NEWS&TOPICS

2019/01/16 トピックス
ヤンゴン第二医科大学と学術協定の調印式を実施しました

新潟大学は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)」における研究拠点の一つとして、ミャンマー連邦共和国の最大都市・ヤンゴンに感染症研究拠点を形成しています。
 
今回、12月26日(水)に協力機関の一つであるヤンゴン第二医科大学と学術協定の更新のための調印式を実施しました。
 
本学からは染矢俊幸医学部長、味岡洋一研究科長、齋藤昭彦教授、齋藤玲子教授、渡部久実特任教授、ヤンゴン第二医科大学からはAye Tun学長、Aye Thida教授、Khin Nyo Thein教授、Kin Thida Aung教授、Win Win Maw教授、Yu Yu Khin先生が参加しました。
 
新潟大学ミャンマー感染症研究拠点は、現地での研究に加え、高度専門人材育成に向けて更なる研究拠点の発展を目指します。

本件に関するお問い合わせ先
新潟大学医歯学総合研究科 ミャンマー感染症研究拠点
Tel:025-227-2127 / FAX:025-227-0765
HP:http://www.med.niigata-u.ac.jp/idm/

最新の記事 ←新記事 一覧へ戻る 前記事→ 最初の記事