受診される方へ

腫瘍内科とは

腫瘍内科は、がんに罹患した方々に対して主に抗がん剤の治療、いわゆるがんの化学療法を専門的に行っている内科の専門分野のひとつで、日本ではまだ数少ない腫瘍内科医が診療を担当しています。抗がん剤以外にも、個々の状況に応じて放射線治療や外科手術などを組み合わせた最も良い治療方法を選択しています。そのために、外科や放射線治療などの各専門科と緊密に連携しつつ、高度先進医療を行っています。また、近年開発された分子標的治療薬などの新たな薬物療法をいち早く導入するなど、常に最新、最高の医療を提供できるよう努めています。

これまで抗がん剤療法は入院を中心に行われてきましたが、標準治療法の確立や制吐剤など支持療法の発達に伴い、徐々に外来治療へとシフトしています。当科でも患者様の日常生活のニーズに合わせ、安心して外来治療が行える体制を整えております。