新潟大学腎・膠原病内科

文字サイズ

研究について

腎・病理・組織研究グループ

日本ではじめての腎生検が1954(昭和29)年に当科で施行されて以来60年間、16,000症例の腎生検組織診断を担ってきた、もっとも歴史と伝統がある研究班です。

毎年400例を超える腎生検診断の依頼があり、全例について光顕、電顕、蛍光抗体法での検索を行って報告書を作成しています。

近年の特徴として、原発性糸球体腎炎の所見に加え、糸球体肥大や細小動脈病変、内皮細胞傷害などメタボリックな要因による病変が合併している症例が目につきます。腎疾患の生活習慣病としての側面が組織からも窺われます。

腎移植症例は全体の4分の1を占めており、拒絶反応・薬剤毒性・ウイルス感染・再発性腎炎やde novo腎炎など、移植腎特有の複雑な病変が出現するため、診断や治療方針のコメントに悩む事もあります。答えの出ない症例は学会や研究会で症例発表し、他施設の先生方からも広く御意見をいただいています。

独自のデータベースに全16,000例の腎生検組織所見や検査値を蓄積しており、この膨大なデータを基にした臨床病理学的な研究も行っています。現在、移植腎におけるカルシウム沈着と臨床的パラメーターとの関連について解析しており、その成果を国際学会で発表します。さらに、移植腎拒絶反応の新規マーカーとしてペントラキシン3の発現について検討し、Clinical transplantation誌に掲載しました。また、IgG4関連腎疾患の詳細な組織学的特徴をまとめ、NDT誌に掲載しました。

腎組織班では、新潟県内各地で腎病理セミナーを開催しています。組織像の解釈が困難な症例や臨床経過と合致しない症例について、顕微鏡のライブ映像を見ながら臨床情報と組織像とを照らし合わせて丁寧に見直し、討論しながら結論を導きだす事を目的としています。標本をあまり見る機会のない若手の先生がたは、どのように病理と臨床が結びつき、治療方針に反映されるのかが判ってくると思いますので、ぜひ一緒に討論に参加してください。

腎膠原病内科で毎年行っている「新潟夏の腎」では、組織診断の基礎についてのレクチャーを担当しています。代表的腎疾患の典型的な生検標本を、実際に一人ひとりに観察してもらい、診断に至る過程を体験してもらいます。腎組織診断は難解と思われがちですが、できるだけ楽しく、簡単にレクチャーするよう心がけ、毎年好評をいただいております。

 

膜性腎症の病理組織像
膜性腎症の病理組織像