当科では糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満・メタボリック症候群などの代謝疾患(生活習慣病)やバセドウ病、慢性甲状腺、甲状腺腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症などに代表される内分泌疾患(ホルモンの病気)の診療や教育研究をおこなっております。また、急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、貧血、凝固異常症など血液疾患の診療(新規治療薬を用いた多剤併用化学療法、造血幹細胞移植、細胞免疫療法など)や教育研究を行なっております。

HOME > 研究について > 業績一覧

研究について

業績一覧

2014年

次年 >>

<< 前年

原著論文

更新日: 2014年12月17日

Hayashi T, Kubota K, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K, Takemoto M, Araki A, Noda M, Noto H, Sakuma I, Yoshizumi M, Ina K, Nomura H, on behalf of Japan CDM group. Efficacy of HMG-CoA reductase inhibitors in the prevention of cerebrovascular attack in 1016 patients older than 75years among 4014 type 2 diabetic individuals. Int J Cardiol 177(3): 860-866, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25466567

更新日: 2014年12月15日

Takei N, Furukawa K, Hanyu O, Sone H, Nawa H. A possible link between BDNF and mTOR in contro of food intake. Front Psychol. 5:1093, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25309497

更新日: 2014年12月14日

Ozawa T, Tokunaga J, Arakawa M, Ishikawa A, Takeuchi R, Yokoseki A, Sone H, Nisizawa M. The circulating level of leptin and blood pressure in patients with multiple system atrophy. J Neurol Sci. 347(1-2):349-51, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25304054

更新日: 2014年12月3日

Heianza Y, Suzuki A, Fujihara K, Tanaka S, Kodama S, Hanyu O, Sone H. Impact on short-term glycaemic control of initiating diabetes care versus leaving diabetes untreated among individuals with newly screening-detected diabetes in Japan. J Epidemiol Community Health. 68(12):1189-95, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25187645

更新日: 2014年12月2日

Aoki T, Izutsu K, Suzuki R, Nakaseko C, Arima H, Shimada K, Tomita A, Sasaki M, Takizawa J, Mitani K, Igarashi T, Maeda Y, Fukuhara N, Ishida F, Niitsu N, Ohmachi K, Takasaki H, Nakamura N, Kinoshita T, Nakamura S, Ogura M. Prognostic significance of pleural or pericardial effusion, and the implication of optimal treatment in primary mediastinal large B-cell lymphoma: a multicenter retrospective study in Japan. Haematologica. 99(12):1817-25, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25216682

更新日: 2014年10月14日

Narita M, Nishizawa Y, Iwaya S, Oiwa E, Iwabuchi M, Uchiyama T, Matsuyama A, Masuko M, Takahashi M. Ustekinumab improves psoriasis without suppressing tumor antigen-specific cytotoxic T lymphocytes. Int Arch Allergy Immunol. 165(1):52-60, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25342444

更新日: 2014年10月3日

Fujihara K, Sugawara A, Heianza Y, Sairenchi T, Irie F, Iso H, Doi M, Shimano H, Watanabe H, Sone H, Ota H. Utility of the Triglyceride Level for Predicting Incident Diabetes Mellitus According to the Fasting Status and Body Mass Index Category: The Ibaraki Prefectural Health Study. J Atheroscler Thromb. 21(11):1152-69, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25030050

更新日: 2014年10月3日

Heianza Y, Kodama S, Arase Y, Hsiesh SD, Yoshizawa S, Tsuji H, Saito K, Tanaka S, Hara S, Sone H. Role of Body Mass Index History in Predicting Risk of the Development of Hypertension in Japanese Individuals: Toranomon Hospital Health Management Center Study 18 (TOPICS 18). Hypertension. 64(2):247-52, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24842920

更新日: 2014年10月2日

Ohara N, Hanyu O, Sone H. Combination effect of hypertension and diabetes mellitus on urinary protein excretion. J Hypertens. 32(11):2278, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25271916

更新日: 2014年10月2日

Heianza Y, Kato K, Kodama S, Suzuki A, Tanaka S, Hanyu O, Sato K, Sone H. Stability and changes in metabolically healthy overweight or obesity and risk of future diabetes: Niigata wellness study. Obesity. 22(11):2420-5, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25131796

更新日: 2014年10月2日

Heianza Y, Kato K, Fujihara K, Tanaka S, Kodama S, Hanyu O, Sato K, Sone H. Role of sleep duration as a risk factor for Type 2 diabetes among adults of different ages in Japan: the Niigata Wellness Study. Diabet Med. 31(11):1363-7, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25124930

更新日: 2014年10月2日

Damrongrungruang T, Ogawa H, Hori-Matsumoto S, Minagawa K, Hanyu O, Sone H, Miyazaki H. Correlation between SNP genotypes and periodontitis in Japanese type II diabetic patients: a preliminary study. Odontology. 103(2):233-40, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25119712

更新日: 2014年10月2日

Heianza Y, Suzuki A, FujiharaK, Tanaka S, Kodama S, Hanyu O, Sone H. Impact on short-term glycemic control of initiating diabetes care vs. leaving diabetes untreated among individuals with newly screening-detected diabetes in Japan. J Epidemiol Commun Health. 68(12):1189-95, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25187645

更新日: 2014年10月2日

Horiakwa C, Yoshimura Y, Kamada C, Tanaka S, Tanaka S, Hanyu O, Araki A, Ito H, Tanaka A, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H. Dietary Sodium Intake and Incidence of Diabetes Complications in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: Analysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). J Clin Endocrinol Metab. 99(10):3635-43, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25050990

更新日: 2014年10月2日

Fujihara K, Sugawara A, Heianza Y, Sairenchi T, Irie F, Iso H, Doi M, Shimano H, Watanabe H, Sone H, OtaH. Utility of triglycerides for predicting incident diabetes mellitus according to fasting status and body mass index category: Ibaraki Prefectural Health Study. J Atheroscler Thromb. 21(11):1152-69, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25030050

更新日: 2014年10月2日

Horikawa C, Kodama S, Fujihara K, Yachi Y, Tanaka S, Suzuki A, Hanyu O, Shimano H, Sone H. Association of Helicobacter Pylori Infection with Glycemic Control in Patients with Diabetes: A Meta-analysis. J Diab Res. 2014:250620, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24901007

更新日: 2014年10月2日

Yosizawa S, Heianza Y, Arase Y, Saito K, Hsieh SD, Tsuji H, Hanyu O, Suzuki A, Tanaka S, Kodama S, Shimano H, Hara S, Sone H. Comparison of different aspects of BMI History to Identify Undiagnosed Diabetes in Japanese Men and Women: Toranomon Hospital Health Management Center Study 12 (TOPICS 12) Diabetic Med. 31(11):1378-86, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24750392

更新日: 2014年10月2日

Ibe Y, Takahashi Y, Sone H. Food Groups and Weight Gain in Japanese Men. Clin Obes. 4(3):157-64, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25826771

更新日: 2014年10月2日

Yokoyama H, Sone H, Honjo J, Okizaki S, Yamada D, Shudo R, Shimizu H, Moriya T, Haneda M. Relationship between a low ankle brachial index and all-cause death and cardiovascular events in subjects with and without diabetes. J Atheroscl Thromb. 21(6):574-81, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24492523

