当科では糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満・メタボリック症候群などの代謝疾患(生活習慣病)やバセドウ病、慢性甲状腺、甲状腺腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症などに代表される内分泌疾患(ホルモンの病気)の診療や教育研究をおこなっております。また、急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、貧血、凝固異常症など血液疾患の診療(新規治療薬を用いた多剤併用化学療法、造血幹細胞移植、細胞免疫療法など)や教育研究を行なっております。

HOME > 地域医家・医療従事者の方へ > 患者さんを紹介してくださる先生方へ

地域医家・医療従事者の方へ

患者さんを紹介してくださる先生方へ

内分泌・代謝内科

当科におきましては、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、尿酸代謝異常症、肥満症、甲状腺疾患、脳下垂体疾患、副腎疾患、ホルモン産生腫瘍などを対象にしています。
特に、糖尿病患者様の病診連携を積極的に行っています。ご紹介頂きました患者様には、数回受診して頂き糖尿病の病型・合併症を評価後、治療方針を決定していきます。栄養指導・糖尿病教室等の患者教育を行った後、御紹介頂いた医療機関へ戻って頂く方針です。(病状に応じて患者様と相談の上、入院加療も検討していきます。) 初めて糖尿病を指摘された方、糖尿病専門外来の受診を希望されている方、経口薬でのコントロール不良の方、また妊娠を希望されている方等は御紹介お願いいたします。
内分泌疾患に関しても、診断、治療方針等ご相談頂ければ幸いです。特に最近増加している副腎偶発腫の方、アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリング検査を希望される方、バセドウ病に対するアイソトープ治療を検討されている方、下垂体のホルモン産生腫瘍の評価の方等は御紹介お願いいたします。

血液内科

血液内科では各種貧血、造血不全症、白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫、凝固障害などを対象に幅広い分野の専門医による高度医療を提供しています。血液分野は近年急速な進歩を遂げている分野の一つですが、関連病院の血液内科と緊密な連携をとって診療することにより全体として地域の血液診療の質を向上させるべく体制を整えております。特に当院では造血幹細胞移植や各種治験、臨床試験の対象となる患者さん、難治性の患者さんを中心に診療しており全国的にもよい治療成績をあげています。血液専門医への紹介が必要な患者さんは各地域の血液内科へまずご紹介いただければ迅速な対応が可能です。関連病院はこちらに掲載されておりますのでご参照下さい。

 

ご連絡先

〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通一番町

TEL 025-368-9026 FAX 025-368-9300

内分泌・代謝内科、血液内科【外来電話番号】025-227-2534

e-mail emh@med.niigata-u.ac.jp