当科では糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満・メタボリック症候群などの代謝疾患(生活習慣病)やバセドウ病、慢性甲状腺、甲状腺腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症などに代表される内分泌疾患(ホルモンの病気)の診療や教育研究をおこなっております。また、急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、貧血、凝固異常症など血液疾患の診療(新規治療薬を用いた多剤併用化学療法、造血幹細胞移植、細胞免疫療法など)や教育研究を行なっております。

HOME > 研究について > 業績一覧

研究について

業績一覧

2015年

次年 >>

<< 前年

原著論文

更新日: 2015年12月18日

Fujiwara H, Ochi T, Ochi F, Miyazaki Y, Asai H, Narita M, Okamoto S, Mineno J, Kuzushima K, Shiku H, Yasukawa M. Antileukemia multifunctionality of CD4(+) T cells genetically engineered by HLA class I-restricted and WT1-specific T-cell receptor gene transfer. Leukemia. 29(12):2393-401, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26104661

更新日: 2015年9月30日

Yokoyama H, Araki S, Watanabe S, Honjo J, Okizaki S, Yamada D, Shudo R, Shimizu H, Sone H, Haneda M. Prevalence of resistant hypertension and associated factors in Japanese subjects with type 2 diabetes. Diabetes Res Clin Pract. 110(1):18-25, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26361860

更新日: 2015年9月30日

Osaki Y, Nakagawa Y, Miyahara S, Iwasaki H, Ishii A, Matsuzaka T, Kobayashi K, Yatoh S, Takahashi A, Yahagi N, Suzuki H, Sone H, Ohashi K, Ishibashi S, Yamada N, Shimano H. Skeletal muscle-specific HMG-CoA reductase knockout mice exhibit rhabdomyolysis: A model for statin-induced myopathy. Biochem Biophys Res Commun. 466(3):536-40, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26381177

更新日: 2015年9月30日

Yokoyama H, Araki S, Kawai K, Hirao K, Oishi M, Sugimoto K, Sone H, Maegawa H, Kashiwagi A; Japan Diabetes Clinical Data Management Study Group. Pioglitazone treatment and cardiovascular event and death in subjects with type 2 diabetes without established cardiovascular disease (JDDM 36). Diabetes Res Clin Pract. 109(3):485-92, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26261056

更新日: 2015年9月24日

Yamakado M, Ichihara K, Matsumoto Y, Ishikawa Y, Kato K, Komatsubara Y, Takaya N, Tomita S, Kawano R, Takada K, Watanabe K. Derivation of gender and age-specific reference intervals from fully normal Japanese individuals and the implications for health screening. Clin Chim Acta. 447:105-14, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25987309

更新日: 2015年9月24日

Moriyama M, Matsumoto Y, Zhou Q, Yamana K, Ikeda Y, Ayukawa F, Abe E, Sato S, Takano K, Kaidu M, Aoyama H, Saijo Y. A case of pancreatic neuroendocrine tumors. Int Canc Conf J. (in press)

更新日: 2015年9月24日

Kawamoto K, Shibasaki Y, Sato S, Nemoto H, Takizawa J, Narita M, Tsuchida M, Sone H, Masuko M. Fatal tracheal aspergillosis during rituximab combined chemotherapy for diffuse large B-cell lymphoma that developed after lung transplantation. Transpl Infect Dis. 17(6):872-5, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26369902

更新日: 2015年9月17日

Fujihara K, Hanyu O, Heianza Y, Suzuki A, Yamada T, Yokoyama H, Tanaka S, Yagyu H, Shimano H, Kashiwagi A, Yamazaki K, Kawai K, Sone H. Comparison of clinical characteristics in patients with type 2 diabetes among whom different antihyperglycemic agents were prescribed as monotherapy or combination therapy by diabetes specialists (JDDM 35) J Diabet Invest. DOI: 10.1111/jdi.12387, 2015 (online journal)

この研究についてこの研究について

更新日: 2015年9月17日

Charvat H, Goto A, Goto M, Inoue M, Heianza Y, Arase Y, Sone H, Nakagami T, Song X, Qiao Q, Tuomilehto J, Tsugane S, Noda M, Inoue M. Impact of population aging on trends in diabetes prevalence: a meta-regression analysis of 160,000 Japanese adults. J Diabet Invest. 6(5):533-42, 2015

この研究についてこの研究について

更新日: 2015年9月14日

Fujiwara H, Ochi T, Ochi F, Miyazaki Y, Asai H, Narita M, Okamoto S, Mineno J, Kuzushima K, Shiku H, Yasukawa M. Antileukemia multifunctionality of CD4+ T cells genetically engineered by HLA class I-restricted and WT1-specific T-cell receptor gene transfer. Leukemia. 29(12):2393-401, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26104661

更新日: 2015年8月26日

Konuma T, Takahashi S, Uchida N, Kuwatsuka Y, Yamasaki S, Aoki J, Onishi Y, Aotsuka N, Ohashi K, Mori T, Masuko M, Nakamae H, Miyamura K, Kato K, Atsuta Y, Kato S, Asano S, Takami A, Miyazaki Y; Adult Myelodysplastic Syndrome and Adult Acute Myeloid Leukemia Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation. Effect of Granulocyte Colony-Stimulating Factor-Combined Conditioning in Cord Blood Transplantation for Myelodysplastic Syndrome and Secondary Acute Myeloid Leukemia: A Retrospective Study in Japan. Biol Blood Marrow Transplant. 21(9):1632-40, 2015.