更新日: 2014年10月2日

Ina K, Hayashi T, Araki A, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K, Takemoto M, Kubota K, Noda M, Noto H, Ding QF, Zhang J, Yu ZY, Yoon BK, Nomura H, Kuzuya M; Japan CDM Group. Importance of high-density lipoprotein cholesterol levels in elderly diabetic individuals with type IIb dyslipidemia: A 2-year survey of cardiovascular events. Geriatr Gerontol Int. 14(4):806-10, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24215618

更新日: 2014年10月2日

Horikawa C, Kodama S, Fujihara K, Hirasawa R, Yachi Y, Suzuki A, Hanyu O, Shimano H, Sone H. High Risk of Failing Eradication of Helicobacter Pylori in Patients with Diabetes: A Meta-analysis. Diabet Res Clin Prac. 106(1):81-7, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25110103

更新日: 2014年9月30日

Ohara N, Suzuki H, Suzuki A, Kaneko M, Ishizawa M, Furukawa K, Abe T, Matsubayashi Y, Yamada T, Hanyu O, Shinohata T, Sone H. Reversible brain atrophy and cognitive impairment in an adolescent Japanese patient with primary adrenal Cushings syndrome. Neuropsychiatr Dis Treat. 10:1763-7, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25246796

更新日: 2014年9月22日

Yachi Y, Tanaka Y, Nishibata I, Yoshizawa S, Fujihara K, Kodama S, Suzuki A, Hanyu O, Sone H. Second trimester postload glucose level as an important predictor of low birth weight infants: Tanaka Women's Clinic Study. Diabetes Res Clin Pract. 105(3):e16-9, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25023991

更新日: 2014年9月18日

Tanaka T, Takizawa J, Miyakoshi S, Kozakai T, Fuse K, Shibasaki Y, Moriyama M, Ohshima K, Toba K, FurukawaT, Sone H, Masuko M. Manifestations of Fulminant CD8 T-cell Post-transplant Lymphoproliferative Disorder Following the Administration of Rituximab for Lymphadenopathy with a High Level of Epstein-Barr Virus (EBV) Replication after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation. Intern Med 53:2115-19, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25224199

更新日: 2014年8月30日

Yamahira A, Narita M, Iwabuchi M, Uchiyama T, Iwaya S, Ohiwa R, Nishizawa Y, Suzuki T, Yokoyama Y, Hashimoto S, Takizawa J, Sone H, Takahashi M. Activation of the Leukemia Plasmacytoid Dendritic Cell Line PMDC05 by Toho-1, a Novel IDO Inhibitor.Anticancer Res. 34(8):4021-8, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25075025

更新日: 2014年8月2日

Heianza Y, Arase Y, Tsuji H, Fujihara K, Saito K, Hsieh SD, Tanaka S, Kodama S, Hara S, Sone H. Metabolically Healthy Obesity, Presence or Absence of Fatty Liver, and Risk of Type 2 Diabetes in Japanese Individuals: Toranomon Hospital Health Management Center Study 20 (TOPICS 20). J Clin Endocrinol Metab. 99(8):2952-60, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24823457

更新日: 2014年8月2日

Fujihara K, Suzuki H, Sato A, Ishizu T, Kodama S, Heianza Y, Saito K, Iwasaki H, Kobayashi K, Yatoh S, Takahashi A, Yahagi N, Sone H, Shimano H. Comparison of the Framingham Risk Score, UK Prospective Diabetes Study (UKPDS) Risk Engine, Japanese Atherosclerosis Longitudinal Study Existing Cohorts Combined (JALS-ECC) and Maximum Carotid Intima-Media Thickness for Predicting Coronary Artery Stenosis in Patients with Asymptomatic Type 2 Diabetes. J Atheroscl. Thromb. 21(8):799-815, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24717757

更新日: 2014年8月2日

Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Yamashita H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H, Japan Diabetes Complications Study Group. Cohort Profile: The Japan Diabetes Complications Study: a long-term follow-up of a randomised lifestyle intervention study of type 2 diabetes. Int J Epidemiol. 43(4):1054-62, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 23687126

更新日: 2014年8月1日

Takahashi M, Elbarbary R A, Watanabe N, Goto A, Kamiya D, Watabe Y, Uchiyama T, Narita M, Takahashi M, Takahashi Y, Ishihara N, Miyazawa T, Yoshida T, Kawano M, Tamura M, Nashimoto M. Screening of a heptamer-type sgRNA library for potential therapeutic agents against hematological malignancies. Leuk Res. 38(7):808-15, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24768135

更新日: 2014年7月2日

Tang N, Matsuzaka T, Suzuki M, Nakano Y, Zao H, Yokoo T, Suzuki-Kemuriyama N, Kuba M, Okajima Y, Takeuchi Y, Kobayashi K, Iwasaki H, Yatoh S, Takahashi A, Suzuki H, Sone H, Shimada M, Nakagawa Y, Yahagi N, Yamada N, Shimano H. Ablation of Elovl6 protects pancreatic islets from high-fat diet-induced impairment of insulin secretion. Biochem Biophys Res Commun. 450(1):318-23, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24938128

更新日: 2014年7月2日

Heianza Y, Sone H. Response to Comment on Heianza et al. Effect of Postmenopausal Status and Age at Menopause on Type 2 Diabetes and Prediabetes in Japanese Individuals: Toranomon Hospital Health Management Center Study 17 (TOPICS 17). Diabetes Care. 37(7):e165-6, 2014 (36:4007-4014, 2014)

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24963119

更新日: 2014年6月2日

Abe H, Kamimura K, Mamizu M, Shibazaki Y, Ishiguro T, Katada S, Nishiyama YK, Takahashi Y, Hatano YY, Mizuno K, Watanabe Y, Nagashima A, Takizawa J, Takeuchi M, Kawai H, Nomoto M, Sone H, Nishizawa M, Aoyagi Y. Early diagnosis of hepatic intravascular lymphoma: a case report and literature review. Intern Med 53(6):587-93, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24633029

更新日: 2014年5月29日

Zhou Q, Ye X, Sun R, Matsumoto Y, Moriyama M, Asano Y, Ajioka Y, Saijo Y. Differentiation of mouse induced pluripotent stem cells into alveolar epithelial cells in vitro for use in vivo. Stem Cells Transl Med. 3(6):675-85, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24763685

更新日: 2014年5月2日

Kato H, Karube K, Yamamoto K, Takizawa J, Tsuzuki S, Yatabe Y, Kanda T, Katayama M, Ozawa Y, Ishitsuka K, Okamoto M, Kinoshita T, Ohshima K, Nakamura S, Morishima Y, Seto M. Gene expression profiling of Epstein-Barr virus-positive diffuse large B-cell lymphoma of the elderly reveals alterations of characteristic oncogenetic pathways. Cancer Sci. 105(5):537-44, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24581222

更新日: 2014年5月2日

Tanaka S, Tanaka S, Sone H. Commentary on the United Kingdom Prospective Diabetes Study outcomes model 2: Need for long-term follow up and quality of life data in Asian patients. J Diabetes Investig. 5(3):281-3, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24843774

更新日: 2014年3月29日

Aoki A, Moro H, Watanabe T, Asakawa K, Miura S, Moriyama M, Tanabe Y, Kagamu H, Narita I. A case of severe thrombocytopenia associated with acute HIV-1 infection. Int J STD AID. 26(3):209-11, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24737880

