当科では糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満・メタボリック症候群などの代謝疾患(生活習慣病)やバセドウ病、慢性甲状腺、甲状腺腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症などに代表される内分泌疾患(ホルモンの病気)の診療や教育研究をおこなっております。また、急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、貧血、凝固異常症など血液疾患の診療(新規治療薬を用いた多剤併用化学療法、造血幹細胞移植、細胞免疫療法など)や教育研究を行なっております。

HOME > 研究について > 業績一覧

研究について

業績一覧

2016年

次年 >>

<< 前年

原著論文

更新日: 2016年11月4日

Seki Y, Wakai K. Pathological findings in a case of bone marrow carcinosis due to gastric cancer complicated by disseminated intravascular coagulation and thrombotic microangiopathy. Int J Hematol. 104(4):506-11, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27357318

更新日: 2016年10月26日

Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Horikawa C, Ohara N, Yachi Y, Tanaka S, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H.  Quantitative assessment of genetic testing for type 2 diabetes mellitus based on findings of genome-wide association studies.  Ann Epidemiol. 26(11):816-818, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27751632

更新日: 2016年10月18日

Huang SW, Chen YJ, Wang ST, Ho LW, Kao JK, Narita M, Takahashi M, Wu CY, Cheng HY, Shieh JJ. Azithromycin impairs TLR7 signaling in dendritic cells and improves the severity of imiquimod-induced psoriasis-like skin inflammation in mice. J Dermatol Sci. 84(1):59-70, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27449383

更新日: 2016年10月6日

Yoshizawa S, Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Ishizawa M, Matsubayashi Y, MatsunagaS, Yamada T, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H. Utility of nonblood-based risk assessment for predicting type 2 diabetes mellitus: A meta-analysis. Prev Med. 91:180-87, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27473666

更新日: 2016年10月4日

Kawamoto K, Miyoshi H, Yoshida N, Takizawa J, Sone H, Ohshima K. Clinicopathological, Cytogenetic, and Prognostic Analysis of 131 Myeloid Sarcoma Patients. Am J Surg Pathol. 40(11):1473-1483, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27631510

更新日: 2016年10月4日

Miyoshi H, Kiyasu J, Kato T, Yoshida N, Shimono J, Yokoyama S, Taniguchi H, Sasaki Y, Kurita D, Kawamoto K, Kato K, Imaizumi Y, Seto M, Ohshima K. PD-L1 expression on neoplastic or stromal cells is respectively a poor or good prognostic factor for adult T-cell leukemia/lymphoma. Blood. 128(10):1374-81, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27418641

更新日: 2016年10月4日

Yoshida N, Miyoshi H, Kato T, Sakata-Yanagimoto M, Niino D, Taniguchi H, Moriuchi Y, Miyahara M, Kurita D, Sasaki Y, Shimono J, Kawamoto K, Utsunomiya A, Imaizumi Y, Seto M, Ohshima K. CCR4 frameshift mutation identifies a distinct group of adult T cell leukaemia/lymphoma with poor prognosis. J Pathol. 238(5):621-6, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26847489

更新日: 2016年10月3日

Igarashi R, Furukawa K, Heianza Y, Ishizawa M, Kodama S, Saito K, Hara S, Hanyu O, Honda R, Tsuji H, Arase Y, Sone H. Impact of individual components and their combinations within a family history of hypertension on the incidence of hypertension: Toranomon hospital health management center study 22. Medicine. 95(38):e4564, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27661014

更新日: 2016年9月29日

Pitchaimani V, Arumugam S, Thandavarayan RA, Karuppagounder V, Afrin MR, Sreedhar R, Harima M, Suzuki H, Miyashita S, Nakamura T, Suzuki K, Nakamura M, Ueno K, Watanabe K. Fasting time duration modulates the onset of insulin-induced hypoglycemic seizures in mice. Epilepsy Res. 125:47-51, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27392286

更新日: 2016年9月20日

Ushiki T, Huntington ND, Glaser SP, Kiu H, Georgiou A, Zhang JG, Metcalf D, Nicola NA, Roberts AW, Alexander WS. Rapid Inflammation in mice lacking both SOCS1 and SOCS3 in hematopoietic cells. PLoS ONE. 1;11(9):e0162111.2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27583437

更新日: 2016年8月10日

Furukawa S, Fujihara K, Kumagai R, Isono M, Yagyu H. Fulminant Type 1 Diabetes Mellitus Presenting 11 Days after Delivery in a Patient of Mixed Genetic Background. Intern Med. 55(14):1881-5, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27432097

更新日: 2016年8月10日

Katayama K, Kumagai R, Isono M, Fujihara K, Yahyu H, Ohara G, Kagohashi K, Satoh H. Pioglitazone-induced Pulmonary Injury in a Very Elderly Patient. Intern Med. 55(13):1779-82, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27374683

更新日: 2016年6月22日

Tomita N, Suzuki T, Miyashita K, Yamamoto W, Motohashi K, Tachibana T, Takasaki H, Kawasaki R, Hagihara M, Hashimoto C, Takemura S, Koharazawa H, Yamazaki E, Taguchi J, Fujimaki K, Fujita H, Sakai R, Fujisawa S, Motomura S, Kawamoto K, Sone H, Takizawa J. The SIL index is a simple and objective prognostic indicator in diffuse large B-cell lymphoma. Leuk Lymphoma. 57(12):2763-2770, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27320054

更新日: 2016年6月21日

Kawamoto K, Miyoshi H, Yoshida N, Nakamura N, Ohshima K, Sone H, Takizawa J. MYC translocation and/or BCL 2 protein expression are associated with poor prognosis in diffuse large B-cell lymphoma. Cancer Sci. 107(6):853-61, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27027803

