共通科目講義内容一覧

平成30年度 大学院医歯学総合研究科博士課程

「共通科目」講義内容一覧

2018年10月4日(木)
  • 遠藤直人(ENDO Naoto)
  • 健康寿命と骨粗鬆症骨折(osteoporotic fragility frcature)
  • 骨粗鬆症を基盤とする高齢者脆弱性骨折はADL,QOLを低下させ、寝たきり、ひいては死に至ることもある重篤な病態である。日本特に新潟県における実態と骨折リスク、骨折連鎖を断つことが重要であることを紹介する
  • Osteoporotic fractures such as vertebral and hip fractures have been increasing in the elderly in Japan. The ability to improve the outcome for patients is major concern. Patients with a fragility fracture should have surgery early and medication to interrupt fracture cascade
2018年10月11日(木)
  • 寺井崇二(TERAI Shuji)
  • 肝硬変症に対する最新の再生医療(Regenerative therapy for liver cirrhosis)
  • 2003年より世界で初めて肝硬変症に対して自己骨髄細胞投与療法を実施、さらに2017年よりは国内初の他家脂肪由来間葉系幹細胞の治験を新潟大学にて実施、その開発の歴史、明らかになってきた治療の機序について講義する。
  • In 2003, I developed regenerative therapy for liver cirrhosis using autologous bone marrow cell (First study in the world, Yamaguchi University). Next we started clinical trial :Allogenic mesenchymal stem cell therapy for liver cirrhosis (First trial in Japan, Niigata University). In this lecture, I present time line of development of regenerative therapy for liver cirrhosis and mechanism how stem cell improve liver fibrosis and activate liver regeneration.
2018年10月18日(木)
  • 菊地利明(KIKUCHI Toshiaki)
  • インフルエンザの重症化機構(Mechanisms underlying exacerbation of influenza infection)
  • インフルエンザは毎年冬に流行するウイルス性呼吸器感染症である。ほとんどの健常成人では自然治癒する疾患ではあるが、時に重症化し、致死的な転帰を取ることがある。本講義では、インフルエンザ感染を概説した上で、われわれが明らかにしてきた重症化機構を紹介する。
  • This lecture is intended to provide current understanding of influenza infection, and insight into mechanisms for the exacerbation by presenting our experimental data.
2018年10月25日(木)
  • 堀井 新(HORII Arata)
  • メニエール病アップデート(Update on Meniere's disease)
  • それまでめまいは脳の病気と考えられていたのが、Prosper Meniereにより耳からもめまいは起こると報告され今年で157年、山川強四郎によりその病理が内リンパ水腫であると報告され80年が経過した。このような古い病気であるにもかかわらず未だその全容が解明されているとはいい難い。本講義ではメニエール病の病態、診断、治療に関して、内耳画像診断、ストレスとの関連、外科治療など最新のトピックスを交えて講義する。
  • 157 years have passed from the first report on inner ear disease-induced vertigo by Prosper Meniere. 80 years have also passed since Kyoshiro Yamakawa reported that inner ear pathology of Meniere's disease is endolymphatic hydrops. Although Meniere's disease is such an old disease, there are many issues remained unclarified. In this lecture, I will summarize a state of art of Meniere's disease including newly developed inner ear imaging, psychological comorbidities and surgical treatment of Meniere's disease.
2018年11月1日(木)
  • 神吉智丈(KANKI Tomotake)
  • ミトコンドリア品質管理(Qualith contorl of mitochondria)
  • ミトコンドリアは酸化的リン酸化により、細胞が消費するATPの大半を産生する重要なオルガネラである。本講義では、1.ミトコンドリアへのタンパク質の輸送、ミトコンドリア遺伝子の発現によりミトコンドリアが機能するまで、2.ミトコンドリアの分裂と融合、3.オートファジーによるミトコンドリアの分解、など、ミトコンドリアが機能するまでとその品質管理機構について説明する。
  • Mitochondria are important organelle, which produce a majority of energy for cellular activities. In this lecture, I'll talk about the quality control of mitochondria, including mitochondrial fusion and fission, and autophagic degradation of mitochondria.
2018年11月8日(木)
  • 冨田善彦(TOMITA Yoshihiko)
  • 新規がん免疫療法(New Immunotherapy to cancer)
  • 2005年から分子標的薬が癌薬物治療を大きく変えたが、2015年からは免疫チェックポイント阻害薬により、また、新たな展開を見せている。
  • In 2005, first targeted drug was applied to cancer drug therapy and staratefgy had changed in most types of cancer. In addition, immune-checkpoint inhibitors have been introduced leading to drastic change for strategy since 2015.