更新日: 2014年3月2日

Horikawa C, Yoshimura Y, Kamada C, Tanaka S, Tanaka S, Takahashi A, Hanyu O, Araki A, Ito H, TanakaA, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H. Dietary intake in Japanese patients with type 2 diabetes: Analysis from Japan Diabetes Complications Study. J Diabet Invest. 5(2):176-87, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24843758

更新日: 2014年3月2日

Kodama S, Horikawa C, Fujihara K, Yoshizawa S, Yachi Y, Tanaka S, Ohara N, Matsunaga S, Yamada T, Hanyu O, Sone H. Quantitative relationship between body weight gain in adulthood and incident type 2 diabetes: a meta-analysis. Obes Rev. 15(3): 202-14, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24165305

更新日: 2014年2月24日

Yokoyama S, Ueshima H, Miida T, Nakamura M, Takata K, Fukukawa T, Goto T, Harada-Shiba M, Sano M, Kato K, Matsuda K. High-density lipoprotein levels have markedly increased over the past twenty years in Japan. J Atheroscler Thromb. 21(2):151-60, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24096936

更新日: 2014年2月20日

Nishimura J, Yamamoto M, Hayashi S, Ohyashiki K, Ando K, Brodsky AL, Noji H, Kitamura K, Eto T, Takahashi T, Masuko M, Matsumoto T, Wano Y, Shichishima T, Shibayama H, Hase M, Li L, Johnson K, Lazarowski A, Tamburini P, Inazawa J, Kinoshita T, Kanakura Y. Genetic variants in C5 and poor response to eculizumab. N Engl J Med. 370(7):632-9, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24521109

更新日: 2014年1月22日

Ohara N, Hanyu O, Hirayama S, Nakagawa O, Aizawa Y, Ito S, Sone H. Hypertension increases urinary excretion of immunoglobulin G, ceruloplasmin and transferrin in normoalbuminuric patients with type 2 diabetes mellitus. J Hypertens. 32(2):432-8, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24256706

総説

更新日: 2014年12月15日

曽根博仁. 運動療法と大血管障害との関連は?. EYE-DIA. 2:7, 2014

更新日: 2014年12月1日

曽根博仁. 糖尿病運動療法の実行・継続率を高めるには~メッツ表を活用した運動処方の提案~. Astellas Square. 12-1月号:18-20, 2014-15

更新日: 2014年10月17日

守屋達美, 川崎良, 曽根博仁, 山下英俊, 片山茂裕. 日本人2型糖尿病における顕性アルブミン尿発症と腎機能低下に対する糖尿病網膜症および微量アルブミン尿の影響―JDCSサブ解析から―. 内科学会誌103: 987-993, 2014

更新日: 2014年10月6日

堀川千嘉. 第49回欧州糖尿病学会(EASD)年次学術集会(Barcelona, Spain)‐管理栄養士として本学会に参加して‐. 臨床栄養. 124(4):408-9, 2014

更新日: 2014年9月30日

小原伸雅、曽根博仁.  DPP-4阻害薬による脳卒中予防効果. 分子脳血管病. 13(1):27-32, 2014

更新日: 2014年9月29日

藤原和哉、曽根博仁. α-グルコシダーゼ阻害薬. Pharma Media. 32(2):27-32, 2014

更新日: 2014年9月29日

曽根博仁. 日本人2型糖尿病患者の病態と実態-JDCSの結果を中心に-. 診断と治療. 102(9):1279-88, 2014

更新日: 2014年9月1日

平安座依子、曽根博仁. 健診データを活かした糖尿病早期診断と発症予測. 月刊糖尿病. 6(8):30-7, 2014

更新日: 2014年8月30日

由澤咲子、長谷川美代、曽根博仁. 大規模臨床研究のエビデンスに基づく糖尿病療養指導と将来. 臨床栄養. 125(2):195-200, 2014

更新日: 2014年8月29日

松林泰弘、曽根博仁. 大血管障害のリスクファクターとしての低血糖. Diabetes Frontier. 25(4):421-27, 2014

更新日: 2014年8月6日

堀川千嘉、曽根博仁. 難聴と糖尿病. 月刊糖尿病ライフ さかえ. 54(8) :7-12, 2014

更新日: 2014年7月30日

井田桃里、林和直、井田徹、平野聡子、中村文枝、曽根博仁、藤原正博. ボルテゾミブが奏効した消化管出血を主症状とする全身性・原発性ALアミロイドーシス. 臨床血液. 55(7):808-14, 2014

更新日: 2014年7月1日

曽根博仁. 境界型糖尿病の診断と治療管理. 月間糖尿病. 6(8):7,2014

更新日: 2014年6月1日

広瀬歩美、曽根博仁. 糖尿病とエネルギー・栄養素との関係. 日本栄養士雑誌. Vol57:5-8,2014

更新日: 2014年6月1日

曽根博仁. 運動療法の潜在パワーを見直そう. DITN. No.439:1,2014

更新日: 2014年6月1日

曽根博仁. 糖尿病合併症-横断的な情報と個別診療への応用. DM Network. 2:2,2014

更新日: 2014年5月29日

小原伸雅、平安座依子、曽根博仁. Metabolically obese normal –weight (MONW) とmetabolically healthy obese (MHO)の概念と臨床的意義. 日本臨牀. 72 Suppl 4:697-702, 2014

更新日: 2014年5月7日

鈴木裕美、曽根博仁.  狭心症, 心筋梗塞, 無痛性心筋梗塞. 糖尿病診療マスター. 12(3): 282-285, 2014

更新日: 2014年5月1日

曽根博仁. 糖尿病運動療法の驚くべき可能性. Medical Practice. 31(5) :835, 2014

更新日: 2014年4月2日

阿部孝洋、曽根博仁. 日本人の心血管疾患に糖尿病はどの程度影響しているのか? Heart View. 18(4):358-67, 2014

更新日: 2014年4月1日

曽根博仁. 積極的に運動に取り組む患者で死亡率半減. Medical Tribune. Special Issue :si-20, 2014

更新日: 2014年4月1日

曽根博仁. 糖尿病透析予防指導におけるチーム医療のあり方. 新潟県糖尿病療養指導士ネットワーク会会報誌 ステップ通信. No.9 :1,2014

更新日: 2014年4月1日

児玉暁、曽根博仁. « The association between dietary patterns and type 2 diabetes : a systematic review and meta-analysis of cohort studies »を題材に. PRACTICE. 31(2) :205-9,2014

更新日: 2014年3月29日

鈴木亜希子. レセプトデータを利用した新規糖尿病治療薬処方状況の検討. 新潟県医師会報. 768:9-10、2014

更新日: 2014年2月2日

曽根博仁. 糖尿病大血管症の予防・治療を目指した新しい治療戦略. 糖尿病合併症. 28(1) :59-65, 2014

更新日: 2014年2月1日

曽根博仁. 日本人の大規模臨床エビデンスに基づく糖尿病の予防と治療-実地医家の役割を含めて-. TCS News. 58:1-2, 2014

更新日: 2014年1月29日

曽根博仁. 糖尿病患者における運動療法のエビデンス. Diabetes Journal. 42(1):7-13, 2014

更新日: 2014年1月6日

堀川千嘉. 第48回日本成人病(生活習慣病)学会会長賞を受賞して. 成人病(生活習慣病)ニュースレター. 13(1):8, 2014

著書

更新日: 2014年11月1日

曽根博仁. 新体系 看護学全書 人体の構造と機能② 栄養生化学. 第3章 糖質の栄養生化学 (メヂカルフレンド社) pp53-70, 2014

更新日: 2014年10月3日

柴崎康彦、増子正義. 血液腫瘍治療薬 新薬展望2014. (医薬ジャーナル社) p159-167,2014

更新日: 2014年10月3日

五十嵐智雄、曽根博仁. 糖尿病の発症率、有病率. 日本糖尿病学会編:糖尿病専門医研修ガイドブック(改訂第6版). (診断と治療社) pp.2-6, 2014.

