抗インフルエンザ剤感受性低下株調査|Antiviral Susceptibility

調査場所 全国多施設医療機関(10数カ所)
方法 1)材料
インフルエンザ患者様の検体:鼻腔・咽頭ぬぐい液、鼻汁など
2)評価方法
a)バロキサビルマルボキシル感受性低下株調査
i)インフルエンザウイルスのPAの塩基配列をダイレクトサンガーシーケンス解析する
ことにより、バロキサビル感受性に関わる既報のアミノ酸変異を検出する
ii)初診時の臨床検体からPA/I38Tを特異的に検出するreal-time PCRを実施する
b)オセルタミビル耐性株調査
臨床検体から細胞培養を用いて分離した検体からA/H1N1pdm09のNA/H275Y変異を特異的に検出するreal-time PCRを実施する
実施期間 2018/19シーズン〜2020/21シーズン
倫理的配慮 患者様よりインフォームドコンセント取得後に調査:新潟大学倫理委員会承認(2018-0317)
COIの開示 a)バロキサビルマルボキシル感受性低下株調査
塩野義製薬(株)からバロキサビルの特定使用成績調査を受託し、その調査で得られた成績を掲載
b)オセルタミビル耐性株調査
その他の外部資金(厚労科研、AMEDなど)により施行した成績を掲載

本邦における2020/2021年シーズンの抗インフルエンザ剤感受性低下株調査の結果

本邦における2019/2020年シーズンのインフルエンザウイルスの臨床疫学解析の結果(概要)

2018/2019年、2019/2020年シーズンのPA/I38T変異インフルエンザウイルス頻度

2020年7月1日 抗インフルエンザ剤感受性低下株調査

2020年5月18日 抗インフルエンザ剤感受性低下株調査

2020年4月28日 抗インフルエンザ剤感受性低下株調査

2020年4月15日 抗インフルエンザ剤感受性低下株調査

2020年4月7日 抗インフルエンザ剤感受性低下株調査

2020年3月27日 抗インフルエンザ剤感受性低下株調査

2020年3月18日 抗インフルエンザ剤感受性低下株調査