看護部臨床技術トレーニングセンター

新年度を迎え、看護部臨床トレーニングセンターに技術トレーニングに来る看護職員が増えています。新人看護師と部署の先輩が一緒に訪れ、技術トレーニングをする事も多くあります。ここ数年は、事前申し込みが必要な事もありますが、新人教育の場として部署が計画的に利用しています。 

ということで、本日は、ICUと手術部のトレーニングがありました。ICUはシリンジポンプや輸液ポンプについてを、手術部はミキシングとプライミングを含めた輸液管理と、膀胱留置カテーテル挿入の技術トレーニングを行いました。ICUに対しては専任トレーナー(当院には新人担当専任看護師が活躍しています)がサポートしました。手術部は部署の教育担当者が一緒に訪れ、技術トレーニングを指導していました。

トレーニング3  トレーニング1

新人さんの感想

「実際に使っている物に触れることができる」 「患者様ではなくシュミレーターなので安心してできる」 「納得がいくまでできる」 「臨床を離れてリフレッシュできる」  

手術部の教育担当者の感想

「臨床では患者さんが目の前にいるので時間をかけて教える事ができないが、時間を気にせず、丁寧に、じっくり、説明ができる」

新人看護師・教育担当者ともに、「今後も利用したいです」、との事。「今年も、たくさんの看護職員に、どんどん活用してもらえると嬉しいですね  (((o(*゚▽゚*)o)))   

 

 


26. 4月 2013 by admin
Categories: 日々の出来事 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)