新潟大学腎・膠原病内科

文字サイズ

研究について

腎・病理・組織研究グループ詳細

いつも最も美しい標本の作成を心がけ、光顕、蛍光抗体法、電顕のすべてを観察し、診断することをモットーに努力しております。つねに原点に立ち返り、患者さんの診療に寄与したいと考えております。

 

慢性腎臓病病態研究グループ詳細

慢性腎臓病の病態を解析して対策の確立を目指しています。浮き世離れした研究のための研究には消極的です。アプローチするツールとしてもin vivo、in vitroの実験だけでなく臨床研究を重んじています。

 

糖尿病・腎代謝研究グループ詳細

臨床研究としては、糖尿病性腎症の診断と機能評価につながる尿中マーカーの検討をひとつの中心テーマとしています。また、糖尿病透析患者の病態の検討も重要なテーマです。

 

膠原病・リウマチ研究グループ詳細

関節リウマチのアミロイドーシスの透析導入時の条件の検討、アミロイドーシス腎症の評価におけるシスタチンCの有用性の検討、生物学的製剤によるアミロイドーシスの治療などの臨床的研究を行っております。

 

高血圧・腎研究グループ詳細

「高血圧・腎研究グループ」として、腎班・膠原病班のうち、高血圧に興味のあるものが参加して、主に臨床的な研究を行っています。

 

分子生物学研究グループ詳細

私たちの研究グループではIgA腎症などの糸球体腎炎の発症と進展の分子機構を解明し、腎不全への進展を阻止すること、そして腎不全の分子病態の解明を研究テーマとしています。