トップページ

ようこそ、新潟大学腎研究センター腎分子病態学分野のホームページへ 。

新潟大学大学院医歯学総合研究科附属腎研究施設は、

2016年4月から、腎研究センター基礎部門に移行しました。

腎研究センターは、基礎部門、臨床部門、トランスレーショナル部門の

3部門が一体となったこれまで以上に強固な体制で 腎臓病対策に取り組んでまいります。

What's new


  • 大学院生、研究生 募集。腎臓について学んでみたいと思っている若い人材を募集しています。
  • ホームページをリニューアルしました。
  • 安田英紀先生が助教に就任されました。
  • 山﨑美穂子先生の論文がJ.RAAS誌に掲載されました。ネフローゼモデルの糸球体、ポドサイトがangiotensinogenを発現していること、その発現がスリット膜障害、蛋白尿に関与していることをしみした論文で、大変注目されています。
  • 若松彩子先生のCalcineurin Inhibitorの作用機序に関する論文がPhysiological Report誌(2016年3月号)に掲載されました。
  • 張先生が助教に就任されました。