更新日: 2014年10月2日

松林泰弘、曽根博仁. Q38 糖尿病には1型と2型がありますが、根本的な違いは何ですか。 メディカルフィットネスQ&A. (社会保険研究所) pp82-3, 2014

更新日: 2014年10月2日

平安座依子、曽根博仁. Q39 糖尿病の診断に血糖値とヘモグロビンA1cが使われますが、片方だけでの診断は可能でしょうか。 メディカルフィットネスQ&A. (社会保険研究所) pp84-5, 2014

更新日: 2014年10月2日

藤原和哉、曽根博仁. Q40 糖尿病(1型、2型)に適した運動療法や運動時の留意点は何ですか。 メディカルフィットネスQ&A. (社会保険研究所) pp86-7, 2014

更新日: 2014年10月2日

藤原和哉、曽根博仁. Q41 運動時の低血糖を防止するための留意点は何ですか。 メディカルフィットネスQ&A. (社会保険研究所) pp88-9, 2014

更新日: 2014年10月2日

児玉暁、曽根博仁. Q44 フィットネスと動脈硬化疾患や寿命との関係はありますか。 メディカルフィットネスQ&A. (社会保険研究所) pp94-96, 2014

更新日: 2014年10月2日

鈴木浩史、曽根博仁. 糖尿病の診断は何を基準に行い、どのように治療方針をたてるのでしょうか?. 糖尿病の最新食事療法のなぜに答える 基礎編. (医歯薬出版株式会社) pp6-9, 2014

更新日: 2014年9月29日

児玉暁、曽根博仁. 9章 内分泌代謝系. はじめて学ぶ健康・スポーツ科学シリーズ8 スポーツ医学【内科】(化学同人) pp104-20, 2014

更新日: 2014年9月29日

曽根博仁. HbA1cの目標値が最近変わりました.なぜ変わったのですか?療法指導にどのように影響するのでしょうか?.  糖尿病の最新食事療法のなぜに答える 基礎編. (医歯薬出版株式会社) pp10-13, 2014

更新日: 2014年9月29日

鈴木浩史、曽根博仁. 糖尿病の診断は何を基準に行い、どのように治療方針をたてるのでしょうか?. 糖尿病の最新食事療法のなぜに答える 基礎編. (医歯薬出版株式会社) pp6-9, 2014

更新日: 2014年9月29日

Sone H. Chapter 12: Characteristics of Prediabetes/Diabetes and Prevention Initiatives in East Asia. Global Health Perspectives in Prediabetes and Diabetes Prevention. World Scientific. Pp257-80, 2014 (ISBN: 9789814603300)

更新日: 2014年5月29日

森山雅人、西條康夫. 抗体によるがん分子標的治療:肺がんに対する抗体療法. (最新医学) 69:433-442,2014

更新日: 2014年1月22日

Arumungam S, Karuppagounder V, Thandavarayan RA, Pitchaimani V, Sone H, Watanabe K. Diabetic cardiomyopathy and oxidative stress. Diabetes (Elsevir) Oxidative Stress and Dietary Antioxidant. pp. 25-32, 2014 (ISBN: 9780124058859)

国際学会発表

更新日: 2014年12月10日

Kobayashi H, Yoshimura N, Ushiki T, Shibasaki Y, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Sone H, Masuko M. Imaging of Body Iron Stores in Transfusion-Dependent Patients By Liver Dual- Energy CT. 56th American Society of Hematology Annual Meeting. 2014.12.7 (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年10月26日

Itagaki Y, Okeyo KO, Kurosawa O, Oana H, Narita M, Kotera H, Washizu M. Cytoplasmic transfer without nuclei mixing between dendritic cells and tumor cells achieved by one-to-one electrofusion via microorifices in a microfluidic device. The 18th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (MicroTAS 2014). 2014.10.26(San Antonio, USA)

更新日: 2014年9月12日

Sone H. Characteristics of diabetic complications in Japanese patients. 50th European Association for the Study of Diabetes. 2014.9.15 (Vienna, Austria)

更新日: 2014年9月12日

Ishiguro H, Kodama S, Mtsunaga S, Horikawa C, Heianza Y, Ohara N, Yamada T, Suzuki T, Hanyu O, Sone H. Characteristics of patients with type 2 diabetes who achieved better glycemic control through resistance training: A meta-analysis. 50th European Association for the Study of Diabetes. 2014.9.15 (Vienna, Austria)

更新日: 2014年9月12日

Heianza Y, Arase Y, Tsuji H, Fujihara K, Saito K, Hsieh SD, Tanaka S, Kodama S, Hara S, Sone H. Metabolically Healthy Obesity, Presence or Absence of Fatty Liver, and Risk of Type 2 Diabetes in Japanese Individuals. 50th European Association for the Study of Diabetes. 2014.9.15 (Vienna, Austria)

