看護部の紹介DEPARTMENT

新潟大学医歯学総合病院は、県内唯一の特定機能病院です。

「患者さんにやさしい高度医療を提供します」を合言葉に、多職種それぞれが専門性を発揮するチーム医療により、質の高い医療の提供を目指しています。

  1. TOP
  2. 看護部の紹介

看護部長からのメッセージ

新潟大学医歯学総合病院は、県内唯一の特定機能病院です。

「患者さんにやさしい高度医療を提供します」を合言葉に、多職種それぞれが専門性を発揮するチーム医療により、質の高い医療の提供を目指しています。

看護部は、「患者様ひとりひとりを尊重し、心をこめて、質の高い看護を提供します」という理念のもと、温かな、そして科学的根拠を持った質の高い看護の提供をこころがけています。看護師はチーム医療のキーパーソンとも言われます。チーム医療で目指すものは患者さんのQOL(生活の質)の維持・向上です。

患者さんの傍らにいる生活支援者として、患者さんひとりひとりの人生観・思いを尊重し、多職種をつなぐ役割を担っています。

看護部では、看護職のキャリア開発システム“RICCA(六花)”を構築してきました。

「“気づく”を育て伸ばす」をコンセプトとした教育プログラムやシミュレーショントレーニングプログラムを開発し、看護職の能力開発に活用しています。RICCA(六花)は雪の別称ですが、雪の結晶には1つとして同じ形は無いと言われています。

看護師ひとりひとりがWLBを大切にしながら、確かな看護実践力と豊かな人間性を備えた医療人に成長できるよう願い、支援体制を整えています。

看護部の理念・目標

理念

患者様ひとりひとりを尊重し、
心をこめて、
質の高い看護を提供します。

目標

  1. 医療チームの一員として他部門と連携し、患者様を中心とした、安全で安心の看護を提供します。

  2. 大学病院の役割を認識し、社会のニーズに応じた看護を提供します。

  3. 専門職としての知識、技術を高めるとともに、人間性豊かな看護職をめざし自己研鑽に努めます。

  4. 看護実践をとおして研究に取り組み看護の発展に努めます。

看護体制

二交代制

勤務体制は二交代制(12時間夜勤・16時間夜勤)です。

配置部署については、キャリア開発を目指したローテーション方式を取り入れています。

看護方式

プライマリーナーシングの理念を目標とし、受持ち制を基本に、パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)、チーム制、機能別制を組み合わせた体制を取っています。POS による看護記録とともに看護診断を取り入れ、患者中心の看護を行っています。又、電子カルテや看護業務支援システムを活用しベッドサイドケアの充実を図っています。