更新日: 2016年6月17日

Ibe Y, Miyakawa H, Fuse-Nagase Y, Hirose S. A, Hirasawa R, Yachi Y, Fujihara K, Kobayashi K, Shimano H, Sone H. Association of eating three meals irregularly with changes in BMI and weight among young Japanese men and women: A 2-year follow-up. Physiol Behav. 163:81-87, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27126967

更新日: 2016年6月7日

Delconte RB, Kolesnik TB, Dagley LF, Rautela J, Shi W, Putz EM, Stannard K, Zhang JG, Teh C, Firth M, Ushiki T, Andoniou CE, Degli-Esposti MA, Sharp PP, Sanvitale CE, Infusini G, Liau NP, Linossi EM, Burns CJ, Carotta S, Gray DH, Seillet C, Hutchinson DS, Belz GT, Webb AI, et al. CIS is a potent checkpoint in NK cell–mediated tumor immunity. Nat Immunol. 17(7):816-24, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27213690

更新日: 2016年6月4日

Ohara N, Kaneko M, Nishibori T, Sato K, Furukawa T, Koike T, Sone H, Kaneko K, Kamoi K. Fulminant Type 1 Diabetes Mellitus Associated with Coxsackie Virus Type A2 Infection: A Case Report and Literature Review. Intern Med 55(6):643-6, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26984083

更新日: 2016年5月29日

Pitchaimani V, Arumugam S, Thandavarayan RA, Karuppagounder V, Afrin MR, Sreedhar R, Harima M, Suzuki H, Miyashita S, Suzuki K, Nakamura M, Ueno K, Watanabe K. Hypothalamic glucagon signaling in fasting hypoglycemia. Life Sci. 153:118-23, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 27084528

更新日: 2016年5月12日

Shibasaki Y, Katagiri T, Kobayashi H, Ushiki T, Narita M, Sone H, Furukawa T, Masuko M. The Dinakara equation for adjusting DLCO for hemoglobin in the HCT-CI is superior to the Cotes equation for predicting high-risk patients in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Am J Hematol. 91(5):E296(online journal)

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26840242

更新日: 2016年4月4日

Hirose A S, Fujihara K, Miyamasu F, Iwakabe S, Shimpo M, Heianza Y, Horikawa C, Yachi Y, Sone H. Development and evaluation of the Japanese version of the Audit of Diabetes-Dependent Quality of Life for patients with diabetes. Diabetology Int. 7(4):384-390, 2016

この研究についてこの研究について

更新日: 2016年4月4日

Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Ishibashi S, Yamashita H, Moriya T, Katayama S, Akanuma Y, Ohashi Y, Yamada N, Araki A, Ito H, Sone H, Japan Diabetes Complications Study Group. Maximum BMI and microvascular complications in a cohort of Japanese patients with type 2 diabetes: the Japan Diabetes Complications Study. J Diabetes Complications. 30(5):790-7, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26997170

更新日: 2016年2月18日

Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Horikawa C, OharaN, Yachi Y, Tanaka S, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H. Meta-analytic research on the relationship between cumulative risk alleles and risk of type 2 diabetes mellitus. Diabet Metab Res Rev. 32(2):178-86, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26265102

更新日: 2016年2月15日

Heianza Y, Hara S, Saito K, Tsuji H, Tanaka S, Kodama S, Kobayashi T, Arase Y, Sone H. Assessment of Kidney Dysfunction with Cystatin C- and Creatinine-based Estimated Glomerular Filtration Rate and Predicting Type 2 Diabetes: Toranomon Hospital Health Management Center Study 21. Diabetes Res Clin Pract. doi:10.1016/j.diabres.2016.01.026

この研究についてこの研究について

更新日: 2016年2月12日

Delconte RB, Shi W, Satthe P, Ushiki T, Seillet C, Kolesnik TB, Rankin LC, Mielke LA, Zhang JG, Busslinger M, Smyth MJ, Hutchinson DS, Nutt SL, Nicholson SE, Alexander WS, Corcoran LM, Vivier E, Belz GT, Carotta S, Huntington ND. The Helix-Loop-Helix Protein ID2 Governs NK Cell Fate by Tuning Their Sensitivity to Interleukin-15. Immunity. 44(1):103-15, 2016.

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26795246

更新日: 2016年2月12日

Sone H, Nakagami T, Nishimura R, Tajima N, MEGA Study Group. Comparison of lipid parameters to predict cardiovascular events in Japanese mild-to-moderate hypercholesterolemic patients with and without type 2 diabetes: Subanalysis of MEGA study.  Diabetes Res Clin Pract. 113:14-22, 2016

この研究についてこの研究について

更新日: 2016年1月29日

Afrin R, Arumugam S, Wahed MI, Pitchaimani V, Karuppagounder V, Sreedhar R, Harima M, Suzuki H, Miyashita S, Nakamura T, Suzuki K, Nakamura M, Ueno K, Watanabe K. Attenuation of Endoplasmic Reticulum Stress-Mediated Liver Damage by Mulberry Leaf Diet in Streptozotocin-Induced Diabetic Rats. Am J Chin Med. 44(1):87-101, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26916916

更新日: 2016年1月21日

Aoki T, Shimada K, Suzuki R, Izutsu K, Tomita A, Maeda Y, Takizawa J, Mitani K, Igarashi T, Sakai K, Miyazaki K, Mihara K, Ohmachi K, Nakamura N, Takasaki H, Kiyoi H, Nakamura S, Kinoshita T, Ogura M. High-dose chemotherapy followed by autologous stem cell transplantation for relapsed/refractory primary mediastinal large B-cell lymphoma. Blood Cancer J. 4;5:e372, 2015 (online journal)

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26636287

更新日: 2016年1月4日

佐藤祐造、曽根博仁、小林正、河盛隆造、渥美義仁、押田芳治、田中司朗、鈴木進、牧田茂、大澤功、田村好史、渡邉智之. わが国における糖尿病運動療法の実施状況(第2報)‐患者側への質問紙全国調査成績-. J.Japan Diab. Soc. 58(11): 850-9,2015. (Current Situation of Exercise Therapy in Patients With Diabetes Mellitus in Japan (Report No. 2): A Nationwide Survey to Patients Using the Questionnaires.)

