新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野-旧内科学第三講座-

HOME > 学生・研修医の皆様へ > 当科での研修について

学生・研修医の皆様へ

当科での研修について

当科研修の特色

 当研修コースは“総合消化器内科医”の育成のみならず、将来にわたり専門領域の情報交換・学習の場を提供することをめざしています。大学病院施設の最大の特色は、消化器病・消化器内視鏡・肝臓病認定専門医他、肥満症・再生医療・病態栄養・癌治療専門医の取得が可能であるだけでなく、臨床・基礎研究による学位取得や海外留学を含めたバリエーションの多い研修コースを個人の希望に合わせて提供できることにあります。 医学の進歩に対応できる”Clinician-Scientist”の育成を目指しています。

研修プログラムのコンセプト

 当研修コースは、学問的志向・人生設計に基づいた希望に沿うようバリエーションを持たせて組まれています。実際の医療現場では肝胆膵・消化管が連動して病態を示す場合が多いため、研修期間前半(卒後3~4年目)は消化器内科に必要な幅広い知識の獲得をめざし、後半(卒後5年目以降)は個人の希望に合わせたプログラムが用意されています。

同門会の皆様へ