NEWS&TOPICS

一覧表示画面

  • 2021/08/02研究成果2021/08/02

    腎臓病の重要なサイン、タンパク尿発症のメカニズムを解明 −新規タンパク尿治療法開発のための標的分子を新たに同定−

  • 2021/07/26研究成果2021/07/26

    フレイル高齢者は1.9倍肺炎にかかりやすく、1.8倍重症化しやすい 約18万人の65歳以上の高齢者における疫学研究

  • 2021/07/21研究成果2021/07/21

    中枢神経系のミエリン形成に必須の分子を発見 −脱髄疾患などの病因解明の糸口に−

  • 2021/07/09研究成果2021/07/09

    オートファゴソームを効率よく作る仕組みを発見 〜オートファジーの主役の働きが明らかに〜

  • 2021/07/01研究成果2021/07/01

    指定難病 スティーブンス・ジョンソン症候群 (SJS)/中毒性表皮壊死症 (TEN)の新たな発症メカニズムを解明 −好中球が発症に関わることを解明、今後の新規早期診断法・新規治療法開発の足がかりに−

  • 2021/06/29研究成果2021/06/29

    筋萎縮性側索硬化症においてTDP-43蛋白質の分解を誘導し、異常なTDP-43凝集体の形成を抑制する分子メカニズムを解明

  • 2021/06/03研究成果2021/06/03

    収縮期血圧120mmHg以上の軽度上昇でも虚血性心疾患・脳卒中発症リスクは上昇する 〜特に糖尿病患者の虚血性心疾患は顕著に上昇〜 60万人のビッグデータ解析から明らかに

  • 2021/05/25研究成果2021/05/25

    大腸癌の遺伝子変異を予測する人工知能を開発

  • 2021/05/25研究成果2021/05/25

    使われない筋肉の萎縮過程におけるオートファジーによるミトコンドリア分解の増加を発見

  • 2021/05/12トピックス2021/05/12

    本学医学部災害医療教育センター教員が外務大臣から感謝状を授与されました

  • 2021/04/28研究成果2021/04/28

    iPS細胞モデルを用いたベイジアンネットワーク解析(iBRN法)による筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子病因の探索

  • 2021/03/31研究成果2021/03/31

    肝硬変に対するエクソソームを用いた新たな治療法の可能性 − 肝硬変への新たな再生医療を目指して −

  • 2021/03/31研究成果2021/03/31

    非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)における自律神経を介したセロトニンによる多臓器連関の関与を解明 −NAFLDにおける自律神経経路を介した肝-脳-腸連関と新規治療への応用−

  • 2021/03/24研究成果2021/03/24

    慢性腎臓病患者への生活食事指導は費用対効果に優れる 〜慢性腎臓病重症化予防のための戦略研究の結果から〜

  • 2021/03/19研究成果2021/03/19

    抗がん剤の感受性を予測する血液マーカーを確立 −シスプラチンの効果を予測するAPM2蛋白の有用性とメカニズムを解明−