この研究についてこの研究について

更新日: 2016年1月4日

Kuba M, Matsuzaka T, Matsumori R, Saito R, Kaga N, Taka H, Ikehata K, Okada N, Kikuchi T, Ohno H, Han SI, Takeuchi Y, Kobayashi K, Iwasaki H, Yatoh S, Suzuki H, Sone H, Yahagi N, Arakawa Y, Fujimura T, Nakagawa Y, Yamada N, Shimano H. Absence of Elovl6 attenuates steatohepatitis but promotes gallstone formation in a lithogenic diet-fed Ldlr(-/-) mouse model. Sci Rep. 5:17604, 2015. doi: 10.1038/srep17604

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26619823

更新日: 2016年1月4日

Noto H, Tanizawa Y, Aizawa T, Sone H, Yoshioka N, Terauchi Y, Inagaki N, Noda M. A Cluster-randomized Trial to Improve the Quality of Diabetes Management: The Study for the Efficacy Assessment of the Standard Diabetes Manual (SEAS-DM). J Diabet Invest. DOI: 10.1111/jdi.12455 (online journal)

この研究についてこの研究について

更新日: 2016年1月4日

Ishiguro H, Kodama S, Horikawa C, Fujihara K, Hirose AS, Hirasawa R, Yachi Y, Ohara N, Shimano H, Hanyu O, Sone H. In Search of the Ideal Resistance Training Program to Improve Glycemic Control and its Indication for Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: A Systematic Review and Meta-Analysis. Sports Med. 46(1):67-77, 2016

この研究についてこの研究について

PMID PubMed PMID : 26604100

総説

更新日: 2016年11月13日

山田貴穂、曽根博仁. 糖尿病診療における患者教育と療養指導‐新潟大学医歯学総合病院 糖尿病・生活習慣病教室の紹介‐. 新潟市医師会報. 547;2-6, 2016

更新日: 2016年10月17日

布施香子、増子正義. 染色体再構成による白血病発症機序:概論. 日本臨床増刊号 白血病学(上). 10:240-46, 2016

更新日: 2016年10月5日

瀧澤淳. イブルチニブ. (血液疾患領域の新規治療薬2016). Hematology AGORA. 夏号:8-10, 2016 

更新日: 2016年10月4日

関義信. 血液診療における血栓止血系検査の選択方法と解釈のしかた. 臨床血液. (57):2151-2158, 2016

更新日: 2016年9月28日

松林泰弘、曽根博仁. 糖尿病神経障害と睡眠時無呼吸症候群. 月刊糖尿病. 8(8);67-71, 2016

更新日: 2016年9月28日

藤原和哉、曽根博仁. 糖尿病患者における大血管症の疫学と大規模臨床試験. プラクティス. 33(4);412-20, 2016

更新日: 2016年9月28日

藤原和哉、松永佐澄志、曽根博仁. 糖尿病患者における冠動脈疾患、大動脈・末梢動脈疾患のマネジメント:糖尿病内科医の立場から. 月間糖尿病. 8(7);19-29, 2016

更新日: 2016年9月28日

曽根博仁. 職場における糖尿病運動療法とその指導 –大規模データ分析によるエビデンスを中心に-. 成人病と生活習慣病. 46(5);569-75, 2016

更新日: 2016年6月8日

五十嵐智雄、阿部孝洋、北澤勝、曽根博仁. オール新潟体制で作成した「糖尿病患者向けテキスト」のご紹介. 新潟県医師会報. 795;16-18, 2016

更新日: 2016年5月10日

曽根博仁.  わが国における糖尿病と循環器疾患との関連.  Medical View Point 37(5):1, 2016

更新日: 2016年5月10日

曽根博仁. 解説 糖尿病一次予防(の意義と効果)を見直そう!. MMJ. 12(2):91, 2016

更新日: 2016年5月10日

曽根博仁. ビッグデータと人工知能と糖尿病診療 DITN 464:1, 2016

更新日: 2016年5月10日

曽根博仁. 広がりゆく臨床疫学の今後. 疫学会ニュースレター 47:8, 2016

更新日: 2016年5月5日

番場一成、平安座依子、笠井真由美、大野義将、清水不二雄、上村由紀、山本晃、松浦恵子、曽根博仁、村山実. 尿蛋白測定試験紙(±)症例における腎機能低下に関連する因子についての検討. 人間ドック. 30(5) :47-50, 2016

更新日: 2016年4月5日

川田亮、曽根博仁. 日本における肥満2型糖尿病の疫学. 月刊糖尿病. 8(4):12-19, 2016

更新日: 2016年3月5日

古川和郎、藤原和哉、曽根博仁. EMPA-REG OUTCOME studyから学ぶこと、残した課題. Diabetes Journal. 44(3):18-21, 2016

更新日: 2016年3月4日

曽根博仁. 生活習慣病を疫学・大規模臨床データから考える. 日本内科学会雑誌. 105(3):383-90, 2016

更新日: 2016年3月4日

関義信、宮腰淑子. 当院での後天性血友病A症例の治療の現状と長期予後における問題点の検討. 日本血栓止血学会誌. (27):64-69, 2016

更新日: 2016年1月29日

松林泰弘、曽根博仁. 高血圧・冠動脈疾患・脳梗塞. 内科. 117(1);35-40, 2016

更新日: 2016年1月17日

井田桃里、橋本誠雄、鈴木信明、江部佑輔、矢野敏雄、佐藤直子、小池正.  自家末梢血幹細胞移植の前処置として用いたアルキル化剤によると考えられる多臓器障害をきたした急性前骨髄球性白血病. 臨床血液. 57(1):41-46, 2016