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25985920

更新日: 2015年8月24日

Moriyama M, Yano T, Furukawa T, Takada T, Ushiki T, Masuko M, Takizawa J, Sone H, Tazawa R, Saijo Y, Ishii H, Nakata K. Possible Involvement of Lung Cells Harboring an Abnormal Karyotype in the Pathogenesis of Pulmonary Alveolar Proteinosis Associated with Myelodysplastic Syndrome. Ann Am Thorac Soc. 12(8):1251-3, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26317278

更新日: 2015年8月14日

Iwabuchi M, Narita M, Uchiyama T, Iwaya S, Oiwa E, Nishizawa Y, Hashimoto S, Bonehill A, Kasahara N, Takizawa J, Takahashi M. Enhancement of the antigen-specific cytotoxic T lymphocyte-inducing ability in the PMDC11 leukemic plasmacytoid dendritic cell line via lentiviral vector-mediated transduction of the caTLR4 gene. Mol Med Rep. 12(2):2443-50, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25936433

更新日: 2015年6月24日

Shibasaki Y, Seki Y, Tanaka T, Miyakoshi S, Fuse K, Kozakai T, Kobayashi H, Ushiki T, Abe T, Yano T, Moriyama M, Kuroha T, Isahai N, Takizawa J, Narita M, Koyama S, Furukawa T, Sone H, Masuko M. The association of level of reduction of Wilms' tumor gene 1 mRNA transcript in bone marrow and outcome in acute myeloid leukemia patients. Leuk Res. 39(6):667-71, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25890432

更新日: 2015年5月17日

Heianza Y, Arase Y, Kodama S, Tsuji H, Tanaka S, Saito K, Hara S, Sone H. Trajectory of Body Mass Index Before the Development of Type 2 Diabetes in Japanese Men: Toranomon Hospital Health Management Center Study 15 (TOPICS 15) J Diabet Invest. 6(3):289-94, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25969713

更新日: 2015年5月17日

Damrongrungruang T, Ogawa H, Hori-Matsumoto S, Minagawa K, Hanyu O, Sone H, Miyazaki H. Correlation between SNP genotypes and periodontitis in Japanese type II diabetic patients: a preliminary study. Odontology. 103(2):233-240, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25119712

更新日: 2015年5月1日

Heianza Y, Kato K, Kodama S, Ohara N, Suzuki A, Tanaka S, Hanyu O, Sato K, Sone H. Risk of the Development of Type 2 Diabetes in Relation to Overall Obesity, Abdominal Obesity and the Clustering of Metabolic Abnormalities in Japanese Individuals—Does Metabolically Healthy Overweight Really Exist?: Niigata Wellness Study. Diabet Med. 32(5):665-72, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25438871

更新日: 2015年4月14日

Narita M, Kanda T, Abe T, Uchiyama T, Iwafuchi M, Zheng Z, Liu A, Kaifu T, Kosugi S, Minagawa M, Itoh K, Takahashi M. Immune responses in patients with esophageal cancer treated with SART1 peptide-pulsed dendritic cell vaccine. Int J Oncol. 46(4):1699-709, 2014

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25625346

更新日: 2015年4月3日

Heianza Y, Arase Y, Kodama S, Hsieh SD, Tsuji H, Saito K, Hara S, Sone H. Fasting glucose and HbA1c levels as risk factors for the development of hypertension in Japanese individuals: Toranomon hospital health management center study 16 (TOPICS 16). J Hum Hypertens. 29(4):254-9, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25231510

更新日: 2015年3月18日

Fujihara K, Suzuki H, Sato A, Kodama S, Heianza Y, Saito K, Iwasaki H, Kobayashi K, Yatoh S, Takahashi A, Yahagi N, Yagyu H, Sone H, Shimano H. Circulating malondialdehyde-modified LDL-related variables and coronary artery stenosis in asymptomatic patients with type 2 diabetes. J Diabet Res. 507245, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25883985

更新日: 2015年3月17日

Fuse K, Matsuyama Y, Moriyama M, Miyakoshi S, Shibasaki Y, Takizawa J, Furukawa T, Fuse I, Matsumura H, Uchida S, Takahashi Y, Kamimura K, Abe H, Suda T, Aoyagi Y, Sone H, Masuko M. Late Onset Post-Transfusion Hepatitis E Developing during Chemotherapy for Acute Promyelocytic Leukemia. Intern Med. 54(6):657-61, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25786459

更新日: 2015年3月2日

Arase Y, Heianza Y, Hara S, Ohmoto-Sekine Y, Amakawa K, Tsuji H, Ogawa K, Saito K, Kodama S, Ikeda K, Kumada H, Kobayashi T, Sone H. Potential impact of joint association of alanine aminotransferase and gamma- glutamyltransferase on insulin resistance in Japan: the Toranomon Hospital Health Management Center Study 19 (TOPICS 19). Hepatol Res. 45(3):247-58, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24720401

更新日: 2015年2月18日

Ohara N, Kaneko M, Yano T, Sato N, Usuda H, Miyakoshi M, Furukawa T, Koike T, Kaneko K, Kamoi K. Type 1 Diabetes Mellitus and Pernicious Anemia in an Elderly Japanese Patient: A Case Report and Literature Review. Intern Med. 54(18):2361-5, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26370862

更新日: 2015年2月18日

Ohara N, Kaneko M, Kuwano H, Ebe K, Fujita T, Nagai T, Furukawa T, Aizawa Y, Kamoi K. Fulminant type 1 diabetes mellitus and fulminant viral myocarditis. A case report and literature review. Int Heart J. 56(2):239-44, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25740579

更新日: 2015年2月17日

Ishiguro H, Hnyu O, Houya S, Morohashi K, Kuroiwa G, Kuwabara O, Nakamaru T, Fuse K, Sato K, Sone H. A case of hypoglycemia attributable to atypical antipsychotic drugs. Diabetol Int. DOI 10.1007/s13340-015-0203-5, 2015

この研究についてこの研究について

更新日: 2015年2月2日

Heiaza Y, Arase Y, Kodama S, Tsuji H, Fujihara K, Saito K, Hara S, Sone H. Simple Self-Reported Behavioral or Psychological Characteristics as Risk Factors for Future Type 2 Diabetes in Japanese Individuals: Toranomon Hospital Health Management Center Study 14. J Diabet Invest. 6(2):236-41, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25802732

