医学科学生向け情報

お知らせ

USMLE 合格体験報告会(終了しました)

USMLE 合格体験報告会
事前登録QRコード

医療のグローバル化が進む中、「USMLE」は世界で活躍できる医師の指標の⼀つです。
しかし、米国人以外の受験者の合格率は例年5〜6割程度となっており、難易度の高い試験となっています。このような中、本学はここ数年で合計14名の合格者を輩出し、2021年3⽉の本学卒業生では3名が合格しました! 素晴らしい成果です。
そこで今回、USMLE 合格者による合格体験報告会を企画しました。USMLEにどのように立ち向かい合格したのか、モチベーションや学習の進め⽅を、⼀緒に考えていきましょう。

  • 期日:終了しました
  • 主催:医学教育センター
  • 司会:齋藤昭彦 (副医学部長・小児科学) ・河内泉 (医学教育センター)
  • 演者:坂井直哉 (沖縄県立南部医療センター、2021年新潟大学卒業)
  •   :深堀響子 (鶴岡市立荘内病院小児科、2018年新潟大学卒業)
  • 参加費:無料

夏季医学生国際交流

医学研究実習

  • 概要:本格的な研究活動、7単位(派遣2ヶ月)
    ロシア、マレーシア、アメリカ等の大学で2ヶ月の研究活動をさせ、単位認定をします。
    対象:学部生(3、4年次)
    派遣先:クラスノヤルスク医科大、極東医科大(ロシア)、ケバングサン大学(マレーシア)、カリフォルニア大学、イリノイ大学、ラトガース大学(アメリカ)など

臨床実習

米国医師国家試験 USMLE合格体験報告会

USMLE合格体験報告会

  • 平成28年10月6日米国医師国家試験USMLE合格体験報告会がありました。
    報告会の発表内容です。
  • ※ファイルはPDF書類となっております。
  • 鈴木利哉:総合医学教育センター
  • 齋藤昭彦:小児科学 グローバル人材育成推進事業
ミネソタ大学・レスター大学留学報告会

平成28年9月8日ミネソタ大学・レスター大学留学報告会がありました。
報告会の発表内容、実習報告書、報告会のアンケート結果です。
※ファイルは全てPDF書類となっております

【ミネソタ大学留学生】

【レスター大学留学生】

  • 鈴木利哉:総合医学教育センター
  • 齋藤昭彦:小児科学 グローバル人材育成推進事業