更新日: 2016年1月5日

田中司朗、曽根博仁. 合併症のリスクエンジンとはなんでしょうか. JDCS/J-EDITについてもおしえてください. プラクティス. 33(1):89-92, 2016

更新日: 2016年1月5日

小澤鉄太郎、曽根博仁、西澤正豊. レプチンと視床下部:自律神経との関連. 神経内科. 84(1):83-7, 2016

著書

更新日: 2016年12月16日

Kawamoto K, Takizawa J. Molecular Targeted Therapy for DLBCL. In: Yamanaka R, eds. Primary Central Nervous System Lymphoma (PCNSL): Incidence, Management and Outcomes. Nova science publishers; 189-200, 2016

更新日: 2016年11月13日

山田貴穂、曽根博仁. 糖尿病 第1章 糖尿病の疫学 診断と治療のABC 117. (最新医学社) pp20-28, 2016

更新日: 2016年11月13日

藤原和哉、曽根博仁. 糖尿病 最新の治療 2016-2018. 8. 境界型の管理. (南江堂) pp77-79, 2016

更新日: 2016年11月13日

曽根博仁. 栄養科学イラストレイテッド 臨床栄養学 基礎編. 改訂第2版 (編者) (羊土社) 2016

更新日: 2016年11月13日

曽根博仁. 栄養科学イラストレイテッド 臨床栄養学 疾患別編.  改訂第2版 (編者) (羊土社) 2016

更新日: 2016年11月4日

関義信. 臨床医マニュアル第5版. 慢性骨髄性白血病. (医歯薬出版) pp.1575-1580, 2016

更新日: 2016年10月17日

瀧澤淳. EBM血液疾患の治療2017-2018 Ⅳ リンパ系腫瘍 E. T/NK細胞リンパ腫 2. 節外性NK/T細胞リンパ腫の治療. (中外医学社)pp. 283-289, 2016

更新日: 2016年3月10日

堀川千嘉、曽根博仁.  Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2016. 1.「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の概要. (中外医学社)pp.43-49, 2016

更新日: 2016年3月10日

松永佐澄志、田中司朗、曽根博仁.  Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2016. 3.生活習慣と糖尿病合併症.  (中外医学社)pp.136-142, 2016

国際学会発表

更新日: 2016年12月1日

Tsubaki T, Kadonosono T, Shiozawa T, Kuchimaru T, Ushiki T, Masuko M, Kizaka-Kondoh S. Elucidation of Tumor-Promoting Effects of Novel Adherent Immature Myeloid Cells in Tumor. 58th American Society of Hematology Annual Meeting(ASH). 2016.12.3(San Diego, USA)

更新日: 2016年12月1日

Kobayashi H, Yoshimura N, Katagiri T, Ushiki T, Fuse K, Shibasaki Y, Narita M, Sone H, Masuko M. Evaluation of Liver Iron Deposition in Transfusion-Dependent Patients By Dual-Energy CT. 58th American Society of Hematology Annual Meeting(ASH). 2016.12.5(San Diego, USA)

更新日: 2016年12月1日

Fuse K, Katagiri T, Shibasaki Y, Tanaka T, Ushiki T, Sato N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Furukawa T, Narita M, Sone H, Masuko M. The Predictive Factors of Favorable Prognosis after Allo-HSCT for Refractory Acute Leukemia. 58th American Society of Hematology Annual Meeting(ASH). 2016.12.3(San Diego, USA)

更新日: 2016年11月30日

Sone H. Symposium: An international project on harmonized accumulation of reference values and clinical case records for EBLM. The Utility of Well-Defined Clinical Case Bank (CCB) for Early Detection of Endocrine, Hematological and Immune Disorders. Asia-Pacific Federation for Clinical Biochemistry And Laboratory Medicine (APFCB) 2016.11.28 (Taipei)

更新日: 2016年9月20日

Fujihara K, Yamanaka N, Nishikino R, Yamamoto M, Matsubayashi Y, Matsunaga S, Yamada T, Ishiguro H, Horikawa C, Ishizawa M, Ohara N, Kato K, Sone H. Impact of glucose tolerance status on development of coronary artery disease among working aged men in Japan. European Association for the Study of Diabetes(EASD). 2016.9.13(Munich, Germany)

更新日: 2016年9月20日

Tsuruta M, Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Igarashi R, Yamamoto M, Ishizawa M, Horikawa C, Yoshizawa S, Sone H. Meta-analysis of improvement in glycaemic control by family intervention in patients with diabetes mellitus. European Association for the Study of Diabetes(EASD). 2016.9.13(Munich, Germany)

更新日: 2016年9月20日

Horikawa C, Murayama N, Tsuruta M, Oshikane Y, Hirasawa R, Yachi Y, Fujihara K, Hanyu O, Sone H. Distance between dietary intake and self-rated dietary behavior in patients with diabetes: analysis from National Health and Nutrition survey in Japan. European Association for the Study of Diabetes(EASD). 2016.9.13(Munich, Germany)

更新日: 2016年9月2日

Matsuda M, Matsuto T, Moriyama M, Takano M, Hoshiyama Y, Sone H. Dilute prothrombin time assay to efficiently detect lupus anticoagulants. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science (第32回世界医学検査学会). 2016.9.2 (Kobe)

更新日: 2016年7月20日

Sone H. Symposium : Diabetes care using information technology. Effects of lifestyle modification on cardiovascular complications in Japanese patients with type 2 diabetes. The 10th Congress of Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Disease (APSAVD) . 2016.7.16(Tokyo)