更新日: 2015年2月2日

Nakagami T, Nishimura R, Sone H, Tajima N. The combination of elevated triglycerides and abnormal fasting glucose increases risk of cerebral infarction in patients with mild to moderate hypercholesterolemia: A post hoc analysis of the MEGA study. J Cardiovasc Pharmacol Ther. 20(2):169-73, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 24906541

更新日: 2015年2月2日

Arakawa S, Watanabe T, Sone H, Tamura Y, Kobayashi M, Kawamori R, Atsumi Y, Oshida Y, Tanaka S, Suzuki S, Makita S, Ohsawa I, Sato Y. The factors that affect exercise therapy for patients with type 2 diabetes in Japan: a nationwide survey. Diabetol Int. 6:19-25, 2015

この研究についてこの研究について

更新日: 2015年1月17日

Ozawa T, Sone H, Nishizawa M. Reply to: Relationship between leptin and blood pressure in patients with multiple system atrophy. J Neurol Sci. 348(1-2):285, 2015

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 25499822

総説

更新日: 2015年12月28日

曽根博仁. 日本人2型糖尿病患者の特徴と合併症の危険因子. 日本臨牀. 73(12);1979-87, 2015

更新日: 2015年12月4日

谷内洋子、田中康弘、曽根博仁. Tanaka Women’s Clinic Study –若年女性のやせと妊娠糖尿病-. Diabetes Frontier. 26(6):752-55, 2015

更新日: 2015年12月4日

平安座依子、荒瀬康司、曽根博仁. TOPICS –Toranomon Hospital Health Management Center Study-. Diabetes Frontier. 26(6):746-51, 2015

更新日: 2015年12月4日

松永佐澄志、田中司朗、曽根博仁. JDCS. Diabetes Frontier. 26(6):699-704, 2015

更新日: 2015年12月4日

松永佐澄志、曽根博仁. EBMを基盤とした血糖の管理目標と薬物療法. 月刊糖尿病. 7(12):28-34, 2015

更新日: 2015年12月4日

平安座依子、荒瀬康司、曽根博仁.  糖尿病の一次予防-健診コホート研究から見えてくるもの-. プラクティス. 32(5):513-20, 2015

更新日: 2015年12月2日

佐藤祐造、曽根博仁、小林正、河盛隆造、渥美義仁、押田芳治、田中司朗、鈴木進、牧田茂、大澤功、田村好史、渡邉智之. わが国における糖尿病運動療法の実施状況(第2報)‐患者側への質問紙全国調査成績-. J.Japan Diab. Soc. 58(11): 850-9,2015. (Current Situation of Exercise Therapy in Patients With Diabetes Mellitus in Japan (Report No. 2): A Nationwide Survey to Patients Using the Questionnaires.)

更新日: 2015年11月17日

曽根博仁. 糖尿病と脳卒中のただならぬ関係‐疫学データを読み解く. Diabetes Contemporary. 2(3), 2015

更新日: 2015年11月4日

北澤勝、曽根博仁. 3.高血糖と大血管症・そのほかの合併症. 糖尿病ケア 2.血糖変動による影響のメカニズムとコントロール. 12(11):39-43, 2015

更新日: 2015年10月30日

瀧澤淳、尾山徳秀. 眼・眼付属器リンパ腫. 日本臨牀 リンパ腫学 X.節外リンパ腫の臓器別特徴と治療. 73(増刊号8):614-18, 2015

更新日: 2015年10月5日

曽根博仁. 臨床医でなくてはできない予防医学・医療がある. Primaria. 14;18-19, 2015

更新日: 2015年9月29日

鈴木浩史、渡辺賢一、曽根博仁. 脂質摂取と糖尿病. 機能性食品と薬理栄養. 9(3);131-4, 2015

更新日: 2015年9月28日

成田美和子. 貧血の分類と診断の進め方. 日本内科学会雑誌. 104(7):1375-82, 2015

更新日: 2015年9月28日

瀧澤淳. 悪性リンパ腫~診断と治療の進歩~. 新潟医学会雑誌. 129(10);557-61, 2015

更新日: 2015年8月5日

佐藤祐造、曽根博仁、小林正、河盛隆造、渥美義仁、押田芳治、田中司朗、鈴木進、牧田茂、大澤巧、田村好史、渡邉智之. わが国における糖尿病運動療法の実施状況(第1報) –医師側への質問紙全国調査成績-. 糖尿病. 58(8):568-75, 2015

更新日: 2015年7月17日

曽根博仁. 我が国の糖尿病血管合併症とそのリスク因子の実態. 最新醫學. 70(7月増刊号):19-27, 2015

更新日: 2015年7月5日

堀川千嘉. 糖尿病における食事療法と合併症:最近の科学的知見から. 新潟医学会雑誌. 129(7):368-371, 2015

更新日: 2015年6月24日

布施克也、石黒創、佐藤幸示、大橋麻紀、高野久美子、若木深雪、上原貴美子、廣井幸枝、高村誠、加藤公則. 豪雪地の低血糖リスクとその対策. 糖尿病. 58(6):398-406, 2015

更新日: 2015年4月17日

荒川聡美、渡邉智之、曽根博仁、小林正、河盛隆造、渥美義仁、押田芳治、田中司郎、鈴木進、牧田茂、大澤功、田村好史、佐藤祐造. 糖尿病診療における食事療法・運動療法の現状-糖尿病患者の全国調査集計成績-. 糖尿病. 58(4):265-278, 2015

更新日: 2015年4月1日

曽根博仁. 糖尿病合併症の疫学-わが国の2型糖尿病患者データを中心に. 医学のあゆみ. 252(5):355-61, 2015

更新日: 2015年3月17日

堀川千嘉、曽根博仁. 日本人2型糖尿病のエビデンスに基づく今後の食事療法-「日本人の食事摂取基準2015年版」を踏まえて-. Diabetes Update. Vol.4 No.2 2015.4

