教授挨拶・教室紹介

HOME > 教授挨拶・教室紹介

教室紹介
泌尿器科学教室の歴史

泌尿器科の歴史は、明治45年5月第二外科学を担当された杉村七太郎教授が 泌尿器科学および皮膚科学の講義を始められたことより発します。

大正5年22月から昭和2年7月迄の11年間高橋明教授が皮膚泌尿器科学教室を主宰し、 昭和3年4月から昭和24年4月迄橋本喬教授に引き継がれました。

昭和24年学長に就任された橋本教授は、両科の分離独立の必要性を強調され、 昭和25年1月東京大学の楠 隆光助教授を初代教授として迎え、第三解剖学講座を拝借し、 単科としての泌尿器科学教室を創設しました。楠教授は日本泌尿器科外科の草分けとして 「腎移植」、「腎部分切除術」、「腸管による代用膀胱」など多くの手術を開拓され、 昭和31年12月大阪大学の講座新設とともに転出されました。

その後、東京大学泌尿器科の高安久雄助教授が2代目教授として昭和32年2月に就任されました。 高安教授は「急性腎不全」、「前立腺癌を中心とした内分泌学的および電子顕微鏡的研究」など数多くの業績を残され、 昭和38年5月東京大学へ転出されました。 昭和38年7月助教授の佐藤昭太郎先生が3代目教授に就任し、医局員も増え、学会発表及び論文作成等でますます活躍されました。 昭和41年日本泌尿器科学会総会のシンポジウムで「慢性腎不全の泌尿器科的療法」の講演をし、 昭和47年10月には、第37回日本泌尿器科学会東部地方会(現在は、東部総会と名称変更)を開催し、 昭和63年5月には「第75回日本泌尿器科学会総会」の会長となり、会長講演で「尿路形成術」の講演をされました。 平成6年3月迄の31年間泌尿器科学教室を主宰され退官されました。

平成7年1月東京女子医科大学助教授の高橋公太先生が第44代教授として就任されました。 高橋先生の専門分野は腎移植で東京女子医科大学におられる際の移植は2,000例を越え、 新潟大学に着任された平成7年からは120例を越えました。

学会・研究会では、平成11年3月に「第32回日本腎移植臨床研究会」、 平成12年9月に「第22回日本小児腎不全学会」、平成13年6月「第12回日本サイコネフロロジー研究会」 の会長を務められました。現在は、日本泌尿器科学会理事、日本移植学会理事となり多忙な日々を送っております。 なお、平成13年4月から新潟大学医学部の名称が変わり、 新潟大学大学院医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学講座 腎泌尿器病態学分野となり、 腫瘍関係では、分子腫瘍学分野となりました。

ページ上に戻る