icatch01 icatch02 icatch03

新着情報

今後の予定

島津製作所の「ぶーめらん」にインタビューが掲載されました newpink

がん治療で高まる放射線医学のニーズ 患者本位の開発・普及の鍵は教育

副作用の少ないがん治療法として期待される放射線治療。
世界を見据え、その最先端を切り開いてきた医師がいる。
患者さんの幸せとは何かを考え続けたその医師・新潟大学医学部放射線医学教室 青山 英史 教授は、なによりも教育が重要と語る。

ぶーめらん vol.38:https://www.shimadzu.co.jp/boomerang/38/04.html

写真島津製作所「ぶーめらん vol.38」より

2018年度 新潟大学・新潟県中核病院合同放射線科専⾨研修プログラム 二次登録のお知らせ(締め切りました)

2017年12月16日~2018年1月15日は日本専門医機構による専門研修プログラムの二次登録期間です。「2018年度 新潟大学・新潟県中核病院合同放射線科専門研修プログラム」での研修を希望する方は下記までお早めにご連絡ください。(プログラムに記載されている応募期間・応募要領は変更されていますのでご注意ください)。

・新潟大学放射線治療科・放射線診断科 総括医長 海津元樹
・e-mail:kaidu@med.niigata-u.ac.jp

※2018年度新潟大学・新潟県中核病院合同 放射線科専⾨研修プログラムは「こちら」からダウンロードしてご覧ください。

 2019年度は2018年9月に公開予定です。

受賞報告、論文関連

山崎元彦 先生
第137回日本医学放射線学会北日本地方会にて、“優秀演題賞”を受賞。

高橋春奈 先生
第26回日本定位放射線治療学会(2017.6.30大阪)にて優秀演題賞を受賞。
受賞の模様は「News&Topics」をご覧ください。

青山英史 先生
日本放射線腫瘍学会 第29回学術大会で”阿部賞”を受賞。
本賞は「放射線治療の技術的向上、最適化、標準治療の確立(臨床研究、生物学的研究ならびに物理学的研究などを含む広義の意味)に関する研究で、既に大きな成果を残しているもの、または先駆的で大きな将来的発展が期待されるもの」に対して授与されるものであり、同氏が研究主任者を務めた日本放射線腫瘍学研究機構多施設共同研究(JROSG99-1)の二次解析に関する研究(JAMA Oncol 2015; 1(4):457-64)が受賞の対象となりました。
受賞の模様は「News&Topics」をご覧ください。

青山英史 先生
JAMA Oncology誌に掲載された論文が海外メディアに取り上げられました。
詳細は下記URLをご覧下さい。
http://ww.healthylivingmagazine.us/Articles/10214/

上原敦志 先生
2013JCRミッドサマーセミナー フィルムリーディングセッションにて、上原敦志先生が卒後5年以下の部、木口貴雄先生が卒後6年以上の部で、それぞれ“最優秀賞”を受賞。

麻谷美奈 先生
RSNA 2012 Exhibit Award "CERTIFICATE of MERIT"を受賞。

阿部英輔 先生
日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会で”第10回優秀教育講演賞”を受賞。
受賞の模様は「News&Topics」をご覧ください。


入局歓迎

後期研修・入局に関するお問い合わせは下記まで。
Iターン、Uターンも歓迎します。(実績あり)

詳しくは「研修・入局案内」のページをご覧ください。

放射線科医局:nradio@med.niigata-u.ac.jp
Tel:025(227)-2315,Fax:025(227)-0788