当科では糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満・メタボリック症候群などの代謝疾患(生活習慣病)やバセドウ病、慢性甲状腺、甲状腺腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症などに代表される内分泌疾患(ホルモンの病気)の診療や教育研究をおこなっております。また、急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、貧血、凝固異常症など血液疾患の診療(新規治療薬を用いた多剤併用化学療法、造血幹細胞移植、細胞免疫療法など)や教育研究を行なっております。

HOME > 研究について > 大規模臨床研究について > JDCS: Japan Diabetes Complications Study

研究について

大規模臨床研究について

MEGA: Management of Elevated Cholesterol in the Primary Prevention Group of AdultJapanese

概要

わが国の高コレステロール血症の患者さんにおける冠動脈疾患の一次予防効果を検討した多施設,前向き試験です.食事療法+プラバスタチン群(3,866例)と食事療法単独群(3,966例)に無作為に割り付けられ、平均追跡は5.3年で、後者に比べ前者で有意に冠動脈疾患発症の相対リスクが低下しました。対象者のうち糖尿病患者におけるサブ解析が、東京慈恵会医科大学の田嶼尚子名誉教授、西村理名准教授らを中心に行われています。

 

研究成果の一部

1: Nishimura R, Sone H, Nakagami T, Tajima N. Importance of high-density
lipoprotein cholesterol control during pravastatin treatment in
hypercholesterolemic Japanese with type 2 diabetes mellitus: A post hoc analysis
of MEGA study. Diabetes Res Clin Pract. 2013 Mar 19. doi:pii:
S0168-8227(13)00036-3. 10.1016/j.diabres.2013.02.003. [Epub ahead of print]
PubMed PMID: 23522341.

2: Nishimura R, Nakagami T, Sone H, Ohashi Y, Tajima N. Relationship between
hemoglobin A1c and cardiovascular disease in mild-to-moderate
hypercholesterolemic Japanese individuals: subanalysis of a large-scale
randomized controlled trial. Cardiovasc Diabetol. 2011 Jun 30;10:58. doi:
10.1186/1475-2840-10-58. PubMed PMID: 21714932; PubMed Central PMCID: PMC3150244.

3: Nakagami T, Nishimura R, Sone H, Tajima N. Accumulation of cardiovascular
risks in Japanese women with abnormal glucose and mild to moderate
hypercholesterolemia. Int J Cardiol. 2011 Oct 20;152(2):254-6. doi:
10.1016/j.ijcard.2011.07.091. Epub 2011 Sep 8. Erratum in: Int J Cardiol. 2011
Dec 1;153(2):238. PubMed PMID: 21862153.

 

 

 

ご連絡先

〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通一番町

TEL 025-368-9026 FAX 025-368-9300

内分泌・代謝内科、血液内科【外来電話番号】025-227-2534

e-mail emh@med.niigata-u.ac.jp