更新日: 2015年3月1日

曽根博仁. 医療ビッグデータ時代の科学的根拠に基づく糖尿病・生活習慣病対策-「オール新潟」体制の可能性-. 陽光. 11:1-3, 2015

更新日: 2015年3月1日

松永佐澄志、曽根博仁. 糖尿病とストレス-解消法を考える 講義篇. べんちのーと. 25(4) 97号:16-17, 2015

更新日: 2015年3月1日

松永佐澄志、曽根博仁. 大規模臨床研究からみた肥満と2型糖尿病の関係. The Lipid. 26(2):51-6, 2015

更新日: 2015年3月1日

曽根博仁、川崎良、山下英俊.  糖尿病と糖尿病網膜症の疫学. あたらしい眼科. 32(3):313-19, 2015

更新日: 2015年3月1日

平安座依子、曽根博仁. BMIと高血圧: TOPICS 18. 血圧. 22(3):6-7, 2015

更新日: 2015年3月1日

金子正儀、羽入修、曽根博仁. 糖尿病三大合併症. 臨床雑誌 内科. 115(4):621-626, 2015

更新日: 2015年2月17日

曽根博仁、赤沼安夫、山田信博. JDCS-食事・運動療法を中心とした最近の解析結果より. 糖尿病合併症. 29(2):189-194, 2015

更新日: 2015年2月1日

谷内洋子、曽根博仁. 妊婦の糖代謝異常. Bios. 20(1):3-6, 2015

更新日: 2015年2月1日

植村靖行、平安座依子、児玉暁、曽根博仁. 肥満と2型糖尿病~わが国における動向~. Diabetes Frontier. 26(1):20-6,2015

著書

更新日: 2015年9月24日

小林弘典、瀧澤淳. 新スタンダード栄養・食物シリーズ4 疾病の成り立ち. 第22章 血液系の疾患 (東京化学同人) pp267-276, 2015

更新日: 2015年9月17日

田中司郎、曽根博仁. 大血管・最小血管合併症のリスク評価-JDCS/J-EDIT リスクエンジン. 糖尿病学2015 (診断と治療社) pp.136-143, 2015

更新日: 2015年6月16日

五十嵐智雄、羽入修、曽根博仁. 糖尿病大血管症の成因・疫学. 糖尿病学:門脇孝ら(編)(西村書店) pp. 435-451, 2015

更新日: 2015年2月1日

松林泰弘、曽根博仁. 増刊レジデントノート 糖尿病診療でみんなが困る疑問を集めました。血糖コントロールがうまくいくコツ. (羊土社) pp150-8, 2015

更新日: 2015年1月10日

曽根博仁. 新スタンダード栄養・食物シリーズ4 疾病の成り立ち 13.2糖尿病、13.3低血糖 (東京化学同人) pp106-117, 2015

国際学会発表

更新日: 2015年12月4日

Kawamoto K, Takizawa J, Miyoshi H, Yoshida N, Shibasaki Y, Masuko M, Sone H, Nakamura N, Ohshima K. Clinical Significance of MYC, BCL2 and BCL6 Rearrangement and Protein Expression in GCB and Non-GCB Type Diffuse Large B-Cell Lymphoma. 57th American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting & Exposition. 2015.12.5 (Orlando, USA)

更新日: 2015年12月3日

Heianza Y, Arase Y, Saito K, Tsuji H, Kodama S, Honda R, Kobayashi T, Hara S, Sone H. Separate and combined associations of obesity and fatty liver with insulin resistance and beta-cell dysfunction. International Diabetes Fereration (IDF) 2015. 2015.11.30 (Vancouver, Canada)

更新日: 2015年12月3日

Heianza Y, Kato K, Kodama S, Tashiro M, Hanyu O, Sato K, Sone H. Risk of development of dysglycemia according to the combination of obesity and degrees of metabolic abnormalities. International Diabetes Fereration (IDF) 2015. 2015.11.30 (Vancouver, Canada)

更新日: 2015年12月3日

Heianza Y, Kato K, Kodama S, Tashiro M, Hanyu O, Sato K, Sone H. Metabolic health, obesity and the risk of developing chronic kidney disease among Japanese individuals. International Diabetes Fereration (IDF) 2015. 2015.11.30 (Vancouver, Canada)

更新日: 2015年9月11日

Takizawa J, Suzumiya J, Suzuki R, Kiguchi T, Izutsu T, Asaoku H, Saburi Y, Masunari T, Utsunomiya A, Nakamura N, Oshima K, Aoki S. The characteristic of chronic lymphocytic leukemia in Japan: An interim result of CLLRSG-01 study. XVI INTERNATIONAL WORKSHOP ON CHRONIC LYMPHOCYTIC LEUKAEMIA (iwCLL 2015). 2015.9.7(Sydney, Australia)

更新日: 2015年6月5日

Kawamoto K, Shibasaki Y, Kobayashi H, Ushiki T, Sato N, Yano T, Moriyama M, Kuroha T, Takizawa J, Hashimoto S, Narita M, Furukawa T, Sone H, Masuko M. PERIPHERAL BLOOD EOSINOPHIL COUNT AT DAY 28 AS A PROGNOSTIC INDICATOR IN ALLOGENEIC. European Hematology Association (EHA). 2015.6.11 (Vienna, Austria)