更新日: 2016年6月17日

Matsubayashi Y, Suganami H, Kaku K, Sone H. Impact of SGLT2 Inhibitor Tofogliflozin on Hyperinsulinemia and Fatty Liver (FL) through Hepatic Insulin Clearance (HIC) in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus (T2DM). 76th American Diabetes Association Scientific Sessions (ADA). 2016.6.10 (New Orleans, USA)

更新日: 2016年6月17日

Igarashi R, Fujihara K, Heianza Y, Ishizawa M, Tsuruta M, Hatta M, Yoshizawa S, Horikawa C, Matsunaga S, Hanyu O, Kodama S, Sato K, Kato K, Sone. Body Mass Index (BMI), Waist Circumference (WC) and Waist Height Ratio (WHtR) Cutoff Values, and the Impact of Their Combinations on Future Diabetes among Japanese Individuals. 76th American Diabetes Association Scientific Sessions (ADA). 2016.6.10 (New Orleans, USA)

更新日: 2016年6月17日

Yoshizawa S, Fujihara K, Heianza Y, Tsuruta M, Kato K, Matsunaga S, Kodama S, Hanyu O, Kawai K, Kurihara K, Maekawa S, Sone H. Association of Physical Activity and Neighborhood Environment in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: An Observational Study in Multiple Institutes across Japan (JDDM). 76th American Diabetes Association Scientific Sessions (ADA). 2016.6.10 (New Orleans, USA)

更新日: 2016年6月17日

Horikawa C, Yoshimura Y, Kameda C, Tanaka S, Tanaka S, Hanyu O, Araki A, Ito, H, Tanaka A, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H. Is Carbohydrate Intake Associated with the Incidence of Diabetes Complications? Japan Diabetes Complication Study (JDCS). 76th American Diabetes Association Scientific Sessions (ADA). 2016.6.10 (New Orleans, USA)

更新日: 2016年6月10日

Suzuki R, Yamaguchi M, Oguchi M, Asano N, Tomita N, Amaki J, Ando T, Niitsu N, Sekiguchi N, Takizawa J, Miyazaki K, Katayama N. EXTRANODAL NK/T-CELL LYMPHOMA, NASAL TYPE OF ADVANCED STAGE: NKEA (NEXT-GENERATION THERAPY FOR NK/T-CELL LYMPHOMA IN EAST ASIA) PROJECT. 21st Congress of European Hematology Association(EHA). 2016.6.9(Copenhagen, Denmark)

更新日: 2016年6月10日

Suwabe T, Shibasaki Y, Katagiri T, Miyakoshi S, Kobayashi H, Fuse K, Ushiki T, Sato N, Yano T, Moriyama M, Kuroha T, Takizawa J, Hashimoto S, Narita M, Furukawa T, Sone H, Masuko M. A pre-transplant biomarker risk index based on serum ferritin, albumin, and C-reactive protein levels that can predict the outcomes of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation independently of the HCT-CI. 21st Congress of European Hematology Association(EHA). 2016.6.9(Copenhagen, Denmark)

更新日: 2016年6月3日

Yamaguchi M, Suzuki R, Oguchi M, Asano N, Amaki J, Maeda T, Kubota N, Kobayashi Y, Ueda K, Miyazaki K, Tomita N, Sekiguchi N, Takizawa J, Saito B, Murayama T, Ando T, Wada H, Hyo R, Hasegawa M, Katayama N. Outcomes and prognostic factors of radiotherapy with dexamethasone, etoposide, ifosfamide, and carboplatin (RT-DeVIC) for newly diagnosed, localized extranodal NK/T-cell lymphoma, nasal type (ENKL): a cooperative study in Japan. American Society of Clinical Oncology(ASCO) Annual Meeting 2016. 2016.6.3 (Chicago, USA)

更新日: 2016年6月1日

Gando Y, Sawada S.S, Kawakami R, Ando R, Tashiro M, Sone H, Lee IM, Blair S.N, Miyashi M, Kato K. Sedentary Behavior, Physical Activity and Kidney Stones: The Niigata Wellness Study. ACSM's 63rd Annual Meeting, 7th World Congress on Exercise is Medicine and World Congress on the Basic Science of Energy Balance. 2016.6.1 (Boston, USA)

更新日: 2016年4月25日

Kennedy OO, Itagaki Y, Kurosawa O, Narita M, Oana H, Washizu M. A Microfluidic Device for One-to-One Cell Electrofusion and its Application toward the Generation of Dendritic Cells for Cancer Immunotherapy. The 8th International Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology. 2016.4.20 (Seoul, Korea)

国内学会発表

更新日: 2016年11月7日

羽入修、山田貴穂、金子正儀、松林泰弘、松永佐澄志、 藤原和哉、岩永みどり、伊藤崇子、鈴木亜希子、曽根博仁.  甲状腺全摘術後に腎細胞癌の甲状腺転移が判明した腺腫様甲状腺腫合併 T3 優位型 Basedow 病の一例.  第59回日本甲状腺学会学術集会. 2016.11.5(東京)

更新日: 2016年11月7日

山田貴穂、布施香子、柴崎康彦、河本啓介、羽入修、瀧澤淳、大島孝一、曽根博仁.  破壊性甲状腺炎をともなったMYC転座陽性甲状腺悪性リンパ腫の1例.  第59回日本甲状腺学会学術集会. 2016.11.5(東京)

更新日: 2016年10月17日

上村駿、布施香子、柴崎康彦、根本洋樹、小林弘典、牛木隆志、瀧澤淳、成田美和子、曽根博仁、増子正義. Successful AML-type therapy switched from pre-phase PSL for mixed phenotype acute leukemia T/M, NOS. 第76回日本血液学会総会. 2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月17日

