ディズニー・ゲストサービス・フィロソフィー研修

ディズニー・ゲストサービス・フィロソフィー研修がありました。平成24年12月17日(月曜日) 1日研修です。会場はもちろん東京ディズニーシー。看護師と事務職員で総勢30人が参加しました。

D集合

参加者の声から・・・少しだけ紹介します。

「なぜディズニーのキャスト全員が、いつも笑顔でゲストを喜ばせるおもてなしができるのか」という素朴な疑問がずっとありました。行動規準であるSCSEと設立者の理念を共有する事で、キャストが自分自身で考えて実践していました。マニュアルではないのですね。SCSEは「safety安全」「courtesy礼儀正しさ」「showショー」「efficiency効率」という4つの鍵のこと。パーク内にいる全員が行動規準をしっかり実践しているのがわかりました。また、SCSEには優先度があって「safe安全」が最も優先されるそうです。病院、医療と共通しています。

ゲストを大切に。スタッフ同士お互いも大切に。尊重し認め合う土壌を作る工夫がありました。スタッフ同士の投票で選ばれた優秀スタッフの胸には、その証のシルバーのバッジがついています。働く人(キャスト)を大切する思いと仕組みが、良いサービスの背景にあると思いました。

 


14. 2月 2013 by admin
Categories: 日々の出来事 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)