更新日: 2015年6月4日

Heianza Y, Hara S, Kodama S, Saito K, Tanaka S, Hanyu O, Kobayashi T, Arase Y, Sone H. Assessment of Kidney Dysfunction with Cystatin C- and Creatinine-based Estimated Glomerular Filtration Rate and Predicting Future Type 2 Diabetes among Japanese: Toranomon Hospital Health Management Center Study. 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Igarashi R, Heianza Y, Kodama S, Hatta M, Saito K, Hanyu O, Hara S, Kobayashi T, Arase Y, Sone H. Family History of Diabetes, Presence or Absence of Metabolic Risk Factors, and 5-Year Incident Risk of Type 2 Diabetes in Japanese Men: Toranomon Hospital Health Management Center Study. 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Heianza Y, Fujihara K, Hara S, Hanyu O, Saito K, Tanaka S, Kodama S, Kobayashi T, Arase Y, Sone H. Longitudinal Trajectories of Glucose, Insulin Sensitivity, and Insulin Secretion during Development of Type 2 Diabetes in Japanese: Toranomon Hospital Health Management Center Study. 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Hatta M, Igarashi R, Heianza Y, Horikawa C, Saito A, Yachi Y, Hirose A, Hirasawa R, Fujihara K, Sone H. Impact of Combinations of Short Sleep Duration or Physical Inactivity and Overweight on Glycemic Control in Japanese Patients with Type 2 Diabetes. 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Horikawa C, Yoshimura Y, Tanaka S, Tanaka S, Matsunaga S, Ito H, Tanaka A, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H. Meat Intake and Incidence of Cardiovascular Disease in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: Japan Diabetes Complication Study (JDCS). 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Tsuruta M, Horikawa C, Igarashi R, Heianza Y, Watanabe T, Ono Y, Yamatani K, Tanabe N, Kotani Y, Sone H. Evaluation of Patient/Family Perception of Family Support for Medical Nutritional Therapy (MNT) in Japanese Patients with Type 2 Diabetes (T2DM). 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Tsuruta M, Horikawa C, Igarashi R, Heianza Y, Watanabe T, Ono Y, Yamatani K, Tanabe N, Kotani Y, Sone H. Association between Patient/Family Perception of Family Support for Medical Nutritional Therapy (MNT) and Clinical Characteristics of Japanese Patients with Type 2 Diabetes (T2DM). 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Moriya T, Tanaka S, Sone H, Ishibashi S, Matsunaga S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Haneda M, Katayama S. Type 2 Diabetic Patients with Rapid Renal Function Decline Had Increased Glomerular Filtration Rate: Japan Diabetes Complications Study (JDCS). 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Suzuki H, Pitchaimani V, Arumugam S, Thandavarayan R.A, Karuppagounder V, Sreeedhar R, Harima M, Miyashita S, Nomoto M, Suzuki K, Watanabe K, Sone H. Curcumin Decreases Renal and Liver Triglyceride Accumulation through AMPK-SREBP Signaling Pathway in Streptozotocin-induced Type 1 Diabetic Rats. 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年6月4日

Suzuki H, Pitchaimani V, Arumugam S, Thandavarayan R.A, Karuppagounder V, Sreeedhar R, Harima M, Miyashita S, Nomoto M, Suzuki K, Sone H, Watanabe K. Brain Metabolic Alterations in Moderate and Severe Hypoglycemia of Mice. 75th American Diabetes Association Scientific Sessions(ADA). 2015.6.5 (Boston, USA)

更新日: 2015年5月29日

Katagiri T, Shibasaki Y, Kobayashi H, Ushiki T, Sato N, Yano T, Moriyama M, Kuroha T, Takizawa J, Hashimoto M, Narita M, Sone H, Furukawa T, Masuko M. The clinical relevance of MDS Transplantation Risk Index in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for patents. 第6回日本血液学会(JSH)国際シンポジウム. 2015.5.22 (軽井沢)

更新日: 2015年5月10日

Hirasawa R, Yoshizawa S, Horikawa C, Ibe Y, Heianza Y, Hirose A, Yachi Y, Kondo K, Iida K, Sone H. Relationship of websites' adherence to structural criteria for Internet health information to users' acquisition of appropriate information. 12th Asian congress of Nutrition. 2015.5.14 (Yokohama, Japan)

国内学会発表

更新日: 2015年11月13日

長谷川素、酒巻裕一、張高正、山本卓、今井直史、伊藤由美、成田一衛、曽根博仁. Sjogren症候群、慢性甲状腺炎に合併した二次性膜性腎症の1例. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

種村聡、矢口雄大、佐藤陽子、川田亮、松林泰弘、鈴木亜希子、山田貴穂、羽入修、曽根博仁. 中心静脈カテーテル挿入後に内頸静脈血栓性静脈炎、肺塞栓を来したインスリノーマの1例. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

柴崎康彦、増子正義、片桐隆幸、宮越淑子、小林弘典、布施香子、瀧澤淳、曽根博仁. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

松木晴香、布施香子、根本洋樹、諏訪部達也、宮越淑子、小林弘典、柴崎康彦、増子正義、瀧澤淳、曽根博仁. 非寛解期造血幹細胞移植後、アザシチジンによる維持療法を行った治療関連急性骨髄性白血病. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

黒澤めぐみ、根本洋樹、笠見卓哉、関義信. 初発時の骨髄穿刺でドライタップを呈した後に骨髄壊死と診断した急性骨髄性白血病症例の1例. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

松林泰弘、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁、加来浩平、菅波秀規. SGLT2阻害剤トホグリフロジンの脂肪肝合併2型糖尿病患者への有効性. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

山田絢子、二宮悟、丹羽恵子、早川晃史、古寺邦夫、山谷恵一. 胃酸分泌抑制薬と糖尿病ならびに生活習慣病. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

川田亮、矢口雄大、松林泰弘、松永佐澄志、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁、越智道、青木信将. 糖尿病ケトアシドーシスに非閉塞性腸管虚血症(NOMI)を合併した1型糖尿病の1例. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

佐藤隆明、山本正彦、植村靖行、宗田聡、今井智之. 巨大副腎腫瘍による急性副腎不全を来した1例. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月13日

品川陽子、上村顕也、小川光平、水野研一、竹内学、寺井崇二、河久順志、森山雅人、曽根博仁. 腸間膜静脈・門脈血栓症の2例. 第137回日本内科学会信越地方会. 2015.10.10(新潟)

更新日: 2015年10月2日

児玉暁、羽入修、加藤公則、曽根博仁.  体重変動と2型糖尿病発症との関連性に関するメタ解析. 第36回日本肥満学会. 2015.10.2(名古屋)

更新日: 2015年9月28日

橋本浩平、三ツ間友里恵、吉岡大志、松林泰弘、二宮悟、福武嶺一、阿部孝洋、石澤正博、松永佐澄志、山田貴穂、小原伸雅、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. 極端な偏食と紫外線遮断に起因したビタミンD欠乏症骨軟化症の1例. 第16回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. 2015.9.25 (千葉市)