田村秀、鈴木隆晴、上村駿、海發茜、根本洋樹、笠見卓哉、河本啓介、小林弘典、牛木隆志、布施香子、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、成田美和子、曽根博仁、瀧澤淳、中村直哉、大島孝一. Retrospective analysis of AITL in Niigata University Medical and Dental Hospital. 第76回日本血液学会総会. 2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月17日

小林弘典、吉村宣彦、諏訪部達也、片桐隆幸、宮越淑子、牛木隆志、布施香子、柴崎康彦、森山雅人、瀧澤淳、成田美和子、曽根博仁、増子正義. Significance of dual-energy CT to evaluate liver iron content in transfusion-dependent patients. 第76回日本血液学会総会. 2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月17日

河本啓介、三好寛明、吉田稚明、瀧澤淳、曽根博仁、瀬戸加大、大島孝一. Clinicopathological, cytogenetic, and prognostic analysis of 131 myeloid sarcoma patients. 第76回日本血液学会総会. 2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月17日

内山孝由、青木定夫、瀧澤淳、中村直哉、宇都宮與、伊豆津宏二、麻奥英毅、木口亨、大島孝一、鈴木律朗、鈴宮淳司. CD13 positive chronic lymphocytic leukemia -A distinct subset of CLL-. 第76回日本血液学会総会. 2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月17日

Ushiki T, Roberts A, Alexander W. SOCS1 and SOCS3 work coordinately in inflammation by affecting cell differentiation. 第78回日本血液学会学術集会.  2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月17日

山口素子、鈴木律朗、小口正彦、浅野直子、天木惇、前田猛、久保田靖子、小林幸夫、上田響子、宮崎香奈、富田直人、関口和、瀧澤淳、齋藤文護、村山徹、安藤寿彦、和田秀穂、兵理絵、長谷川正俊、片山直之. Treatments and outcomes of patients with NK/T-cell lymphoma diagnosed after 2000: the NKEA study. 第76回日本血液学会総会. 2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月17日

布施香子、 柴崎康彦、片桐隆幸、小林弘典、牛木隆志、瀧澤淳、成田美和子、曽根博仁、増子正義.  The predictive factors of favorable prognosis after allo-HSCT to refractory acute leukemia. 第76回日本血液学会総会. 2016.10.14(横浜)

更新日: 2016年10月10日

山本正彦、藤原和哉、五十嵐理沙、石澤正博、松林泰弘、松永佐澄志、伊藤知恵、錦野理絵、山中菜詩、児玉暁、曽根博仁.  糖尿病重症視力障害発症とHbA1cの関連性についての検討.  第22回日本糖尿病眼学会総会. 2016.10.7(仙台国際センター)

更新日: 2016年10月7日

曽根博仁. 特別講演 大規模臨床データ解析が開く新しい糖尿病合併症学-網膜症を中心に-.  第31回日本糖尿病合併症学会/第22回日本糖尿病眼学会総会. 2016.10.7(仙台)

更新日: 2016年9月7日

曽根博仁. 特別講演 臨床研究のすすめ(2)―「どのように進めるか」リサーチクエスチョン設定から統計解析まで―. 第63回全国臨床糖尿病医会. 2016.9.4(東京)

更新日: 2016年9月1日

巻淵絢子、瀧澤淳、曽根博仁、河本啓介、大島孝一. 当科におけるdouble/triple hit lymphomaの臨床病理学的検討. 第56回日本リンパ網内系学会総会. 2016.9.1(熊本)

更新日: 2016年9月1日

坂田裕香、瀧澤淳、曽根博仁、河本啓介、大島孝一. 成熟B細胞腫瘍におけるMYD88変異の検討. 第56回日本リンパ網内系学会総会. 2016.9.1(熊本)

更新日: 2016年9月1日

田村秀、大橋瑠子、梅津哉、諏訪部達也、片桐隆幸、河本啓介、宮腰淑子、北嶋俊樹、柴崎康彦、曽根博仁、青木洋、大島孝一、瀧澤淳. PCNSL寛解後12年を経て発症した副鼻腔DLBCLで,繰り返す皮膚再発に対して少量経 口エトポシド療法が有効であった1症例. 第56回日本リンパ網内系学会総会. 2016.9.1(熊本)

更新日: 2016年9月1日

諏訪部達也、河本啓介、片桐隆幸、宮腰淑子、小林弘典、牛木隆志、布施香子、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、成田美和子、曽根博仁、瀧澤淳、中村直哉、大島孝一. 当科におけるIVLBCL 14例の臨床病理学的検討. 第56回日本リンパ網内系学会総会. 2016.9.1(熊本)

更新日: 2016年7月4日

小堺貴司、北嶋俊樹、小山覚、本間照、石原法子、西倉健. 強直性脊椎炎関連腸炎に対しinfoliximab使用中に発熱を繰り返し剖検でT細胞リンパ腫を認めた1例. 第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年7月4日

桃井明仁、河本啓介、飯酒盃訓充、永井孝一. 抗GM-CSF抗体陽性肺胞蛋白症の経過中に発症した慢性骨髄白血病の1症例. 第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年7月4日

井田桃里、藤原正博. Mogamulizumab使用後にCCR4陰性化を認めた再発難治成人T細胞白血病リンパ腫. 第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年7月4日

長野央希、関義信. アザシチジン投与後にスイート症候群を認めた1例. 第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年7月4日

鈴木隆晴、田村秀、上村駿、海發茜、河本啓介、根本洋樹、小林弘典、牛木隆志、布施香子、柴崎康彦、森山雅人、増子正義、成田美和子、曽根博仁、青木定夫、中村直哉、大島孝一、滝澤淳. 当科におけるPTCL、NOS28例の臨床病理学的解析.  第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年7月4日

