W.脳と心の医科学

講義一覧に戻る

W.脳と心の医科学 責任者:長谷川 功 教授(神経生理学)

  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • 批判的思考
  • 長谷川 功
  • 神経生理学
  • 科学研究では、何事も無批判に信じこまず問題点を探して論理的に考える能力が要求される。この批判的思考力を身につける訓練をおこなう。
  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • シプナスの構造と機能
  • 難波寿明
  • 脳研・分子神経生物学
  • 神経細胞間の情報伝達の場であるシナプスについて学ぶ。神経伝達物質放出とその受容体の機能などを中心に概説する。
  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • 神経栄養因子の機能
  • 武井延之
  • 脳研・分子神経生物学
  • 神経栄養因子は液性蛋白質であり、細胞膜上の受容体(多くはチロシンキナーゼ)を介して作用する。その作用は神経細胞の分化、成熟、生存維持、可塑性の制御など多彩である。このような神経栄養因子の機能について概説する。
  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • シナプスの発達と可塑性
  • 三國貴康
  • 脳研・細胞病態学
  • 生後発達期や学習・記憶の際には、神経回路の接合素子であるシナプスが動的に変化する。生後のシナプスの発達と学習・記憶時の可塑性について講義し、そのメカニズムの最近の知見を紹介する。
  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • 回路の発達と臨海期
  • 杉山清佳
  • 神経発達学
  • 子どもの脳には、個々の経験に応じて神経回路を集中的に作る柔軟な時期(臨界期)がある。臨界期を活性化するメカニズムについて、大脳視覚野をモデルに紹介する。
  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • 機能画像
  • 松澤 等
  • 脳研・統合脳機能研究センター
  • ヒトに特有の脳機能はヒトを直接対象としてのみ検証可能である。MRIを用いた種々のヒトの脳機能画像法の概要を解説し、更に、近年発展のめざましい人工知能の論理とヒト脳の類似性にも触れる。
  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • 視覚と意識:システム神経科学の基礎
  • 川嵜圭祐
  • 神経生理学
  • ニューロンの活動や活動の伝搬から、どのようにして我々の知覚や意識が生み出されるのか?視覚認識の脳内メカニズムを中心に、生理学的知見、行動学的知見、理論的モデルを積み重ねて検証して得られた知識を概説する。
  • 講義タイトル
  • 氏名
  • 分野名
  • 講義内容
  • 統合失調症
  • 福井直樹
  • 精神医学
  • もっとも重要な精神疾患のひとつである統合失調症について、基礎的な知識から脳科学的観点からの最新の知見までを概説する。

講義一覧に戻る