新潟大学大学院医歯総合研究科附属腎研究施設は、
2016年4月1日から、腎研究センター基礎部門に移行しました。
腎研究センターは、基礎部門、臨床部門、トランスレーショナル部門の3部門が一体となったこれまで以上に強固な体制で
腎臓病対策に取り組んでまいります。

公募
腎分子病態学分野では助教を公募しています。
腎研究に興味、意欲を持つ人材の応募を
お待ちしています。


大学
院生、研究生 募集
腎臓について学んでみたいと思っている
若い人材を募集しています


         



"蛋白尿"は慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD) の重要な症候であるだけでなく、腎機能を悪化させる進行因子となっています。また、蛋白尿が陽性の方は心・脳血管疾患の発症率が高いと報告されています。蛋白尿の発症機序を解明し、蛋白尿(ネフローゼ症候群)の新規治療法を開発することは、極めて重要な課題です。私達の研究室では、この課題の解決開発に向けた研究を行っています。(詳しくは、研究プロジェクトのバナーのページを見て下さい)
 私達のグループの研究に興味をもたれた方は、是非ご連絡下さい。


What's New


    


若松彩子先生のCalcineulin Inhibitorの作用機序に関する論文がPhysiological Report誌(2016年3月号)に掲載されました。

* 張先生が助教に就任されました。

* 修士課程大学院生として山岸稜平さん、田中信昭さんが入学されました。

* 福住好恭先生が准教授に就任されました。

* 鈴木康一先生のPodoplaninに関する論文がCell and Tissue Research 誌(2015年10月号)に掲載され、Podoplaninの局在を示す2重免疫蛍光抗体法所見は表紙写真に採用されました。、

* 福住好恭先生のSV2B KOマウスに関する論文がLaboratory Investigation誌(2015年3月号)に掲載されました。

*高橋彩先生のARBの作用機序に関する論文がJ Nephrology誌(2014年10月号)に掲載されました。