更新日: 2014年6月9日

Kodama S, Horikawa C, Fujihara K, Heianza Y, Yachi Y, Tanaka S, Ohara N, Suzuki A, Hanyu O, Sone H. Limitation of Risk Value in Persons at Genetically High Risk of Diabetes mellitus-Meta-analytic Research. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Suzuki A, Heianza Y, Suzuki T, Kitazawa M, Abe T, Uemura Y, Matsunaga S, Minagawa S, Yamada T, Hanyu O, Sone H. Comprehensive Analysis of Patterns of First-Line Medication for Patients with Diabetes in Japan: Nationwide Claims Database Study. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Ishiguro H, Kodama S, Horikawa C, Suzuki H, Matsunaga S, Heianza Y, Yamada T, Suzuki A, Hanyu O, Sone H. Resistance Exercise Was Effective in Improving Glycemic Control but Inferior to Aerobic Exercise for Patients with Type 2 Diabetes Mellitus—A Meta-analysis. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Heianza Y, Kato K, Suzuki A, Horikawa C, Matsunaga S, Yoshizawa S, Hanyu O, Kodama S, Sato K, Sone H. Risk of Development of Type 2 Diabetes by Overall Obesity, Abdominal Obesity, and Metabolic Abnormalities_Does Metabolically Healthy Obesity Really Exist? 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Matsunaga S, Heianza Y, Suzuki T, Kitazawa M, Minagawa S, Yamada T, Suzuki A, Hanyu O, Kato K, Sato K, Sone H. High Serum Uric Acid Level Is More Predictive of Risk of Future Type 2 Diabetes in Nonobese Than in Overweight/Obese People: The Niigata Wellness Study. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Tanabe N, Yamamoto M, Momotsu T, Suzuki K, Sanpei K, Tsuji T, Sone H. Nonfasting Plasma Glucose Concentration and Prediction of Future Risk of Diabetes Mellitus: The Sado Cohort Study. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Horikawa C, Kodama S, Matsunaga S, Yoshizawa S, Heiznza Y, Yachi Y, Ohara N, Suzuki A, Hanyu O, Sone H. Diabetes Risk Related to Carrying 1 Risk Allele of a Diabetes-Susceptible Gene Is Comparable to That Related to 1 Unit of Increased Body Mass Index: A Meta-analysis. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Ishiguro H, Kodama S, Horikawa C, Furukawa K, Suzuki H, Fujihara K, Heianza Y, Suzuki A, Hanyu O, Sone H. Magnitude of Risk of Diabetes Mellitus in Relation to Carrying Risk Alleles of Diabetes-Susceptible Genes Was Not Influenced by Covariates: A Meta-analysis. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Kodama S, Horikawa C, Matsunaga S, Fujihara K, Heianza Y, Hirose A, Yamada T, Suzuki A, Hanyu O, Sone H. Predictive Value of Combined Single Nucleotide Polymorphisms for Diabetes Mellitus—A Meta-analysis. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Horikawa C, Kamada C, Okumura R, Tanaka S, Tanaka S, Ohashi Y, Araki A, Ito H, Yoshimura Y, Sone H. Relationship between Clinical Characteristics and Vegetable Intake in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: Analysis from Japan Diabetes Complications Study. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年6月9日

Heianza Y, Suzuki A, Kato K, Fujihara K, Yamada T, Hanyu O, Kodama S, Sato K, Sone H. Stability and Changes in the Metabolically Healthy Overweight or Obese State and the Risk of Development of Future Type 2 Diabetes. 74th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2014 Jun. (San Fransisco, USA)

更新日: 2014年5月3日

Shibasaki Y, Tanaka T, Miyakoshi S, Fuse K, Kozakai T, Kobayashi H, Ushiki T, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Takahashi M, Sone H, Masuko M. The association of reduction of WT1 transcripts in bone marrow and outcomes in acute myeloid leukemia patients. The 5th JSH International Symposium 2014. 2014 May (浜松)

更新日: 2014年5月1日

Takahashi M, Iwabuchi M, Satoh N, Uchiyama T, Iwaya S, Oiwa E, Nishizawa Y, Hashimoto S, Borgan B, Faure-Kumar E, Kasahara N, Narita M. Potentiation of antigen-specific CTL generation by caTLR4 gene transduction into leukemic plasmacytoid dendritic cell line (PMDC11). IMMUNOLOGY 2014 AAI Annual Meeting. 2014 May (Pittsburgh, USA)

国内学会発表

更新日: 2014年12月14日

Nishizawa Y, Narita M, Uchiyama T, Iwaya S, Oiwa E, Takahashi M. Efficient amplification of γδT cell by PMDC11 cells treated with zoledoronic acid. 第43回日本免疫学会. 2014.12.10(京都)

更新日: 2014年12月14日

Oiwa E, Narita M, Iwaya S, Nishizawa Y, Uchiyama T, Takahashi M. Direct cytotoxicity of leukemic plasmacytoid dendritic cell line (PMDC05) stimulated with OK432 and IFN-γ. 第43回日本免疫学会. 2014.12.10(京都)

更新日: 2014年12月14日

Iwaya S, Narita M, Masuko M, Nishizawa Y, Ida T, Oiwa E, Shibazaki Y, Uchiyama T, Sone H, Takahashi M. The usage of T cell receptor β-chain variable region of WT1 specific cytotoxic T lymphocytes in CML patient treated WT1 peptide vaccination. 第43回日本免疫学会. 2014.12.10(京都)

更新日: 2014年11月24日

五十嵐智雄、冨井亜佐子、原正雄、野本信彦、内藤眞. 高Ca制御困難時貧血進行と癌骨髄浸潤を認めたPTHrP 産生腫瘍の1例.第24回臨床内分泌代謝Update. 2014.11.28(さいたま)

更新日: 2014年11月20日

福武嶺一、阿部孝洋、吉岡大志、石沢正博、松林泰弘、松永佐澄志、小原伸雅、鈴木亜希子、山田貴穂、羽入修、曽根博仁. 視床下部性副腎機能低下を合併したインスリノーマの1例. 第24回臨床内分泌代謝Update. 2014.11.28(さいたま)

更新日: 2014年11月20日

谷内洋子、田中康弘、西端泉、広瀬歩美、藤原和哉、児玉暁、曽根博仁. 妊娠中期における身体活動が糖代謝に与える影響の検討(TWC Study). 第30回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会. 2014.11.28(長崎)

更新日: 2014年11月15日

山田貴穂、白石友信、植村靖行、阿部孝洋、小原伸雅、鈴木亜希子、羽入修、佐藤浩史、石岡孝二郎、大橋瑠子、曽根博仁.  潜在性甲状腺機能亢進症から甲状腺中毒症に移行した機能性甲状腺結節の1例. 第57回日本甲状腺学会学術集会. 2014.11.13(大阪)

更新日: 2014年10月21日

佐藤舞菜見、山田大志郎、小川真弓、渡邉真恵、脇原規栄、沖崎進一郎、清水平、本庄潤、曽根博仁、首藤龍人、横山宏樹. SGLT2阻害薬の使用経験.  第48回日本糖尿病学会北海道地方会. 2014.11.3 (札幌)

更新日: 2014年10月21日

水谷有加利、畑中麻梨絵、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. 良好なA 1C下でのシタグリプチン25mgへ原料の可能性.  第48回日本糖尿病学会北海道地方会. 2014.11.3 (札幌)

更新日: 2014年10月21日

渡邉真恵、佐藤舞菜見、畑中麻梨恵、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. 治療抵抗性高血圧疾患者の特徴-特に腎症病期に基づく糖尿病の解析-.  第48回日本糖尿病学会北海道地方会. 2014.11.3 (札幌)

更新日: 2014年10月21日

小川真弓、首藤龍人、安盛織絵、畑中麻梨恵、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、曽根博仁、横山宏樹.  糖尿病と非糖尿病におけるヘリコバクターピロリ感染の比較. 第48回日本糖尿病学会北海道地方会. 2014.11.3 (札幌)

更新日: 2014年10月21日

樋詰友香、小川真弓、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. MMSEを用いたMCI(Mild Cognitive Impairment、軽度認知症)の特徴.  第48回日本糖尿病学会北海道地方会. 2014.11.3 (札幌)

更新日: 2014年10月21日

畑中麻梨恵、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. インスリン療法へのDPP4阻害薬追加の効果.  第48回日本糖尿病学会北海道地方会. 2014.11.3 (札幌)

更新日: 2014年10月21日

加藤昭二、友重栄美、沢崎詩乃、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、曽根博仁、首藤龍人、中村公英、横山宏樹. 慢性疾患1854名における癌罹患率、癌検査施工数と癌検出率. 第48回日本糖尿病学会北海道地方会. 2014.11.3 (札幌)