上村駿、小林弘典、田村秀、鈴木隆晴、海發茜、河本啓介、笠見卓哉、根本洋樹、布施香子、柴崎康彦、増子正義、曽根博仁、大島孝一、滝澤淳. 多発血栓を来したTAFRO症候群の1例.  第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年7月4日

宮越淑子、柴崎康彦、諏訪部達也、片桐隆幸、小林弘典、布施香子、森山雅人、滝澤淳、成田美和子、曽根博仁、増子正義. HLA半合致移植を施行した最重症再生不良性貧血の1例.  第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年7月4日

片桐隆幸、牛木隆志、田中智之、宮越淑子、難波亜矢子、河本啓介、柴崎康彦、滝澤淳、成田美和子、曽根博仁、青木定夫、増子正義. 扁桃・リンパ節に多発性myeloid sarcomaを生じたMDSの1例. 第5回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.7.2(新潟)

更新日: 2016年6月17日

関義信、笠見卓哉、根本洋樹、宮腰淑子. 後天性血友病の予後改善のための臨床医の意識調査報告. 第38回日本血栓止血学会学術集会. 2016.6.17(奈良)

更新日: 2016年5月13日

山本正彦、五十嵐理沙、藤原和哉、平安座依子、石澤正博、鶴田恵、治田麻理子、由澤咲子、堀川千嘉、松永佐澄志、羽入修、児玉暁、佐藤幸示、加藤公則、曽根博仁. 血清脂質指標の2型糖尿病発症予測能の検討:The Niigata Wellnes Study.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

鶴田恵、堀川千嘉、藤原和哉、平安座依子、由澤咲子、五十嵐理沙、治田麻理子、加藤光敏、加藤則子、横山宏樹、栗原義夫、岩崎皓一、宮澤一裕、朝長修、、屋宜宣治、川井紘一、前川聡、曽根博仁、糖尿病データマネジメント研究会. 糖尿病専門外来に通院する2型糖尿病患者の食事摂取状況の把握:JDDMからの報告. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

藤原和哉、羽入修、松永佐澄志、松林泰弘、鈴木亜希子、山田貴穂、横山宏樹、島野仁、前川聡、山崎勝也、川井紘一、曽根博仁、JDDMデータマネジメント研究会. わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方と患者背景の解析(第2報).  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

田中司朗、吉村幸雄、鎌田智恵美、川崎良、堀川千嘉、田中佐智子、大橋靖雄、荒木厚、井藤英喜、赤沼安夫、山田信博、山下英俊、曽根博仁. 日本人2型糖尿病における野菜・果物摂取量と糖尿病網膜症および心血管疾患発症の関連 -Japan Diabetes Complications Study-. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

治田麻理子、深澤尚子、桜井健一、津野奈津美、西山陽子、三ツ間友里恵、藤原和哉、曽根博仁、鈴木克典. 当院における外来糖尿病患者への栄養指導介入の現状と効果の検討.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

畑中麻梨恵、朝長修、高橋直穂、木村裕之、大内基司、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. 2型糖尿病患者へのリラグルチド追加の効果 –インスリン療法の有無による比較-. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

能登洋、谷澤幸生、相澤徹、曽根博仁、吉岡成人、寺内康夫、稲垣暢也、野田光彦. 「糖尿病標準診療マニュアル(一般診療所・クリニック向け)」(国立国際医療研究センター病院編)による診療の質の改善.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

石澤正博、藤原和哉、田代稔、松永佐澄志、加藤公則、鈴木亜希子、山田貴穂、羽入修、曽根博仁. 耐糖能と骨密度の関連 –健診データの縦断的解析.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

由澤咲子、平安座依子、藤原和哉、鶴田恵、堀川千嘉、押鐘芳恵、治田麻理子、五十嵐理沙、山崎勝也、川井紘一、岩崎皓一、朝長修、宮澤一裕、栗原義夫、加藤則子、加藤光敏、横山宏樹、大石まり子、前川聡、曽根博仁、糖尿病データマネジメント研究会. 2型糖尿病患者の臨床背景による食事療法及び運動療法の実施状況:JDDMからの報告.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

堀川千嘉、村山伸子、鶴田恵、押鐘芳恵、平澤玲子、谷内洋子、藤原和哉、羽入修、曽根博仁. わが国における糖尿病有無別の食事摂取状況:平成22年国民健康・栄養調査の解析.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

古川和郎、武井延之、岩倉百合子、外山英和、羽入修、布施一郎、那波宏之、曽根博仁. 最終糖化産物(AGE)はヒト血小板からSrc family kinaseの活性を介してBDNFの放出を促進させる.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

加藤公則、門間陽樹、小林隆司、丸藤祐子、児玉暁、小林篤子、田代稔、五十嵐理沙、山本正彦、石澤正博、藤原和哉、上村伯人、佐藤幸示、澤田亨、曽根博仁. 糖尿病発症の握力の関係 –新指標「握力体重比」について.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

松林泰弘、菅波秀規、加来浩平、曽根博仁. トホグリフロジン(TOFO)の脂肪肝、肝インスリンクリアランス(Hepatic insulin clearance : HIC)に与える影響についての検討.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

樋詰友香、加藤昭二、木村祐之、大内基司、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. SGLT2阻害薬の3-6か月投与の評価.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

中井伸江、畑中麻梨恵、高橋直穂、木村祐之、大内基司、清水平、山田大志郎、本庄潤、首藤龍人、曽根博仁、横山宏樹. リラグルチド中止例の特徴の探索 –継続例との比較より.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

加藤昭二、友重栄美、中群公英、曽根博仁、山田大志郎、首藤龍人、本庄潤、清水平、大内基司、木村祐之、横山宏樹. 癌の新規発見におけるスクリーニングと先行症状の比較.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