更新日: 2015年9月5日

鈴木浩史、渡辺賢一、曽根博仁. クルクミン投与におけるAMPKを介した肝臓・腎臓での作用.  第96回日本栄養・食糧学会 関東支部. 2015.9.5(新潟)

更新日: 2015年7月30日

加藤公則、上村伯人、布施克也、小林隆司、田村かおり、小宮山仁美、田代稔、小林篤子、佐藤幸示、曽根博仁. 魚沼地方で展開する健診Project 8の効果と新潟県全体への影響について-Niigata Wellness Study-. 第56回日本人間ドック学会学術大会. 2015.7.30(横浜)

更新日: 2015年7月30日

平安座依子、加藤公則、児玉暁、田代稔、羽入修、佐藤幸示、曽根博仁. 健康的肥満(Metabolically Healthy Obesity)と慢性腎臓症(CKD)発症に関する大規模縦断的検討:Niigata Wellness Study.  第56回日本人間ドック学会学術大会. 2015.7.30(横浜)

更新日: 2015年7月30日

平安座依子、荒瀬康司、原茂子、児玉暁、齋藤和美、辻裕之、小林哲郎、曽根博仁. 肥満と肝臓脂肪沈着がインスリン分泌動態とインスリン抵抗性・β細胞機能に与える影響の検討. 第56回日本人間ドック学会学術大会. 2015.7.30(横浜)

更新日: 2015年7月30日

加藤公則、小林隆司、松田和博、田代稔、小林篤子、佐藤幸示、北川寛、野沢幸男、平安座依子、曽根博仁. 随時尿から得られた推定カリウム摂取量と血圧の関係について-Niigata Wellness Study-.  第56回日本人間ドック学会学術大会. 2015.7.30(横浜)

更新日: 2015年7月28日

曽根博仁. 特別講演 大規模臨床データ解析からみたメタボリックリスク –予防と治療の個別化への応用-. 高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム 第11回研究集会. 2015.7.25 (大阪市)

更新日: 2015年7月14日

Moriyama M, Matsumoto Y, Nagahashi M, Liang Z Q, Endo M, Takai C, Watanabe H, Narita I, Saijo Y. Efficacy of interferon-alpha treatment for Erdheim-Chester disease. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会. 2015.7.16(札幌)

更新日: 2015年7月14日

井田桃里、小林香子、中村文枝、広瀬龍樹、藤原正博. 当院での「がん患者・家族のサポートセミナー」現状と今後の課題. 第13回日本臨床腫瘍学会学術総会. 2014.7.16(札幌)

更新日: 2015年7月9日

成田美和子、内山孝由、橋本誠雄、瀧澤淳、高橋益廣. 白血病性形質細胞様樹状細胞株PMDC11由来エクソゾームを用いた抗原特異的細胞傷害性T細胞の誘導. 第25回日本樹状細胞研究会. 2015.7.10(岡山)

更新日: 2015年7月9日

根本洋樹、笠見卓哉、片桐隆幸、河本啓介、小林弘典、牛木隆志、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、成田美和子、曽根博仁、瀧澤淳、大湊絢、張大行、尾山徳秀、福地健郎、竹内賢吾、中村直哉、栗田大輔、市川理子、大島孝一.  再発時CCND1転座陽性となったCD5陽性MALTリンパ腫の1例.  第55回日本リンパ網内系学会総会. 2015.7.9(岡山)

更新日: 2015年7月9日

笠見卓哉、根本洋樹、片桐隆幸、河本啓介、小林弘典、牛木隆志、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、成田美和子、曽根博仁、瀧澤淳、橋口俊洋、栗田大輔、大島孝一.  MYC転座とBCL2転座を認めたCD20陰性EBV陽性胃原発B細胞リンパ腫の一例.  第55回日本リンパ網内系学会総会. 2015.7.9(岡山)

更新日: 2015年7月9日

河本啓介、根本洋樹、笠見卓哉、片桐隆幸、小林弘典、柴崎康彦、増子正義、成田美和子、曽根博仁、大島孝一、 瀧澤淳.  EBV関連疾患寛解後の全血EBV-DNA定量の再発予測の有用性に関する検討.  第55回日本リンパ網内系学会総会. 2015.7.9(岡山)

更新日: 2015年7月9日

田村秀、河本啓介、柴崎康彦、曽根博仁、大島孝一、瀧澤 淳.  真性多血症を合併した Erdheim Chester病と 思われる 一症例.  第55回日本リンパ網内系学会総会. 2015.7.9(岡山)

更新日: 2015年7月9日

鈴木康晴、河本啓介、野本信彦、曽根博仁、大島孝一、瀧澤 淳.  モガムリズマブ投与後再発に臍帯血移植を行ったHodgkin-like ATLLの1症例.  第55回日本リンパ網内系学会総会. 2015.7.9(岡山)

更新日: 2015年7月9日

中野賢治、河本啓介、中野貴明、曽根博仁、大島孝一、瀧澤 淳.  DLBCL, NOS症例におけるFISH法を用いたMYC異常の検討.  第55回日本リンパ網内系学会総会. 2015.7.9(岡山)

更新日: 2015年7月4日

河本啓介、佐藤征二郎、根本洋樹、柴崎康彦、瀧澤淳、成田美和子、土田正則、曽根博仁、増子正義. 脳死肺移植後の小腸DLBCL発症に対して化学療法施行後に気管支アスペルギローシスを発症した一例. 日本血液学会 第3回関東甲信越地方会. 2015.7.4(つくば)

更新日: 2015年7月2日

成田美和子. 慢性骨髄性白血病治療薬(TKI)の免疫細胞に及ぼす影響. 血液内科免疫セミナー. 2015.7.2(東京)