更新日: 2014年10月4日

井田桃里、本間保、徳武孝允、中島孝、長谷川伸、藤原正博. 亜急性小脳変性症と膜性腎症によるネフローゼ症候群の2つの腫瘍随伴症候群が疑われた乳癌症例. 第135回日本内科学会信越地方会. 2014.10.4(松本)

更新日: 2014年10月2日

堀川千嘉、広瀬歩美、川井紘一、本橋しのぶ、齋藤和美、山崎勝也、島野仁、曽根博仁. 2型糖尿病患者における、血糖変動と神経障害発症との関連性の検討. 第29回日本糖尿病合併症学会. 2014.10.3(東京)

更新日: 2014年9月30日

Kobayashi H, Yoshimura N, Ushiki T, Shibasaki Y, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Sone H, Masuko M. Imaging of iron deposition in liver using a dual energy CT technique. 第76回日本血液学会学術集会. 2014.10.31(大阪)

更新日: 2014年9月30日

Ichikawa M, Moriyama M, Masuko M, Miyakoshi S, Kobayashi H, Shibasaki Y, Takizawa J, Sone H, Saijo Y. Effect of TPO receptor agonist for impairment of hemetopoiesis after cord blood transplantation. 第76回日本血液学会学術集会. 2014.10.31(大阪)

更新日: 2014年9月30日

Shibasaki Y, Kobayashi H, Ushiki T, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Sone H, Masuko M. Clinical value of methods of adjusting DLCO forHb on the HCT-CI. 第76回日本血液学会学術集会. 2014.10.31(大阪)

更新日: 2014年9月30日

Tanaka T, Nakajima-Takagi Y, Si S, Sone H, Koseki H, Iwama A. Role of the polycomb gene Bcor in hematopoiesis. 第76回日本血液学会学術集会. 2014.10.31(大阪)

更新日: 2014年9月30日

Nanba A, Heianza Y, Shibasaki Y, Kobayashi H, Ushiki T, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Tsuji H, Arase Y, Masuko M, Sone H. A cross-sectional study of anemia in a large cohort of apparently healthy Japanese men and women. 第76回日本血液学会学術集会. 2014.10.31(大阪)

更新日: 2014年9月29日

田島諒子、飯田薫子、穴迫唯衣、田中康弘、曽根博仁、谷内洋子. 日本人妊婦325名における、妊娠早期の炭水化物摂取量と50g糖負荷試験陽性リスクの関連. 第36回日本臨床栄養学会総会. 2014.10.4(東京)

更新日: 2014年9月29日

松永佐澄志、田中司朗、田中佐智子、羽入修、荒木厚、井藤英喜、大橋靖雄、赤沼安夫、山田信博、曽根博仁. 糖尿病患者におけるうつ病と死亡の関係.  第29回日本糖尿病合併症学会. 2014.10.3(東京)

更新日: 2014年9月29日

堀川千嘉、広瀬歩美、川井紘一、本橋しのぶ、齋藤和美、児玉暁、羽入修、山崎勝也、島野仁、曽根博仁. 2型糖尿病患者における、血糖変動と神経障害発症との関連性の検討.  第29回日本糖尿病合併症学会. 2014.10.3(東京)

更新日: 2014年9月29日

堀川千嘉、鎌田智恵美、田中司朗、田中佐智子、井藤秀喜、赤沼安夫、山田信博、吉村幸雄、曽根博仁. 2型糖尿病患者の塩分摂取量と合併症発症リスクの関係-JDCSにおける報告. 第29回日本糖尿病合併症学会. 2014.10.3(東京)

更新日: 2014年9月5日

川田亮、大平俊介、石澤正博、皆川真一、田部浩行、田村哲郎. 脳梗塞を呈したバセドウ病合併類もやもや病の1例. 第15回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. 2014.9.5(さいたま)

更新日: 2014年9月5日

吉岡大志、松林泰弘、山田貴穂、米岡有一郎、渡辺直人、福武嶺一、小原伸雅、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. TSH/GH産生下垂体腺腫の2例. 第15回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. 2014.9.5(さいたま)

更新日: 2014年9月2日

加藤公則、松田和博、地主雅臣、南野徹、小林隆司、佐藤幸示、北川寛、笹川力、上村伯人、曽根博仁. ブルガタ型心電図診断に対する取り組みについて. 第55回日本人間ドック学会学術大会. 2014.9.4(福岡)

更新日: 2014年9月2日

荒瀬康司、陣内由紀、児玉暁、岩男暁子、四倉淑江、田邊真帆、尾形知英、辻裕之、原茂子、曽根博仁. 脂肪肝の臨床背景におよぼすアルコールのインパクト. 第55回日本人間ドック学会学術大会. 2014.9.4(福岡)

更新日: 2014年9月2日

加藤公則、松田和博、小林篤子、田代稔、小林隆司、佐藤幸示、北川寛、野沢幸男、笹川力、曽根博仁. 随時尿より測定した推定塩分摂取量と血圧の関連について-経年変化に着目して-. 第55回日本人間ドック学会学術大会. 2014.9.4(福岡)

更新日: 2014年9月2日

番場一成、平安座依子、笠井真由美、大野義将、清水不二雄、上村由紀、山本晃、松浦恵子、曽根博仁、村山実. 尿蛋白測定試験紙(±)症例における腎機能低下に関連する因子についての検討. 第55回日本人間ドック学会学術大会. 2014.9.4(福岡)

更新日: 2014年8月29日

平澤玲子、堀川千嘉、伊部陽子、平安座依子、菅原歩美、谷内洋子、飯田薫子、近藤和雄、曽根博仁. 糖尿病食事療法関連ウェブサイトの質と学習効果の関連. 第61回日本栄養改善学会学術総会. 2014.8.20(横浜)

更新日: 2014年7月29日

森山雅人,三星美奈子,松本吉史,永橋昌幸,西條康夫,海津元樹,青山英史. 新潟大学医歯学総合病院におけるキャンサーボードの概要と現状(Overview and current status of the Cancer Board in Niigata University Medical and Dental Hospital). 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会. 2014.7 (福岡)

更新日: 2014年6月10日

坪谷隆介、小林弘典、柴崎康彦、牛木隆志、森山雅人、増子正義、滝澤淳、成田美和子、曽根博仁. 骨髄原発composite lymphoma の1例.  第134回日本内科学会信越地方会. 2014.6.7(新潟)

更新日: 2014年6月10日

鈴木脩平、根本洋樹、宮越淑子、関義信、若木邦彦. 高悪性度転化のBing-Neel Syndromeを呈したと考えられたマクログロブリン血症/リンパ形質細胞性リンパ腫の1例. 第134回日本内科学会信越地方会. 2014.6.7(新潟)

更新日: 2014年6月10日

酒井亮平、大沢妙子、福武嶺一、松林泰弘、宗田聡. 妊娠中のリンデロン投与により一過性の高血糖が疑われた1例. 第134回日本内科学会信越地方会. 2014.6.7(新潟)

更新日: 2014年6月10日

井上隆志、川田亮、石澤正博、永井孝一、村山慎一郎、水澤隆樹、片桐明善、皆川真一、羽入修、曽根博仁. クッシング徴候を呈し副腎皮質癌と診断された1例. 第134回日本内科学会信越地方会. 2014.6.7(新潟)