平山頌、松永佐澄志、鶴田恵、五十嵐理沙、由澤咲子、石黒創、羽入修、曽根博仁. 2型糖尿病患者における肥満の有無別CKD関連因子の検討.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月13日

五十嵐理沙、藤原和哉、平安座依子、石澤正博、鶴田恵、治田麻理子、由澤咲子、堀川千嘉、松永佐澄志、羽入修、児玉暁、佐藤幸示、加藤公則、曽根博仁. 男女別にみた日本人の2型糖尿病発症予測のためのBMIおよびウエスト周囲径(WC)のカットポイントの検討.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都

更新日: 2016年5月13日

松永佐澄志、田中司朗、堀川千嘉、羽入修、荒木厚、守屋達美、大橋靖雄、赤沼安夫、山田信博、曽根博仁. 糖尿病合併症に対する血糖、血圧、脂質の影響についての検討 ~JDCSサブ解析~. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 2016.5.19(京都)

更新日: 2016年5月12日

Uchiyama T, Goto W, Yamada S, Shibazaki Y, Takizawa J, Aoki S, Sone H, Masuko M, Takahashi M, Narita M. The usage of T cell receptor β-chain variable region of WT1 specific cytotoxic T lymphocytes in CML patient treated with WT1 peptide vaccination. The 7th JSH International Symposium. 2016.5.13(淡路)

更新日: 2016年5月4日

矢口雄大、川田亮、種村聡、佐藤陽子、松林泰弘、松永佐澄志、藤原和哉、山田貴穂、鈴木亜希子、羽入修、曽根博仁. EDG-PET CTを施行された副腎腫瘍の2例.  第89回日本内分泌学会学術総会. 2016.4.21(京都)

更新日: 2016年5月4日

阿部孝洋、福武嶺一、吉岡大志、石澤正博、松林泰弘、鈴木亜希子、山田貴穂、羽入修、曽根博仁. インスリン自己免疫症候群にインスリン受容体異常症B型を合併した一例.  第89回日本内分泌学会学術総会. 2016.4.21(京都)

更新日: 2016年5月4日

松林泰弘、菅波秀規、加来浩平、曽根博仁. 肝インスリンクリアランス(Hepatic C-peptide/Insulin比)の臨床的意義の検討 –空腹時及び食後での評価と病態との関連-. 第89回日本内分泌学会学術総会. 2016.4.21(京都)

更新日: 2016年5月4日

佐藤陽子、種村聡、松林泰弘、山田貴穂、鈴木亜希子、藤原和哉、羽入修、曽根博仁. 三系統(PRL, ACTH, GH)のホルモン過剰分泌が疑われた微小下垂体腺腫の1例. 第89回日本内分泌学会学術総会. 2016.4.21(京都)

更新日: 2016年4月20日

児玉暁、藤原和哉、石澤正博、石黒創、松林泰弘、松永佐澄志、山田貴穂、加藤公則、羽入修、曽根博仁. 不安定な体重変動は、肥満と独立した2型糖尿病発症危険因子である –メタ解析. 第113回日本内科学会講演会. 2016.4.15 (東京)

更新日: 2016年3月13日

諏訪部達也、柴崎康彦、片桐隆幸、宮腰淑子、布施香子、小林弘典、牛木隆志、森山雅人、瀧澤淳、成田美和子、曽根博仁、増子正義. 抗CCR4抗体併用化学療法により寛解が得られた後に、臍帯血移植を行ったATLLの1例. 第4回日本血液学会関東甲信越地方会. 2016.3.19(東京)

更新日: 2016年3月12日

諏訪部達也、柴崎康彦、宮腰淑子、布施香子、小林弘典、牛木隆志、森山雅人、瀧澤淳、成田美和子、曽根博仁、増子正義. アルブミン、フェリチン、CRP を用いた Biomarker index は、造血幹細胞移植前患者に対する HCT-CI とは独立した予後予測因子である. 第38回日本造血細胞移植学会総会 2016.3.3(名古屋)

更新日: 2016年2月22日

曽根博仁. 医学系研究における研究倫理概論. 専門医単位更新のための指定講演. 第50回糖尿病学の進歩. 2016.2.19 (東京)

更新日: 2016年1月29日

澤田亨、渡邉夏海、丸藤祐子、川上諒子、安藤亮介、田代稔、曽根博仁、宮地元彦、加藤公則. 座位行動および余暇身体活動と尿路結石症:コホート研究 –Niigata Wellness Study-. 第26回日本疫学会学術総会. 2016.1.21(米子)

更新日: 2016年1月29日

門間陽樹、澤田亨、丸藤祐子、川上諒子、宮地元彦、黄聡、永富良一、田代稔、曽根博仁、加藤公則. 2型糖尿病の簡便な予測因子としての握力の可能性:コホート研究 –Niigata Wellness Study-. 第26回日本疫学会学術総会. 2016.1.21(米子)

更新日: 2016年1月29日

丸藤祐子、澤田亨、川上諒子、田代稔、曽根博仁、宮地元彦、加藤公則. 座位行動および余暇身体活動と高血圧:コホート研究 –Niigata Wellness Study-. 第26回日本疫学会学術総会. 2016.1.21(米子)

更新日: 2016年1月29日

五十嵐理沙、藤原和哉、平安座依子、児玉暁、齋藤和美、羽入修、原茂子、本田律子、辻裕之、荒瀬康司、曽根博仁. 高血圧の詳細な家族歴が高血圧発症に及ぼす影響に関する前向き観察研究. 第26回日本疫学会学術総会. 2016.1.21(米子)

 

ご連絡先

〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通一番町

TEL 025-368-9026 FAX 025-368-9300

内分泌・代謝内科、血液内科【外来電話番号】025-227-2534

e-mail emh@med.niigata-u.ac.jp