更新日: 2015年6月20日

辻友美、田邊直仁、百都健、三瓶一弘、鈴木啓介、堀川千嘉、曽根博仁.  糖尿病患者に特徴的な食事パターン、および、その食事パターンとHbA1cとの関連について:佐渡コホートのベースラインデータから. 第51回日本循環器病予防学会学術集会. 2015.6.26(大阪)

更新日: 2015年6月13日

鈴木裕美、白石友信、佐藤辰彦、中川範人、清野康夫、保坂靖子、大関一、土田正則. MIBIシンチ陽性となった迷入性甲状腺腫の1例. 第136回日本内科学会信越地方会. 2015.6.13(長野)

更新日: 2015年5月30日

曽根博仁. 内科医の考える予防医療. ACP(米国内科学会)日本支部 年次総会2015. 2015.5.30(京都)

更新日: 2015年5月24日

森山雅人、柴崎康彦、増子正義、根本洋樹、片桐隆幸、笠見卓哉、河本啓介、田中智之、宮越淑子、小堺貴司、小林弘典、布施香子、牛木隆志、瀧澤淳、成田美和子、高橋益廣、曽根博仁、西條康夫. 同種造血幹細胞移植成績における血清蛋白と発熱・炎症反応との関連性の検討. 第37回日本血栓止血学会学術集会. 2015.5.21(甲府)

更新日: 2015年5月24日

森山雅人、玉木悦子、松本雅則、石西綾美、松本吉史、冨永麻理恵、工藤理沙、安達聡介、生野寿史、高桑好一、宮越淑子、小堺貴司、小林弘典、牛木隆志、柴崎康彦、増子正義、瀧澤淳、成田美和子、曽根博仁、西條康夫. 妊娠を契機に診断されたUpshaw-Schulman症候群症例における第二子妊娠の周産期管理. 第37回日本血栓止血学会学術集会. 2015.5.21(甲府)

更新日: 2015年5月21日

堀川千嘉、鎌田智恵美、田中司朗、田中佐智子、松永佐澄志、井藤英喜、赤沼安夫、山田信博、吉村幸雄、曽根博仁. 日本人2型糖尿病患者における、肉摂取量と心血管疾患発症との関係 :JDCSによる報告. 第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

松永佐澄志、田中司朗、田中佐智子、荒木厚、井藤英喜、大橋靖雄、赤沼安夫、山田信博、曽根博仁. 糖尿病患者における抑うつ象徴と総死亡の関係~JDCS~.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

加藤公則、上村伯人、布施克也、平安座依子、小原伸雅、児玉暁、田代稔、小林篤子、小林隆司、佐藤幸示、曽根博仁. Project 8(全ての人がHbA1c 8%以下に)と新潟県職域検診の推移.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

佐藤未希、樋詰友香、小川真弓、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. MMSEを用いたMCI(Mild Cognitive Impaiment, 軽度認知症)の特徴.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

平安座依子、原茂子、児玉暁、齋藤和美、辻裕之、五十嵐理沙、森保道、藤原和哉、田中司朗、小林哲郎、荒瀬康司、曽根博仁. 血中シスタチンC、クレアチニンを用いた腎機能評価と2型糖尿病発症リスク :Toranomon Hospital Health Management Center Study.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

阿部孝洋、松林泰弘、小原伸雅、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、菅波秀規、加来浩平、曽根博仁. トホグリフロジンのHbA1c投与前値別にみる血糖低下・体重減少に関する検討-国内治験の併合データを用いたサブグループ解析.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

五十嵐理沙、平安座依子、原茂子、児玉暁、齋藤和美、辻裕之、小林哲郎、荒瀬康司、田中司朗、曽根博仁. 糖尿病家族歴とメタボリックリスクファクターの重なりの有無の組み合わせが2型糖尿病発症に与える影響の前向き研究(TOPICS).  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

水谷有加利、畑中麻梨恵、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. DPP4阻害薬の通常量から半量へ-血糖コントロール良好者に対して.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

守屋達美、田中司朗、曽根博仁、赤沼安夫、山田信博、大橋靖雄、片山茂裕. 日本人2型糖尿病における腎機能低下には観察開始時のGFRの影響が大きい-JDCSサブ解析-.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

加藤昭二、友重栄美、沢崎詩乃、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、曽根博仁、首藤龍人、中村公英、横山宏樹. 癌の新規発見へ向けて-先行症状かスクリーニングか-既往歴も含めた癌調査.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

佐藤舞菜見、山田大志郎、前田修一、首藤龍人、佐藤未希、沖崎進一郎、清水平、本庄潤、曽根博仁、横山宏樹. SGLT2阻害薬の4ヵ月投与の評価-通常量と半量の比較-.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

畑中麻梨恵、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. 血糖降下薬多剤併用で治療中の2型糖尿病患者へのリラグリチド追加の効果.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

山本正彦、百都健、田邊直仁、山田貴穂、曽根博仁. 認知機能低下合併糖尿病患者の臨床的・社会的特徴についての検討.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

樋詰友香、佐藤舞菜見、畑中麻梨恵、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. BMI層別化による2型糖尿病の肥満と臨床像との関わり.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

村山稔子、堀川千嘉、細田耕平、太田優子、山口朝子、伊藤知子、曽根博仁、佐藤英利、小川洋平、長崎啓祐. 小児1型糖尿病キャンプにおける若手栄養スタッフの専門知識とその活用の評価-事前学習会を通して.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

脇原規栄、渡邊真恵、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、山田大志郎、曽根博仁、中村公英、横山宏樹. 2型糖尿病の治療抵抗性高血圧症 :その頻度と特徴-JSH130/mmHg, 8th JNC140/90mmHgの異なる降圧目標から見た解析-.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

松林泰弘、小原伸雅、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、菅波秀規、加来浩平、曽根博仁. 既存の経口血糖降下剤に、選択的SGLT2阻害薬トホグリフロジンを長期併用した場合の各種パラメータに与える影響と安全性の検討 ~国内治験データを用いたサブグループ解析~.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