更新日: 2014年6月10日

小原伸雅、植村靖行、目崎直美、木村慶太、鴨井久司、金子兼三、薄田浩幸. 123 I-MIBGシンチグラムで集積を認めなかった発作型副腎褐色細胞腫の1例. 第134回日本内科学会信越地方会. 2014.6.7(新潟)

更新日: 2014年6月2日

笠見卓哉、瀧澤淳、長谷川剛. 多発性骨髄腫における遺伝子異常の FISH 解析と免疫染色での発現に関する検討. 第54回日本リンパ網内系学会総会. 2014.6.21(山形)

更新日: 2014年6月2日

河本啓介、小山田亮祐、熊本忠史、瀧澤淳、竹内賢吾、森慎一郎. t(6;8)(p21;q24)を伴った Blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm (BPDCN)の 1例. 第54回日本リンパ網内系学会総会. 2014.6.21(山形)

更新日: 2014年6月2日

瀧澤淳、小林弘典、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、曽根博仁、成田美和子、大湊絢、張大行、尾山徳秀、福地健郎、青木定夫、中村直哉、大島孝一.  MALTリンパ腫 65 例の臨床病理学的検討.  第54回日本リンパ網内系学会総会. 2014.6.20(山形)

更新日: 2014年6月2日

中野貴明、中野賢治、瀧澤 淳、曽根博仁.  FCMを用いた多発性骨髄腫症例における表面抗原解析.  第54回日本リンパ網内系学会総会. 2014.6.21(山形)

更新日: 2014年6月2日

鎌田智恵美、堀川千嘉、奥村亮太、田中司朗、田中佐智子、荒木厚、井藤英喜、赤沼安夫、山田信博、曽根博仁、吉村幸雄. 2型糖尿病患者における、野菜摂取量と臨床検査指標との関連性:JDCS. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

渡邉真恵、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、本庄潤、首藤瀧人、山田大志郎、曽根博仁、横山宏樹. 治療抵抗性高血圧症患者の特徴. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

山本正彦、三瓶一弘、鈴木啓介、百都健、田辺直仁、曽根博仁. 住民検診と人間ドックで把握された糖尿病患者の死亡リスク. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

堀川千嘉、児玉暁、藤原和哉、谷内洋子、羽入修、島野仁、曽根博仁. 糖尿病患者における、ヘリコバクター・ピロリ菌感染とその除菌成功率:メタアナリシスによる報告. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

畑中麻梨恵、水谷有加利、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤瀧人、曽根博仁、横山宏樹. インスリン療法へのDPP4阻害薬追加の効果. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

鈴木亜希子、平安座依子、羽入修、鈴木達郎、北澤勝、阿部孝洋、植村靖行、皆川真一、山田貴穂、曽根博仁. レセプトデータを利用した新規糖尿病治療薬処方状況の検討. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

藤原和哉、羽入修、鈴木亜希子、山田貴穂、横山宏樹、田中司朗、野牛宏晃、島野仁、柏木厚典、山崎勝也、川井紘一、曽根博仁、糖尿病データマネージメント研究会. わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方パターンと意図の解析. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

谷内洋子、田中康弘、西端泉、由澤咲子、藤原和哉、児玉暁、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. 妊娠中期の身体活動量が糖代謝に及ぼす影響の検討(TWC Study). 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

上村伯人、布施克也、加藤公則、佐藤幸示、石黒創、高村誠、上原喜美子、広井幸枝、高野久美子、田村かおり. 地域包括糖尿病総合対策「Project8」 新潟県魚沼地域の取り組み. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

髙橋真美、福武嶺一、大澤妙子、松林泰弘、宗田聡. インスリン治療における肝機能の経時的変化についての検討. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

松林泰弘、宗田聡、大澤妙子、福武嶺一. DPP-4阻害薬のインスリン療法への追加効果と、追加方法についての検討. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

佐藤舞菜見、小川真弓、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志朗、本庄潤、曽根博仁、首藤瀧人、横山宏樹. ビルダグリプチンのシタグリプチンとの比較. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

奥村朱美、中村友美、白井元子、桐生朝子、松林泰弘、宗田聡. ペン型インスリン注射用注射針の使用感についての調査. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

平安座依子、児玉暁、原茂子、謝勲東、森保道、辻裕之、齋藤和美、藤原和哉、島野仁、羽入修、鈴木亜希子、荒瀬康司、曽根博仁. 健康的肥満(Metabolically Healthy Obesity)と2型糖尿病発症に関する大規模前向き研究:TOPICS. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

水谷有加利、畑中麻梨恵、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤瀧人、曽根博仁、横山宏樹. グラルギン、デテミルからデグルデクへ変更後の作用効果. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

松永佐澄志、平安座依子、皆川真一、鈴木亜希子、山田貴穂、羽入修、田代稔、大塚政人、佐藤幸示、加藤公則、曽根博仁. 尿酸の糖尿病発症への影響は非肥満者で強い. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

由澤咲子、児玉暁、藤原和哉、堀川千嘉、菅原歩美、谷内洋子、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. 問診による2型糖尿病予測能のメタ解析. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

小川真弓、佐藤舞菜見、畑中麻梨絵、水谷有加利、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤瀧人、曽根博仁、横山宏樹、羽田勝計. シスタチンCとクレアチニンによる推算GFRの比較. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

福武嶺一、宗田聡、松林泰弘、大澤妙子. 当院における糖尿病教育入院患者の治療方針の選択に影響を及ぼす因子についての検討. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

大澤妙子、福武嶺一、松林泰弘、宗田聡. 教育入院後の血糖コントロール予後に影響を及ぼす因子についての検討. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

樋詰友香、畑中麻梨絵、水谷有加利、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤瀧人、曽根博仁、横山宏樹. 詳細な食事調査で見る2型糖尿病通院者における各栄養摂取量と臨床値の関わり. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

羽入修、平安座依子、加藤公則、松永佐澄志、田代稔、児玉暁、藤原和哉、鈴木亜希子、佐藤幸示、曽根博仁. 肥満と臨床代謝指標の変化がその後の糖尿病発症に与える影響についての大規模縦断的検討:the Niigata Wellness Study. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

柴野淑子、佐藤舞菜見、畑中麻梨恵、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、曽根博仁、首藤瀧人、横山宏樹. インスリンアスパルト・リスプロをグルリジンへ変更したときの影響. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

五十嵐理沙、平安座依子、児玉暁、由澤咲子、山田貴穂、藤原和也、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. 糖尿病スクリーニング後の早期治療と未治療放置が短期間の血糖コントロールに与える影響の大規模疫学的検討. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年6月2日

加藤公則、上村伯人、田代稔、小林篤子、小林隆司、佐藤幸示、笹川力、澤田亨. 人間ドックにおける体力測定は5年後の糖尿病発症を予測できる. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 2014.5.22(大阪)

更新日: 2014年5月20日

内山孝由、成田美和子、岩谷俊平、大岩恵理、西澤幹則、橋本誠雄、瀧澤淳、Kasahara N、高橋益廣. 白血病性形質細胞様樹状細胞株PMDC11由来エクソソームの同定とそれを用いた抗原特異的細胞傷害性T細胞の誘導. 第24回日本樹状細胞研究会. 2014.5.20(山形)

