線療法後の遺残・再発に対するサルベージ手術も行っております。化学放射線療法を行う際には化学療法と栄養状態などの全身管理を当科で担当しています。

このように食道癌治療においては様々な治療手段を組み合わせた集学的治療が重要であり、当グループはその中心的な役割を担っております。食道手術はQOLが大きく損なわれることがあり、根治性とQOLとのバランスを十分に考慮することも食道外科医が担うべき重要な責務と考えております。

研究テーマとしては、進行食道癌に対する術前治療の開発、手術術式の開発(表在食道癌に対する至適郭清範囲、合併症のない手術手技)、術後長期経過例に対する最適な経過観察などがあり、小杉講師を中心として研究を行っております。

胃癌

前述したように、当科の胃癌手術ではESD後に胃切除を行う症例の割合が多くなっています。このため早期胃癌に対する手術として、噴門側胃切除術や幽門保存胃切除術といった縮小手術を導入してきました。2012年からは早期胃癌に対しては原則的に腹腔鏡補助下胃切除術を行うこととし、すべての術式で腹腔鏡手術を導入しております。

一方で高度進行癌症例の紹介も多く、術前後の補助化学療法や、再発に対する治療も積極的に行っております。

また、肝不全症例、透析症例、慢性呼吸不全症例などの重篤な合併症を有する症例の治療も、大学病院の責務です。難病指定の膠原病合併症例や、閉鎖病棟への入院を要する精神疾患合併症例など、医歯学総合病院のリソースを最大限に活用し、一般病院では治療困難な胃癌に対する治療も行っております。

研究テーマとしては、ESD後の再発リスクに対するプロテオーム解析や、早期胃癌に対する縮小手術のQOL検討、高度進行胃癌の術前化学療法による予後の改善効果などがあり、若手外科医を中心として研究を行っております。

消化管間葉系腫瘍(GIST:ジスト)

GISTは主に胃や小腸から発生し、粘膜下腫瘍の形態を呈する腫瘍です。病因となる遺伝子が解明され、分子標的治療薬が非常に大きな治療効果を示したため、注目を集めた疾患です。

GISTは年間の発生頻度が100万あたり10-15人と稀な疾患ですが、当科では分子標的治療薬認可当時から積極的な治療を行ってきたため、豊富な診療経験があります。特に、転移・再発GISTに対する集学的治療に力を入れており、分子標的治療後の残存腫瘍や耐性腫瘍に対する外科的切除も積極的に検討を行っております。

研究テーマとしては、分子標的治療耐性腫瘍における集学的治療の効果、術前分子標的治療後の手術、分子標的治療薬血中濃度と副作用・効果との関連などがあり、稀少疾患であるためGIST研究会等での多施設共同研究を中心として研究を行っております。

良性疾患

特発性食道破裂は重篤な縦隔炎をきたし全身状態が急速に悪化する疾患で、当グループで緊急ドレナージ手術を行います。食道憩室や食道アカラシアなどの食道良性疾患に対する手術療法も行っています。