• 赤門

    登録有形文化財に指定されている新潟大学医学部の赤門。後方に見える建物は新潟医療人育成センター。最新の高度シミュレータや200名収容のホールがあります。

    詳細を見る
  • 白衣式

    共用試験CBT(コンピュータ試験)と共用試験OSCE (客観的臨床能力試験)に合格した医学科4年生全員と新潟大学医学科の先生方。

    詳細を見る
  • 白衣式

    4年生は緊張した顔をしています。教授の先生方から新潟大学のロゴがはいったプレゼントされ、着せてもらっています。白衣式のあと、いよいよ、診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)が始まります。

    詳細を見る
  • シミュレータによる心音聴診実習

    3年生が熱心に説明を聞いています。

    詳細を見る
  • 空から見た新潟大学医学科と新潟大学医歯学総合病院

    新潟大学医歯学総合病院屋上にはヘリポートが見えます。後方に広がるのは日本海。

    詳細を見る
センター長挨拶

センター長
染矢医学部長

 新潟大学医学部医学科では、学生教育の運営支援体制の強化を目指し、2011年4月より総合医学教育センターを発足させました。

 医学科の教育理念は「医学を通して人類の幸福に貢献する」というものですが、これに基づいた6つの教育目標が掲げられています。その実現のために、総合医学教育センターが円滑に機能することが求められています。一方で学生を様々な面からサポートすることも目指します。
 したがって、医学科学務委員会と連携を取りながら、医学科の学生が未来の医療人として時代に即した教養、知識、探求心、人間性を身につけることができるように、絶えずカリキュラムの見直しを行い、医学教育の立案と実施を行っています。
 さらに総合医学教育センターでは、医学科で行う海外学生交流の業務も推進しています。これにより、学生がさまざまな分野で国際的に活躍できる人材に成長することができることをサポートします。

 学生の皆さんには、上記の趣旨をよく理解し、センターを有効に活用してほしいと思います。そして、教育理念にある、人類の幸福に貢献することができるような医学者・医療人となることを目指してもらいたいと願っています。

新潟大学 総合医学教育センターとは

 新潟大学医学部総合医学教育センターのホームページを閲覧していただきありがとうございます。新潟大学医学部は、2011年(平成23年)に教育改革推進室を改組して総合医学教育センターを設立しました。総合医学教育センターでは医学教育プログラムの実践におけるさまざまな業務を行っています。2013年(平成25年)12月には日本の医学部80校のなかで初めて医学教育分野別評価を本学が受審しました。そのときの経験をもとにして医学科では2014年(平成26年)から新カリキュラムに移行しています。新カリキュラムにおいては、1年次医学入門、4年次臨床実習入門、共用試験CBT、共用試験OSCE、Post-CC-OSCEなどを主に担当しています。
 教育に関連する各種支援も行っています。3年生の医学研究実習では報告会が学会ポスター形式で実施されます。医学教育推進部門では学生の研究成果を大型ポスターに印刷する支援を行っています。6年次では卒業試験(分野別試験)問題のマークシート印刷および採点を支援しています。E-レクチャーなどのためのビデオ撮影や画像編集も支援しています。
 臨床教育資源の充実を図るため、2018年から臨床実習における「模擬患者:SP」を養成する「カメリアの会」を発足させ、整備を進めています。

 学生支援にも積極的に参画しており、2012年(平成24年)12月に精神科医1名を中心に内科医2名と基礎医学研究者1名が学生カウンセリングを行う「旭町キャンパス医学生支援相談ルーム」を開設しました。学生がフリーアクセスで気軽に相談に来ることができるようにしていますので、学生の皆さんはいつでもご相談ください。
 また医学部医学科では、世界各地の大学と、教育・研究の国際交流を深めています。学部学生・大学院学生には、在学中に海外で学ぶ機会が様々な形で与えられています。欧米諸国のみならず、新潟の地の利と歴史を生かして中国やロシアといった「環東アジア」地域と強いつながりを持っていることが、大きな特色です。医学生に対するアメリカ医師国家試験への支援も積極的に提供しています。英国のレスター大学とも双方向の交流があり、毎年学生が臨床実習を行っています。これらの国際交流は、学務委員会や国際交流委員会と連携しながら進めています。

 このように医学教育推進部門は卒前医学教育のさまざまな場面で支援を行っています。
ご質問等がございましたら、新潟大学医学部総合医学教育センターcmec*med.niigata-u.ac.jpまでご連絡をください。
( *の部分は@に置き換えて下さい。)

LINK 新着情報

BACK TO TOP