更新日: 2014年5月2日

Matsumoto M, Sunami K, Kaya H, Shimazaki C, Kuroda J, Takizawa J, Igarashi T, Murayama T, Shimizu K, YoshidaT. Efficacy and safety of high-dose chemotherapy with autotransplantation for symptomatic multiple myeloma (JMSG-0901). 第39回日本骨髄腫学会学術総会. 2014.5.17(掛川)

更新日: 2014年5月1日

小林弘典、宮腰淑子、小堺貴司、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、瀧澤淳、曽根博仁、田邊嘉也. 重症再生不良性貧血に対する免疫抑制療法中に長期の潜伏期を経て発症したレジオネラ肺炎の1例. 日本血液学会 第1回関東甲信越地方会. 2014.4.26(川越)

更新日: 2014年4月23日

鈴木達郎、阿部孝洋、鈴木亜希子、北澤勝、皆川真一、山田貴穂、羽入修、石澤正博、大澤妙子、曽根博仁. 巣症状を来したインスリノーマによる低血糖性脳症2例. 第87回日本内分泌学会学術総会. 2014.4.24(福岡)

更新日: 2014年4月15日

牛木隆志、曽根博仁、中田光. SOCS3ノックアウトはSOCS1ノックアウトによる慢性炎症を重症化する. 第51回日本臨床分子医学会学術集会. 2014.4.11(東京)

更新日: 2014年4月3日

瀧澤淳、宮腰淑子、田中智之、小堺貴司、小林弘典、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、曽根博仁.  MYC転座陽性アグレッシブB細胞リンパ腫15例の後方視的解析. 第111回日本内科学会講演会 2014.4.11(東京)

更新日: 2014年3月17日

児玉暁、藤原和哉、松永佐澄志、古川和郎、山田貴穂、鈴木亜希子、島野仁、羽入修、曽根博仁.  メタ分析によるゲノムワイド関連解析(GWAS)における糖尿病関連複数遺伝子と糖尿病との定量的相関性の検討. 第111回日本内科学会. 2014.4.11(東京)

更新日: 2014年3月1日

細貝亮介、今井千速、柴崎康彦、増子正義、古川達雄. ドナーKIR ハプロタイプB はATG 不使用同種造血幹細胞移植において重症急性GVHD の危険因子となる可能性がある. 第36回日本造血細胞移植学会総会. 2014.3.7(沖縄)

更新日: 2014年3月1日

柴崎康彦、宮越淑子、小堺貴司、小林弘典、森山雅人、古川達雄、増子正義、曽根博仁.  急性骨髄性白血病及び骨髄異形成症候群に対する同種造血幹細胞移植成績に移植前骨髄の芽球率が与える影響.  第36回日本造血細胞移植学会総会. 2014.3.7(沖縄)

更新日: 2014年3月1日

勝良剛詞、古川達雄、曽我麻里恵、柴崎康彦、森山雅人、小堺貴司、千葉香、高木律男、林孝文、増子 正義、曽根博仁.  同種造血幹細胞移植関連口腔粘膜炎の危険因子とsystematic oral management の役割.  第36回日本造血細胞移植学会総会. 2014.3.7(沖縄)

更新日: 2014年3月1日

松本瑛生,森山雅人,平安座依子,田中智之,宮腰淑子,小堺貴司,小林弘典,布施香子,柴崎康彦,増子正義,瀧澤淳,古川達雄,曽根博仁,西條康夫.  同種造血幹細胞移植における血清蛋白と発熱・炎症所見との関連性の検討(Relationship between serum proteins and hematopoietic stem cell transplantation).  第36回日本造血細胞移植学会総会. 2014.3.7(沖縄)

更新日: 2014年1月23日

鈴木浩史、周啓亮、山田貴穂、鈴木達郎、北澤勝、植村靖行、皆川真一、鈴木亜希子、羽入修、山口雅幸、本田忠幸、山谷恵一、曽根博仁. 診断に難渋した妊娠時発症甲状腺クリーゼの一例. 第23回臨床内分泌代謝Update. 2014.1.24(名古屋)

更新日: 2014年1月23日

堀川千嘉、児玉暁、藤原和哉、谷内洋子、羽入修、島野仁、曽根博仁. 糖尿病患者のヘリコバクター・ピロリ菌感染における血糖コントロール及び除菌成功率との関連性:メタ解析.  第24回日本疫学会学術総会. 2014.1.24 (仙台)

更新日: 2014年1月23日

平安座依子、児玉暁、齋藤和美、島野仁、田中司朗、荒瀬康司、原茂子、曽根博仁. 現在BMIと20歳時や生涯最大BMIを組み合わせた高血圧発症予測の縦断的検討.  第24回日本疫学会学術総会. 2014.1.24 (仙台)

更新日: 2014年1月23日

平安座依子、羽入修、鈴木亜希子、児玉暁、島野仁、曽根博仁. ヘモグロビンA1c検査による糖尿病スクリーニングとその後の通院治療開始が血糖コントロールに与える影響. 第24回日本疫学会学術総会. 2014.1.24 (仙台)

更新日: 2014年1月23日

谷内洋子、田中康弘、西端泉、由澤咲子、藤原和哉、児玉暁、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. 妊娠中の母体の血糖状態と低出生体重児出産との関連.  第24回日本疫学会学術総会. 2014.1.24 (仙台)

更新日: 2014年1月23日

古川和郎、鈴木達郎、石黒創、皆川真一、松永佐澄志、山田貴穂、森川洋、鈴木亜希子、羽入修、村山稔子、曽根博仁. aGIの内服によって食事性低血圧による失神を予防できた2型糖尿病の一例.  第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会. 2014.1.18(横浜)

更新日: 2014年1月23日

石黒創、羽入修、保谷智史、諸橋和昭、黒岩厳志、桑原治、仲丸司、布施克也、佐藤幸示、曽根博仁. 抗精神病薬が原因と考えられる低血糖を呈した1例.  第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会. 2014.1.18(横浜)

更新日: 2014年1月11日

福武嶺一、松林泰弘、大澤妙子、宗田聡. インスリン浮腫を来した1例.  第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会. 2014.1.18(横浜)

更新日: 2014年1月6日

堀川千嘉、児玉暁、藤原和哉、谷内洋子、羽入修、島野仁、曽根博仁. 糖尿病患者は非糖尿病患者よりもヘリコバクター・ピロリ菌除菌成功率が低い:メタ解析.  第48回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会. 2014.1.11(東京)

更新日: 2014年1月6日

堀川千嘉、田中司朗、羽入修、井藤秀喜、大橋靖雄、吉村幸雄、曽根博仁. 2型糖尿病患者における食塩摂取量と合併症発症リスクの関連性:JDCS.  第48回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会. 2014.1.11(東京)

更新日: 2014年1月6日

堀川千嘉、児玉暁、藤原和哉、谷内洋子、羽入修、島野仁、曽根博仁. 糖尿病患者におけるヘリコバクター・ピロリ菌感染と血糖コントロールの関係:メタ解析. 第48回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会. 2014.1.11(東京)

 

ご連絡先

〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通一番町

TEL 025-368-9026 FAX 025-368-9300

内分泌・代謝内科、血液内科【外来電話番号】025-227-2534

e-mail emh@med.niigata-u.ac.jp