藤原和哉、中川義嗣、平安座依子、古川祥子、熊谷亮、五十野桃子、柏俊一、吉田怜、小島栄治、菅野洋子、鈴木浩明、外山昌弘、黒田裕久、小林裕幸、渡辺重行、曽根博仁、島野仁、野牛宏晃. 糖尿病患者の心肺運動負荷試験での嫌気性代謝閾値心拍数と心拍予備能を考慮したKarvonenの様々な計数で算出した運動強度の関係.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

小川真弓、首藤龍人、安盛織絵、佐藤洋子、畑中麻梨恵、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、山田大志郎、本庄潤、曽根博仁、横山宏樹. 糖尿病と非糖尿病におけるヘリコバクターピロリ菌感染の比較.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

渡邉真恵、横山宏樹、佐藤舞菜見、高橋直穂、沖崎進一郎、清水平、本庄潤、首藤龍人、山田大志郎、曽根博仁、山下りさ、中村公英. 2型糖尿病患者における経口血糖降下薬の服薬アドヒアランス調査.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年5月21日

鶴田恵、木田早紀、小野康子、堀川千嘉、金胎芳子、渡辺田美子、山谷恵一、曽根博仁. 2型糖尿病患者の食事療法に関する家族支援と血糖コントロールの関連.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会. 2015.5.21(山口)

更新日: 2015年4月22日

五十嵐智雄、冨井亜佐子、原正雄、市川香也、白石あかり、田中憲一、内藤眞. 術直後の血中Ca濃度を経時的に追いえたPTHrP産生卵巣明細胞腺癌の一例. 第88回日本内分泌学会年次学術集会. 2015.4.23(東京)

更新日: 2015年4月22日

阿部孝洋、福武嶺一、吉岡大志、石澤正博、松林泰弘、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. 発症15年後に局在が判明した周期性異所性ACTH産生腫瘍の1例. 第88回日本内分泌学会学術総会. 2015.4.23(東京)

更新日: 2015年4月11日

曽根博仁. メタアナリシスと日本人大規模臨床研究の融合による実地診療に役立つエビデンスの創生. 第29回日本医学会総会 2015 関西. 2015.4.11(京都)

更新日: 2015年4月9日

加藤公則、丸藤祐子、澤田亨、田代稔、平安座依子、小原伸雅、児玉暁、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. 体幹の柔軟性と高血圧罹患の関係:人間ドック受診者を対象としたコホート研究 (the Niigata Wellness Study). 第112回日本内科学会総会. 2015.4.10(京都)

更新日: 2015年4月9日

石黒創、児玉暁、小原伸雅、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁.  2型糖尿病患者におけるレジスタンストレーニングのメタ解析 ~どのような患者にどのように指導すべきか?~.  第112回日本内科学会総会. 2015.4.10(京都)

更新日: 2015年4月9日

児玉暁、藤原和哉、小原伸雅、加藤公則、羽入修、曽根博仁. ゲノムワイド関連解析(GWAS)で検出された一塩基多型(SNP)を用いた2型糖尿病のスクーリング・予測能の定量メタ分析. 第112回日本内科学会総会. 2015.4.10(京都)

更新日: 2015年4月9日

藤原和哉、羽入修、鈴木亜希子、野牛宏晃、横山宏樹、島野仁、柏木厚典、山崎勝也、川井紘一、曽根博仁. わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方パターンと患者背景の解析.  第112回日本内科学会総会. 2015.4.10(京都)

更新日: 2015年3月24日

小林弘典、笠見卓哉、片桐隆幸、根本洋樹、河本啓介、牛木隆志、柴崎康彦、森山雅人、瀧澤淳、曽根博仁、 亀崎豊実、増子正義.  PNH型赤血球の出現を合併したEvans症候群の1例.  日本血液学会第2回関東甲信越地方会. 2015.3.21(東京)

更新日: 2015年1月20日

Yachi Y, Tanaka Y, Sugawara A, Nishibata I, Ibe Y, Fujihara K, Hirasawa R, Kodama S, Sone H. An early pregnancy HbA1C predicts gestational diabetes independent of fasting glucose in Japanese pregnant women.  第25回日本疫学会学術総会. 2015.1.21(名古屋)

更新日: 2015年1月20日

Heianza Y, Kato K, Kodama S, Ohara N, Sato K, Sone H. Risk of Developing Diabetes in Relation to overall Obesity, Abdominal Obesity and Clustering of Metabolic Abdominalities.  第25回日本疫学会学術総会. 2015.1.21(名古屋)

更新日: 2015年1月20日

Horikawa C, Yoshimura Y, Tanaka S, Tanaka S, Ito H, Tanaka A, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H. Meat Intake and Incidence of Cardiovascular disease in Japanese Patients with Type 2 Diabetes : analysis from the JDCS. 第25回日本疫学会学術総会. 2015.1.21(名古屋)

更新日: 2015年1月15日

平安座依子、加藤公則、児玉暁、田代稔、五十嵐理沙、由澤咲子、小原伸雅、羽入修、佐藤幸示、曽根博仁. 体格的肥満・腹部肥満と代謝異常の程度の組み合わせが2型糖尿病発症リスクに与える影響.  第18回日本病態栄養学会年次学術集会. 2015.1.10(京都)

更新日: 2015年1月15日

平安座依子、加藤公則、児玉暁、田代稔、佐藤幸示、曽根博仁. 加齢による睡眠時間の影響と将来の2型糖尿病発症リスク. 第18回日本病態栄養学会年次学術集会. 2015.1.10(京都)

更新日: 2015年1月15日

広瀬歩美、藤原和哉、宮増フラミニア、岩壁茂、新保みさ、平安座依子、堀川千嘉、谷内洋子、曽根博仁. 日本語版Audit of Diabetes-Dependent Quality of Life(ADDQoL)尺度の開発および信頼性・妥当性の検討. 第49回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会. 2015.1.10(東京)

 

ご連絡先

〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通一番町

TEL 025-368-9026 FAX 025-368-9300

内分泌・代謝内科、血液内科【外来電話番号】025-227-2534

e-mail emh@med.niigata-u.ac.jp