2018年11月15日(木)
  • 青山英史(AOYAMA Hidehumi)
  • 転移性脳腫瘍の放射線治療とQOL(Radiation therapy for brain metastasis and QOL)
  • 転移性脳腫瘍の放射線治療に関する最近の考え方と、治療が認知機能を含めたQOLについて及ぼす影響について講義する
  • Recent advances of radiation therapy for brain metastasis and the effect of treatment on neurocognitive function and QOL
2018年11月22日(木)
  • 五十嵐道弘(IGARASHI Michihiro)
  • 神経成長・再生の分子基盤と新たな研究法(Molecular basis of the nerve growth and regeneration using new techniques)
  • 神経成長及び再生の基盤となる成長円錐機能の研究を例として、新たな分子機構を探るためのオミクス研究及び、超解像度顕微鏡を用いた研究で、挙がった成果を講義する。プロテオミクス及び超解像度顕微鏡の原理から始め、現代の生化学がどのような視点から研究を進めていくかを説明する。多様な細胞や病態の研究において役立つ方法論と考え方を伝える。
  • The growth cone is the motile tip of the extending neuronal processes in the developing neuron, and its functions are essential to the accurate synaptogenesis and the axon regeneration.This lecture will provide the results using the proteomics and the superresolution microscopic techniques, as an example of the studies on its molecular basis in our lab.
2018年11月29日(木)
  • 外山 聡(TOYAMA Akira)
  • 分光学的手法の医療応用(Medical applications of optical spectroscopy)
  • 医療で用いられる分光的手法の原理と、臨床応用のいくつかの実例について概説する。
  • Principles of various spectroscopic techniques used in medicine, and some expamples of clinical applications will be informed.
2018年12月13日(木)
  • 近藤英作(KONDO Eisaku)
  • 分子腫瘍医学の進化(Advance of molecular tumor medicine)
  • 腫瘍病理学・分子病理学を含めた腫瘍医学の進歩は今日日進月歩である。特徴的な遺伝子変異の解析が日常の病理診断に取り入れられており、またがん患者治療上の薬剤の選択もゲノムベースの遺伝子変異解析を根拠とするようになった。分子腫瘍学的な基礎研究の成果が患者医療への応用に加速的に展開されている訳である。同時に、医療技術研究の展開も今日では目覚ましいものがある。このような今日の医学研究について触れてみたい。
  • Recent advance in molecular genetic research on human tumors has been remarkable including the field of molecular pathology. These findings, especially information of genetic mutations, are now utilized to diagnosis and therapeutics of cancer patients for precision medicine. The significant outcome came from all these researches are not only restricted to the biological findings but also to advanced medical technologies. We would try to introduce such advances mentioned above.
2018年12月20日(木)
  • 竹林浩秀(TAKEBAYASHI Hirohide)
  • ジストニアモデルマウスを用いた神経病態研究(Neurochemical and neuropathological research using dystonia model mice)
  • ジストニアは、不随意運動を伴う神経疾患であるが、不随意運動の原因となる神経回路や神経細胞死に至る詳細な病態メカニズムについては、未だ不明な点が多い。我々は、ジストニア様症状を示すモデルマウスを作成し、その病態解析を行っている。本研究プロジェクトの紹介を通して、モデル動物を用いた病態研究の有用性について理解を深めて頂きたい。
  • Dystonia is a movement disorder, which shows involuntary movement, however, the detailed mechanism of pathogenesis remains unclear. We have generated gene-modified mice, which show dystonia phenotype. Using the model mice, we are investigating neuronal circuit responsible for the movement disorder and intracellular mechanism, which lead to neuronal cell death. We would like to discuss the merit of using animal model for neurological disease research
2019年1月10日(木)
  • 高桑好一(TAKAKUWA Koichi)
  • 生殖現象と免疫(Reproduction and Immunity)
  • ヒトを含む哺乳類では、生殖の形態として、胎児(胎仔)は母体(母獣)の子宮の中で育ついわゆる胎生生殖が選択されている。胎生生殖は卵生生殖に比べ、胎児は母体内という安全な環境で発育することができ、効率的である。一方、生物には、免疫という体内から異物を排除するという、機能があり異物(非自己)は免疫的な排除を受ける。胎児も母体にとって一種の異物と捉えられることから、胎生生殖では、母体の持つ免疫機能により、胎児が卵生生殖にはない、リスクに晒されることとなる。本講義においては、同種免疫的観点からの妊娠維持機構、母体自己免疫異常合併時の問題点など、生殖現象と免疫との関連性について解説する。
