部署の紹介

手術部

手術部では、多職種と連携し、患者さん中心の安全で安心な手術の提供に努めています。 その中で、看護師は多職種間の調整役となりながら、術中の患者さんの「代弁者」としての役割を常に念頭に置き、自律的で質の高い手術看護の実践を目指しています。


また、ロボット手術・覚醒下手術・移植手術などの高度先進医療や、合併症・外傷などで多様化する手術に対応するため、スタッフの教育体制を整備し、シミュレーション学習やナラティブ学習を取り入れながら、計画的な育成と実践的な学習を進めています。


術中安全確認

術中安全確認

 

シミュレーション学習の様子

シミュレーション学習の様子