• ホーム
  • 教育コース
  • 医学物理士臨床研修インテンシブコース(保健学研究科履修証明プログラム)(医歯学総合病院・医歯学総合研究科連携)

Education Course

医学物理士臨床研修インテンシブコース
(保健学研究科履修証明プログラム)(医歯学総合病院・医歯学総合研究科連携)
(医歯学総合病院)

目的 高精度放射線治療の実践的スキルを持ち、地域がん医療の発展に貢献できる医学物理士の養成を行い、特にがん診療連携拠点病院で不足している放射線治療医学物理の専門的人材を迅速に補うこと。
コース責任者 和田 眞一(新潟大学大学院保健学研究科放射線技術科学分野・教授)
履修資格 ① 医学物理士(一般財団法人医学物理士認定機構認定)
② 本学において十分な研修時間を確保できる者
受入人数 1名/年
受講料 無料 ※変更の可能性あり
総時間数 120時間以上
履修方法 ① 実地研修(新潟大学医歯学総合病院放射線治療科)
② スクーリング(講義)
修了要件 必修科目を履修し、総時間数120時間以上の履修を行う。

科目概要


指導教員 宇都宮悟、棚邊哲史、青山英史、和田眞一
履修科目
  • <臨床研修>
  • ① 高精度放射線治療の治療計画
  • ② 高精度放射線治療の線量検証
  • ③ その他、履修者が特に習得を希望する項目
    ※履修者が特に希望する項目の研修は20時間以内とする。
  • <講義>
  • ④ 高精度放射線治療の治療計画
  • ⑤ 高精度放射線治療の線量検証
到達目標 放射線治療標準的医学物理臨床業務の確認と特定項目のスキルアップ
研修期間 6か月
指導内容 本プログラムは、高精度放射線治療の実践的スキル、特に治療計画と線量検証についての臨床研修を実施する。臨床研修の履修項目および受講者の到達度の評価方法は「IAEA医学物理レジデントガイドライン」に基づく。履修項目は1. 高精度放射線治療の治療計画(治療計画装置の特性、線量最適化の手法、治療計画の評価法)、2. 高精度放射線治療の線量検証(線量検証の手順、検出器の特性、線量分布の解析、判定基準の設定と評価・管理)、3. その他履修者が特に習得を希望する項目、とする。