  • The mammals, the most advanced animals, selected the viviparity, as its reproductive tool. In viviparity, the fetus grows in the uterus, and the environment is very safe one. On the other hand, lower animals, such as birds or reptiles, selected oviparity as their reproductive mechanisms. Although the efficacy of reproduction is higher in viviparity, compared with in oviparity, there is one danger in viviparity, and the danger is immunity. It is major enigma that a feto-placental unit, which is considered to be semi-allograft for an immune-competent mother, would not be rejected in normal pregnancy. Although the mechanisms which guarantee the survival of feto-placental unit have not yet been fully elucidated, some hypotheses are proposed, and the efficacy of immunotherapy for patients with unexplained recurrent abortion, which is thought to be immunologic failure of pregnancy, has been discussed. On the other hand, it is widely accepted that autoimmune abnormalities are involved in the genesis of diversity of reproductive failures, such as recurrent fetal miscarriages and fetal growth restriction. Moreover, the fetus has the risk of hydropic change in Rh incompatible pregnancy due to transferred anti-Rh antibody from mother. In this lecture, the relationship between the reproduction and immunity will be presented in terms of both alloimmunity and autoimmunity.
2019年1月17日(木)
  • 高塚尚和(TAKATSUKA Hisakazu)
  • 子ども虐待(Child Abuse)
  • 児童相談所に通告される子ども虐待の件数は、年々増加して年間10万件を超え、非常に大きな社会問題となっている。本講義では、子ども虐待の現状とその背景を概説して、子ども虐待に対する理解を深め、さらに、具体的な事例を紹介することにより、子ども虐待の深刻さを認識し、社会として、個人として子ども虐待にどのように取り組むべきかを考えてみたい。
  • The number of cases of child abuse reported to child counseling centers has increased year by year, and has become a major problem. In this lecture, I will give an overview of the current situation and background of child abuse, to deepen understanding of child abuse. In addition, by introducing specific cases, I want to recognize the seriousness of child abuse and think about what we as a society and as individuals should do to deal with child abuse.
2019年1月24日(木)
  • 笹岡俊邦(SASAOKA Toshikuni)
  • 運動制御と動機付けの神経伝達物質ドーパミンの働きについて(Role of dopamine, a neurotransmitter for motor control and motivation)
  • 褒められた時、美味しいものを食べた時、やる気が湧いてきた時に、ドーパミンが分泌されます。ドーパミンは、快楽物質として働くとともに、運動の制御にも働き、パーキンソン病等の神経疾患の治療にとても重要です。一方、依存症にもつながる面も持っています。このドーパミンの役割を詳しく調べるため、ドーパミン受容体の遺伝子改変マウスを用いた研究を紹介します。
  • When praised, when you eat delicious food, when motivation comes up, dopamine is secreted. Dopamine works not only as a pleasure, but also for motor control, and it is very important for the treatment of neurological disorders such as Parkinson's disease. On the other hand, it has aspects that can lead to dependence. In order to investigate the role of dopamine in detail, we will introduce researches using genetically modified mice of dopamine receptor.
2019年1月31日(木)
  • 片貝智哉(KATAKAI Tomoya)
  • 免疫応答における免疫細胞移動の重要性(The significance of immune cell migration in immune resposes)
  • 大部分の免疫細胞は、からだのどこから侵入してくるかわからない病原体や異物に対処するために体内を活発に移動しながら監視に当たっている。免疫応答が適切に誘導されるためには、このような免疫細胞の高い移動能もしくは運動性が不可欠な要素であるといえる。本講義では免疫細胞が移動するメカニズムに焦点を当て、それに関与する分子や組織内の支持環境などについて解説する。
  • To detect and eradicate invasive pathogens and foreign substances, which possibly enter the body from any sites, most of the immune cells are actively migrating throughout the body for surveillance. Such a highly active migration or motility of immune cells is indispensible for the induction of appropriate immune responses. In this lecture, I will focus on the mechanism of immune cell migration and explain the related molecules and supportive tissue environment.